オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今度はデュクリュ・ボーカイユの所有なリストラック産、非常に惜しい印象? シャトー・フルカ・ボリー2012

うぇるかむ!
昨日はパルメ関係のメゾン・シシェルのアイテムでしたが、今日はデュクリュ・ボーカイユ系のボリー家の所有の安メドック。

20170423125304add.jpg
シャトー・フルカ・ボリー2012
何とも派手なラベル!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(ボルドーにしては派手なので+♥?)
めっちゃ派手な、ありそうで意外とない真っ赤な下地のラベルとなっています。
既に書いちゃいましたが、ボリー家によるアイテムです。デュクリュ・ボーカイユは結構好きなんですよネ私。


ただ今回のは前回のものとは違ってリストラック・メドックのシャトーもの(つまり一応自社ブドウオンリーかつリストラック地区までは絞ってある)という感じ。
20170423125356ead.jpg

ラベルが派手なのでこれもエノテカ限定・・・・・・ではどうやらないようで、ボリー家がかなり最近になって買ったワイナリなようです。
この前のヴィンテージ2011ではアドヴォケイト85点という微妙な数字を取りつつ
「論争になりそうなラベルだけど、活気に満ちたドラマチックなエチケットデザインで、ボルドー伝統をブレイクするには良いと思う、ワイはめっちゃ好き!」
「リストラックの中では上位の満足さ」
というような評価になっています。(誰の評価かまではちょっと不明)
さておき、では実際にどんなものかと言いますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(ただし呑むタイミングで反動あり)
酸、強くない!?
ちょっと驚くほど酸が強く、いくら中盤以下とはいえこの年号のアイテムとしては異様といっていい酸っぱさを最初に感じたんですネ。
そのままだったら掲載見送りも考えねばって感じでしたが、ちょっと時間をとってあげるとそこそこ甘味も出るようになってくれて悪くない状態に。
20170423125406d4c.jpg
↑で撮りきれなかった部分も派手です。

色は結構紫目で透けもあまりない紫黒系カラー。かなり濃い目な雰囲気なのは新モノとして好印象。
香りに酸が既にこれでもかと立っているのはポイントというか面白い部分?
ケモノやチョコと同時に果実酸が香りからしてしっかりと感じられるんですネ。梅っぽくはあまりないのに酸が高い、と。
味わいもボルドーとしてはパワータイプの風味があり、上述した要素・・・つまり酸味が主体となったワイン。
赤果実と紫果実両方の酸(ただ明確な果実の指定はしづらい)、そこに少し苦味やらタニックさが出るんですが基本はこの果実のお酢パワー!みたいなタッチ。
時間が経つと甘味があとから追ってやってくるようになり、ここからが本領発揮ですネ。
何れにしても、酸が強いのは果実のありようからかなぁと思うので2012年という対して良くもないヴィンテージにおいてこのしっかりさなのは面白いかなーと思います。
ボルドーとしては果実のパワーがしっかりあって悪くはないなぁ、と思ってたらどうやら地区では最古級古樹使用らしい。なるほど。
多分、もっと美味しく飲めるタイミングがあったのだろうし、グレート・ヴィンテージは結構楽しめる内容が出てきそうと予感させる「惜しいワイン」な感じでした。
まぁ、これもまた本家のバランスとは全く違う(っていうかバランス感でいえば悪い方の部類)アイテムではあるので格安デュクリュとしては呑めないのはわかっての通りデス。
なんというか、小生意気めな少女よりキャラ。釘宮理恵が得意としてそうな感じ。あ、違うな、昨日(今日?)「エロマンガ先生」なるアニメを見てたんですがそこに出てくる金髪のイキったメンヘラに似てる。
私はそんなにツンツンされてたり個性を通り越して異様なのは好きでもないのですが・・・・・・

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
価格が2011で2500円アンダーでして、ENOTECAのボルドーとしては安値寄り。
または、流石にこのぐらいは出すと馬の骨寄りボルドーでも個性をちゃんと個性として見いだせるかなぁという印象。
3000円超えちゃったら他のもの買いますが、まあセールとか含めて2000円前後ならそれなりに面白い部類なのでは?という。
アドヴォケイトで特筆されるラベルもあって、一目に面白いアイテムだと思います。テーブルワインで出すにも予め棚に飾っておいた方がいい部類。
自宅で飲めるなら、これもまたちょっと捻くれたところがあるので、上手くタイミングと料理で調節してあげて。

というわけで、フルカ・ボリー2012でした。
非常にアクの強いワインだなぁという印象で、本家やブラネールに見られる淡麗な貴公子的な所は皆無(それに憧れてそうではある)。
こうも作りが違うというのも面白いかなぁと思うのでしタ。

ちなみにネット上では売ってない?というかコレから売出なのかも。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[2011] シャトー・フルカ・ボリー 750ml 【正規品】 Ch.Fourcas Borie
価格:2376円(税込、送料別) (2017/4/23時点)



正直、来週からは見ないつもりだけど・・・・・・(グラブルのついでに見ちゃってる)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エロマンガ先生(2)【電子書籍】[ rin ]
価格:616円 (2017/4/23時点)



このエントリーをはてなブックマークに追加

| フランス | 13:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あのパルメが所有?グラブルっぽいというかなんか色々混ざったテーブルボルドー ラ・シャペル・デ・シュヴァリエ2014

うぇるかむ!
カリフォルニアでボチボチやっていて、ふと「しかしながら、ボルドーってどうなんだろ実際」と思いましたので、ちょっと最近改めて
「雑多なボルドー」
を少し呑んで見ることにしました。
と、言っても例えば「金賞受賞ワイン!」などという馬の骨にはどーにも興味も出ないので、せめて「著名どころの関係者」にはしようかと。

201704212022563fa.jpg
ラ・シャペル・デ・シュヴァリエ2014
この表面だけで「どこ系列か」がわかったらよっぽど察しが良いか呑んだことある方ですナ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
えー、ドメーヌシュヴァリエ系ではなく、実はパルメの系列。シシェル家が持っているワイナリです。
黒にお家というラベルの雰囲気でお察しいただければって感じなんでしょうかネ。
正直、パルメの名前でもなければ、私も特段買わないかなぁと。
20170421202329279.jpg

作っているのはド大手であるメゾン・シシェル。パルメの所有者であり、大きく復興に貢献していらい一大大手としてネゴスもののブランドや所有シャトーからワインを出しているって訳。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シリウス・ルージュ [2014] <赤> <ワイン/ボルドー>
価格:1944円(税込、送料別) (2017/4/22時点)



これなんかも作ってます。
っていうか、これとほぼ同じ?
というのも、今回のワイン、KALDI専売らしく日本のメゾン・シシェルの公式サイトにも掲載がないぐらいなんですナ。
あ、だからわざわざパルメに似せて・・・・・・購買戦略としてはまぁ、うん、ありよね・・・・・・
そういう訳で、思いっきり怪しいぐらいに馬の骨寄り(とはいえ、それでもなお謎金賞ワインよりはマシ)なアイテムなんでありますが、その実力は・・・?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥
うむ、こんな味だよナぁ!
そうそう、こんな味でしたっけボルドーの安いのってという具合。良くも悪くもボルドールージュであります。
案外と苦味が強く獣感がヘタなチリやら南アフリカよりあるっていう。
201704212024065c7.jpg
ソシャゲしながら呑むにはまぁこんなもんですナ。

色は赤みが強く割りと透けるレッド。この段階で薄そうな感じはあり、香りもまぁ定番。
そう、赤果実がちょっと多めでカシスや紫果実の要素が意外と低いんですよネ。
その分苦味がヘンに香りからも感じられるという。
それでもこのワイン、多少ちゃんとカシスがありメルロが多い新しいボルドーとしてはまぁしっかり気味。
味わいも、全体に若いメルロっぽくかつそれを薄くしたタッチ。
始めが特に「抜けて感じられる」という辺りがらしく、なめらかな舌触りというよりはなんだか味にフックがない訳です。
それから後を追う形で果実・・・・・・の前にちょっと苦味が出ちゃう点が低評価の理由。
獣要素などを抑える果実部分が弱い訳です。最後まで全体に薄みのままフィニッシュしますが、そうした訳でバランスもあんまり良くない。
ちなみに二日目の方が多少甘味が出るようにはなっていまして、その意味でもタイミングがヘンに難しかったりします。
苦強い要素がやわらいで飲みやすくなっているのであって、美味しくなっているっていうまでの雰囲気にもなく・・・・・・
パルメ本家には程遠いのはわかりきってましたが、しかしながらボルドー馬の骨としてはそれでもまだ良い部類な気がします。
ほんと、水っぽいばっかりなの多いからなぁ・・・・・・
そういったわけで、中途半端なケモノキャラ感。けもフレが売れたからって獣耳キャラがまた強くなるって事じゃねーのよっと。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥(少しでも安く買おう)
1700円のボルドーなので、まぁこんなものかという所の味ではあります。
ありますが・・・・・・うん、まぁそれならクラレットスタイルにこだわらなければローヌなり買えばよし、クラレットでも他国の低価格を見渡せばもっと面白いよなぁという。
どーしてもボルドーが飲みたい!指が折れるまで!指が折れるまで!!という猛者はどうぞ。
カルディで売ってるので入手は容易な点は利点ですからネ。これをなるべく美味しく呑むっていうのはある意味訓練になります。

というわけで、ラ・シャペル・デ・シュヴァリエ2014でした。
典型的に初心者におすすめしたくない低価格です。というのも、それぐらい呑むタイミングによってはバランスが悪いボルドーの悪例が出るから。
と、同時に、温度管理や料理との合わせ方次第ではそこそこに飲めるだけの要素は流石に要領よく抑えてはあるワインです。
これを使いこなすのはよっぽどの通。私も自信は・・・ないなぁ。挑戦心がある方は色々遊んでみてネ。

カルディオリジナルとは知らなかった・・・


最近はシュヴァリエっていうともっぱらこのヤンデレが思い浮かぶッス・・・・・・


このエントリーをはてなブックマークに追加

| フランス | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

20170410193618a3d.jpg
20170410193626c53.jpg
20170410193633f0e.jpg

| フランス | 16:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西部劇と見せかけて中華ぽいナチュール・レッド。 ドメーヌ・ル・クロシェ ・プール・ユンヌ・ポワニェ・ド・ブテイユ

うぇるかむ!
ナチュールのセット売りが送料無料だったので買ったのですが、


内容をあんまり確かめずに買ったのですが実はコレが思いっきり「私の好みとは本来ハズれてるワイン」だったんですネ。
そう、苦手ジャンル!誰しもあるものでありますが、今日明日は敢えてそんな苦手アイテムをレビューしようかと。たまにはいいよネ。

20170413225928c89.jpg
ドメーヌ・ル・クロシェ ・プール・ユンヌ・ポワニェ・ド・ブテイユ
苦手ジャンルその1、濁り系自然派赤。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(ラベル的に+♥)
ラベルがなんとも遊んでていい感じで「花見季節の更新用にもいいかなー」と実はコレ目当てで↑のセットを購入した私。
ただ、私は気が付かなかったのです・・・これが「ロゼっぽくなっちゃったレッド」である事に。
コレって割りと大きな差で、ロゼとして作ってるモノと「ロゼっぽくなっちゃったレッド」はコンセプトが全然違うので紛らわしいけど並べづらいモノなんですネ
(紹介文にもちゃんとその旨が記載されてたのにうっかり見落としてた)

裏ラベルはインポーターシールのみなので割愛。
造り手はブレンダン・トラセーというアメリカとフランスのハーフで元々アメリカ住まい。
ロワールに16の頃にやってきて、文系(といっても文学と映画専攻らしい)の大学を出てアメリカに戻り、何故か建築家のもとで働きつつパンクロックバンドをやりはじめます。
なんでや!ってな感じですけど、その後も何故かまたフランスに戻ってラジオ局のジョッキーとかプロデュースをしたりと思いっきり音楽系の活動をしていたオッサンです。
で、そんなラジオ局づとめの時に、ティエリー・ピュズラ君(自然派の偉い人だヨ)にワイン特集をした際に遭遇し仲良くなると。
27年もやってたラジオ局の仕事を止め、醸造専門学校に入学し、自然派な畑やピュズラ君の元で修行し、2010年にデビュー・・・・・・
という、若手とはなんぞやみたいなニューカマーです。完全に老後の生活エンジョイ系でありますが、日本だったら考えられないプレイよネ(ヴィラデストは若干似たようなケースな気がしますが)
さて、そんなモロに自然派なワイナリなのですが今回のシロモノはその中でも新しいキュベ。
ピノ・ノワール75%、コー15%、ガメイ10%によるマセカボかつSO2無しという如何にも自然派流儀のアイテムとなっています。
要するに超ナチュリーに作ったら、ロゼっぽい色の赤が出来ちゃった系です。
思いっきり怪しいスタイルでありますが、その実力や如何に?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥(私が苦手目)
メンマ味!?
飲む前からわかっていた薄美味系なのに土っぽさが強いタイプ。っていうかメンマ臭が凄い。私にはメンマにしか思えぬ。
20170413225937d18.jpg
色は見ての通り底の方に濁りがたまりまくっている薄レッド。
確かにロゼではないんですが・・・・・・色としてはランブルスコやロゼとは違うクリアレッド(でも濁ってる)というややこしさ。
香りにまずメンマ。
要するに土っぽさとフルーツのタッチ、多少の埃っぽさなどが入り混じった結果、メンマしてる訳です。
味わいも基本メンマ。私は今日自分の人生で最もメンマと書いている気がする。
口当たりは水っぽく、そのクセ味わいのメンマっぽさは意外なほど強く「ほぉ、良く漬かったメンマですねぇ」という気分になります。
それからトマトっぽさなど野菜の要素が出てくるのは自然派らしいところ。
少しチェリーの甘さが入ってフルーツトマトチックに思えたかなぁというところで短めのフィニッシュ。
うむ、自然派味ですネ。オージーの自然派のこういうのをモロに思い出しました。
典型的なコッテリとしたメンマ味に、中華なキャラを思い出さざるを得ない訳ですが、それもパロディチックな感じ。
西部劇風なラベル(エチケット)とはまるで違う世界観に思わずホワチャーと叩きたくなる気分。
書いての通り私は苦手な味でしたが、自然派のこの手のタイプが好きな人はすっごい喜びそうな味でもあるかな。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(2000円ぐらいなら+♥)
このおもしろ系サンスフル、3000円ぐらいが本来の値らしいのですが楽天上では大体2000円ぐらいで今は買える様子。
2000円だったら「モノは試し」で買ってありだと思うのです。値段としては面白いのでコスパまぁまぁだと思うんですヨ。
っていうか、他国の自然派の似たタイプのがよっぽど高い。流石VDF(ヴァン・ド・フランス)
クセが超あるワインなので、どっちかというと面白いモノや見識を深める為にまずはお試しアレ。
プレゼントとかレストランなどで出すには大分おもしろすぎるので、まぁよっぽどラベルが気に入りそうな相手ならって感じ。
料理との合わせ?うーむ、多分野菜。それもドレッシングほぼないような。

というわけで、ドメーヌ・ル・クロシェよりプール・ユンヌ・ポワニェ・ド・ブテイユでした。
あー、自然派ってこうだよねーという典型例とでも言いましょうか。
ちょっと使い慣れてる人でないとヘンな代物にすぎないタイプ。たまにはこういうのもいいよネ。

この値段ならお試しにアリ。


なんか色々混じってカオスになってる感じ?


このエントリーをはてなブックマークに追加

| フランス | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テュヌヴァン版の桜ワイン。何ともなボルドーらしさ。 ファンテジー・ド・ラフォン2012

うぇるかむ!
今日!今!まさに!TOKYOでは桜が満開!!
という訳で、激遅ではありますが、桜ラベルのワインで。今日、できれば桜を見ながらでものもっかなーと思ってたら雨で断念したのでありました・・・・・・

2017040820473607b.jpg
ファンテジー・ド・ラフォン2012
テュヌヴァン系列のひと品です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(今まさに+♥)
簡単な文字列に桜というシンプルなこの季節向けラベルでしょう。
オーナーの庭に桜の木が植わってるからなんですって。へー。
20170408204745f12.jpg
裏にサクッとサインがありますね、テュヌヴァンの。

ここのオーナーがポール・マリー・モリヨンという方で、彼はヴァランドローだけでなくオーゾンヌやパヴィのコンサルタントだそうな。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャトー・パヴィ[2012]
価格:43200円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)



ホンマかいな・・・てな気がするぐらいマリー・モリヨン氏は日本では知られていないわけですが、同時にジャン・リュック・テュヌヴァンの名前が目立ちますネ。



しかしながら、テクニカルデータは今ひとつわからず、メルロ主体でマルベックが多めのカベソー少々という内容である意外はあんまりわかりませんでした。
まぁ、値段からして大した内容ではありますまい。
またこのアイテム、今年のサクラアワードで「ベストラベル部門入賞」をしています。
そーだよねー、桜ラベルでサクラアワードだけにってねー(サーバルちゃんを超える棒読み)
というわけで、まぁ良くも悪くも馬の骨ボルドー。この季節でもなければ買いもしないワインなのですが、その感覚はというと・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥(タイミング次第で+♥)
割りと苦味が多く安ボルドーチックではあるがそこそこしっかり
ボルドー無味乾燥金賞との差は多少あるかな?ぐらいの感じではありますが、そこそこメルロとしてのまとまりとマルベックなどが入っている事によるタフさ・・・と同時にヘンに苦味・・・があるのが特徴かな。
20170408204753cb8.jpg
お花見断念の結果、いつもの写真に。

色は意外と透けない黒に近いクリムゾンレッド。
香りからして結構タフで紫果実多めのソース感(プラム多め)がほのかに漂いつつどこか渋さを香りからして感じます。
複雑な風潮はなく、味わいも大体そんな感じ。
開けてすぐはちょっと獣感がキツく、また妙に渋いのでオススメしません。
多少開けてきてからはメルロらしいまるっぽいシルキーな口当たりが出ており、それから気恥ずかしいのかな?みたいな奥ゆかしさがある果実感とけものっぽさ。
この獣要素がある為に妙に苦くも感じるしボリュームもあるように錯覚出来ます(ただ、本質は弱いんだろうと思う)
アフターも後腐れなくフィニッシュ。
なーんともボルドー馬の骨感がありますが、しかし馬の骨よりはちょっと良いところを示している感じ。
ある意味では低価格のボルドーメルロとしては妥当性があり、甘すぎず苦味が多めな部分は好きな人もいるんだろうとは。
典型的ボルドー低価格でありながら、そこそこ楽しめる内容にはなっているのは流石?
かなり教科書的な男性寄りのメルロ。もう溢れにあふれた男性アイドルユニットのおっさん枠みたいな感じ?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥?
ちょっと甘目の評価でここかなー。♥♥でもいいかなとも思います、グローバルに見れば。
しかしながら流石テュヌヴァンおよびその関係者が見ているだけあって、最低限は備わっていると思います。
ラベルの関係上、お花見に・・・・・・と、思いきや開けたては苦味が目立ちすぎてロクでもないので案外扱いが難しくお花見にもむかないかなーとは思っており。
おそらく、ですがお花見シーズンすぎたら安売りも見込めるかな?とか思っちゃいます。
2000円前後のワインとしては、フランスとしては普通であり世界的に見ればもっと良いのがありそーな、微妙な立ち位置のアイテムかも。

というわけで、テュヌヴァン・ファンテジー・ド・ラフォン2012でした。
ヴィンテージも今ひとつなのもあって、まぁありがちなボルドー低価格からは抜け出しきれてはないかなーと。
それでも、それなりの飲みごたえがあるのはいいんですけどネ。
ボルドー低価格を改めて知る意味では充分参考になりました。

大体このぐらいの価格。好みのショップで買えば良い(ちなみに私はビックカメラ酒販だったりする)


まさかこっちが人気になるとはなぁ(モバゲーの女の子版経験者より)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あんさんぶるスターズ! ユニットソングCD 第2弾 UNDEAD [ UNDEAD ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/4/8時点)


| フランス | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT