オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アメリカの超古典って感じのワイン。ベタ甘寄りスタイルのわかりやすさ。 メナージュ・ア・トロワ・レッド

うぇるかむ!
ちょっと駆け足気味でありますが、お歳暮にいただいたワインをサクッとネ。

20180113083421cda.jpg
メナージュ・ア・トロワ2015
結構久々のカリフォルニアレッドかも・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルの絵柄は紙にインクを垂らして何に見えるかという心理検査のインクブロットがモチーフ、ダンスのように個性を独自表現したワインを造るなどの意味があるそうで、大本は二人の精神科医(だからトロワなのに未だにダンサーが二人)がやっていたワイナリだそうで。
20180113083441489.jpg
盛大にこぼしたゼ!

一時期はかなーり評判が悪かったらしいんですが、そこにリチャード・G・ピーターソン・・・・・・ハイジ・バレット・ピーターソンつまりスクリーミングイーグルのあのハイジのお父さんが買収して再建、その後も大手に買収されていたりしまして・・・・・・
まぁ、ケンダル・ジャクソンとかと同じくな「カリフォルニアビックブランド」のひとつなのかな。
そうした訳でサクッとカジュアルに呑んでみました。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
古典的な甘いやつーーー!
あ、これ甘いわって即なる、カリフォルニアの安めの奴の感じがしますネ・・・・・・基本的にはベタ甘寄り。良く言えばわかりやすくて呑みやすい、所謂ワインなれしてない人受けがいいタイプかも。
201801130834535a8.jpg
色はそこそこ透けないレッド。
香りから結構シロップ感もある甘めの香りがします。この段階で凄く古典的なアメリカのイメージが思い浮かぶんですよネ。
果物感がそこそこにあり、それらもミックスジャム的な構成。
味わいもあくまでもストレートにそうした甘さを軸にしたものとなっていまして、突っかかりがなく呑みやすい印象の品となっています。
タンニンがどうとかそういうのは全然なく、かといってバニラ要素自体はそこそこ抑え気味で程よくフィニッシュ。
ある意味料理と合わせるのが日本人的には考えづらいスタイルではありますが、要するに適当に肉とかと合わせればいいのでス!なバーベキュー向けタイプだろうとも思います(焼き肉のタレで酸味を調整出来るから)
あくまでも飲みやすくマイルドキャラな感じかナ。
パッと出てくるインスタントなのんびり巨乳キャラ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
値段がこれで2000円前半ぐらいだとまぁ普通寄りなのですが、割と3000円前後となってましてそうするとちょっとな?とも。
チープすぎない、古典的アメリカスタイルとしてはなるほどアメリカ人好みなんだろうなぁとは感じさせてくれます。
どっちかというとワイン慣れした人向けではなく、「赤ワインって渋くて苦手なのよね」な人向けのワインだと言えるでしょう。
そうしたとっかかりのワインとしては悪くない印象で、アメリカ低価格系のちょっとバランスが悪くないポジ。
プレゼントには上述のダンス要素や精神科医要素などを話せる状況か、繰り返しになりますがワイン慣れしてない家向けの贈り物でしょうか。

というわけで、メナージュ・ア・トロワ2015でした。
こう典型的なタイプも久しいなぁといった所でありました。たまーにこういうの呑むのも悪くないよネ。

楽天では現在他のタイプが売ってるっぽいけど多分やっぱり傾向は同じなのではないかと。


古き良き

| アメリカ | 09:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

溢れ出るセントラルコースト最高峰畑の魅力・・・低価格と高価格の一挙比べ! ストルプマンよりオリジナルズ2014&パラ・マリア2016

うぇるかむ!
今年も〆に向かっている訳でありますが、そこで年末のランキングに向けて加えたいようなワインをサクサクッ!と更新せねばと思い立ちまして

20171229184854c29.jpg
ストルプマン・ヴィンヤーズよりオリジナルズとパラ・マリア
いやー、やっぱこのワイナリはいいなぁ凄く良い。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥(個人的には+♥)
安い奴の方がカルト風なのナンデ!?ナンデ!?
思わずダイナミックコードのOP歌いたくなるんですが、↑の写真の→の方がパラ・マリアという安い奴。
何時ものストルプマンのシリーズ恒例の柄でないのが特徴です。っていうか、多分→みたいなデザインの方が現代的には売れそうな気がしなくも、ない・・・・・・

ストルプマンに関しては太古の昔から当ブログがオススメしている、セントラルコースト最高峰のストルプマンヴィンヤーズのシリーズです。
シンクアノン様に葡萄を卸してた(最近はメンツに入ってないけどナ)事で有名かな。
昔っからチョー旨いのですが、ラインナップが割と安定しないっていうかあんまり店頭においてあるのを見ない(当の私もネットショップから買ってばかりでス)なので若干レア。
で、今回はそんなストルプマンの更にレア目達。

パラ・マリア
2017122918482746a.jpg
チョーかっこいいふくろうですよ、助手!
けものフレンズが騒動さえなければ激売れしただろう梟ラベルのがパラ・マリアという実はストルプマンのシラー全体では安いレンジ。
ストルプマンの葡萄畑を管理するスタッフへのボーナスとしてワイナリーが作り始めたワインなんだそうで、一般リリースは2014年。
ワインの収益は全て畑のスタッフに分配されるという、所謂まかないメニュー。
なので、畑が広域モノ(詳細な畑の細かい設定とかは不明)となっています。
ワインエンスージアストの2017年年間51位というびみょーな獲得も最近したそうな。
ちなみにプティ・ヴェルドが15%入り。
201712291848340c9.jpg
裏もメキシコ感があってカッコイイ・・・・・・

オリジナルズv2014
20171229184802112.jpg
こっちは例年通りのストルプマンですナ。
で、オリジナルズの何がオリジナルズかといいますと、去年入荷していたヒルトップスの元祖版なのでス
ヒルトップスの方がストルプマンのフラッグシップモデル。
そこにはストルプマンの畑の中でも、最も樹齢と標高の高い、ブロック1とブロック2というストルプマンが最初に植樹した区画からの葡萄のみ使った100%シラー・・・・・・だったんですが、最近では「マルチに美味しくいこうや?」という事で畑を限定しない葡萄のスペシャルセレクション版になったそうな(私はこの考え自体には賛成したい。うまけりゃ良い主義がアメリカの良い所)
で、これまでの「ブロック1&2のみ使ったワイン」という原点風なのがこのオリジナルズ。まさに名前通り。
ちなみにこっちもエンスージアストで95点とってまして、カリフォルニアシラーの年間3位でかのバイオニック・フロッグより高得点なんだってへー。
20171229184812461.jpg
そういえば、パラ・マリアの方はサシムアマン監修じゃないのかしらん?

というわけで、個人的に一押しワイナリの二種類。違いはあるのでしょうか?

香り・味わい(最大10pt)
パラ・マリア:♥♥♥♥♥♥♥♥(果実感ある方が良い場合は+♥
オリジナルズ:♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
ロティ風最高峰なのは間違いない・・・・・・ッ
うんま~い!これに尽きます。
結構味わいには差がありまして、中身的には圧倒的にオリジナルズの方が高額帯シラーの・・・それもコート・ロティ風味の・・・を体現しており何時ものストルプマンって感じがします。
パラ・マリアの方が正統派にその縮小版って感じはするかも。この2つは明らかに差がありますネ。

パラ・マリア
20171229184847eb5.jpg
実は今、まさに飲みながら更新してたりする。
色は透けないクリムゾンレッド赤寄り。
香りがそこそこにセクシーさがある紫や赤の果物要素(明確な、というよりはミックスジュース感)ですが、割と果物感がジャムまでいかないぐらいの作りになっています。
そこにシナモンとかが入ってくる感じで、雰囲気はケーキ系。意外とキュートさが目立ちます。
味わいも同様でスタートからかなりフルーティーな印象を(比べたせいか)受ける内容。
個人的にナチュールに欲しい要素が結構見られまして、果物の要素が豊富。口にふくむと更にセクシーさはナリを潜めます。
その後にサラッと理知的にミルキーさやシナモンカフェ感が漂って、少しビターな締め方をするという。
IPOBに加入してただけあってなのか、予想外にナチュールな印象すらあるスッキリとした〆方で、これまでのストルプマンのイメージとはちょっと違います。貧乳である。
ただ、やっぱり作りとしてはしっかりモノの印象で果実の強さは魅せつけてきますネ。
ラベルのイメージもあってかまさに、たつき版ハカセ&助手の梟チームを彷彿とさせます。賢いようで賢くないようなけれどやっぱり賢めで元気で美味しいものを食べるのです!



オリジナルズ2014
一方で、こちらはまさにオリジナルズな完璧なまでのストルプマン味。
Santa Barbaraの中でもめっちゃコッテリしっかり強い味。エルミタージュ系が世界最高峰のシラーでは多い中、ギガルとかっぽいのがストルプマン。
20171225072127b4c.jpg
クリスマスの時の写真の流用だ!
色はきっちり黒に近い透けないカラーリング。
香りからしてセクシーさがムンムンしてまして、ドッと強い「むせる」ような香味です。
紫の果実はブルーベリーなどすらも見せるミックス、そこにガッツリとスパイスが漂う構成。
味わいも同様で、少しお肉が欲しくなるようなステーキソースを彷彿とさせる辺りもストルプマンのソレで個人的に大満足!
しっかりとした味わいが初めからフルスロットルで、チョコっぽいビターな印象とアルコール付けした紫果実のタッチ、アフターまで広がるそうした強い空気感。
スパイスのタッチがやはりクミンなども入っているようで、全体の構成がまさに力強い内容となっています。
熟成した方が多分美味しいんでしょうけど・・・・・・まぁ、我慢出来なかったのです許せ!
これぞセクシーマッチョな教科書通りのパワフルシラー!
総合的な印象としては、正直ヒルトップスと大差なし。若干こっちの方が渋さがあったような気はするかな?
作りとしてはやはりサシ・ムアマンが作る最高峰畑と最高峰醸造家のコラボ感がとてもする堅実で例年通りな作りといえるでしょう。
やはり火力で押せ押せのセクシーキャラであります。それでいて賢さよりもカッコよさなのです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【東方プロジェクト 熱かい悩む神の火 霊烏路空】 b006ry892e
価格:46515円(税込、送料無料) (2017/12/29時点)





コストパフォーマンス(最大5pt)
両方共:♥♥♥♥♥
やっぱり値段が尋常じゃない
当ブログに今でも更新しなくても来てくださっている100人ぐらいの視聴者の方々にとっては、最早このワイナリは一回ぐらい呑んでくれてるよネ?ぐらいの勢いではありますが、例年通りすこぶるヤばいぐらい値段と味わいがコスパ良いです。
というか、カリフォルニアで畑元詰で醸造家が有名寄りでという条件で4000円台とか7000円で地域最高峰が手に入るのヤバい。
201712291848417d7.jpg
あと、何故かパラマリアの方がコルクとかも可愛く凝ってたりする。
なので、プレゼント用途とかではパラ・マリアで充分かもしれません。
ただ、ストルプマンの本領というか本気具合はオリジナルズの方なので、このワイナリを試したことないって人はオリジナルズの方がオススメ。
逆に「いや・・・シンクさん盛り上がってたけどストルプマンそんなに良くないよ?コスギない?」「自然派寄りのワインのが好きなんです(ドヤ顔」てな人はパラマリアはかなり押せます。
それぐらい味わいの方向性がびっくりするほど違いましたので、興味があればお早めに。

というわけで、ストルプマンの二種類でした。
久々に二種類一挙でしたが、それぐらい方向性が違って面白かったワイン達です。
方向性そのものは違うものの・・・・・・しかしながら、ロティ寄りのシラーの感覚は強くありまして、エンスージアスト誌そんなに好きでもない自分でしたが今回は納得が行く評点な感じ。
まだ買ったことがないシラー好きは必ず買うべし!

パラ・マリアの方が実は店舗で見かけない
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ストルプマン ”パラ・マリア” シラー サンタバーバラ
価格:3380円(税込、送料別) (2017/12/29時点)



カリフォルニアワインの取り扱いばっちし!と謳っているワインショップは必ず入荷してたりする


このエントリーをはてなブックマークに追加

| アメリカ | 23:46 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワシントンの安旨系スパークリング。やっぱりアメリカ感がある? ドメーヌ・サン・ミッシェル・ブリュットNV

うぇるかむ!
安旨泡系はまぁ、なんだかんだまだまだシーズン的に重宝するかと思うのですが、そこで化粧箱がついてるようなそれでいて安いやつから・・・・・・

20171218222450ef5.jpg
ドメーヌ・サン・ミッシェル・ブリュットNV
ワシントンの安旨系です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ありがちなデザインかなーとも思いますが瓶が多少通常とはじみーに違ったり。本当にほんのりと違う。もっと派手に違いをつけてもいいのにーとかは思っちゃうかナ。
201712182224598b4.jpg
裏はベタ張りしすぎィッ!

ワシントンの有名ワイナリサン・ミッシェルの分家かな?と思いますが、一応ブランドとしては泡専門でワシントンでやってますという感じ。
1978年設立だそうですが、来歴は全体的に地味目かと思います。
もち瓶内二次。
20171218222511ec4.jpg
で、安旨系ながらアメリカーンな専用箱があります(お店によるのでこのあたりは要確認ナ)
さて、では中身の方はといいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
アメリカーンなだけに甘め?
ブリュットながら割と安旨にしぼるとどことなく甘い事が多いアメリカ系泡。このサン・ミッシェルもワシントンながらご多分もれず甘めです。
値段からみると妥当な作りとも思います。

201712182225191b0.jpg

色は薄めのイエロー系でシャンパンカラーとしてベターな感じ。泡も普通よりかな。
香りは柑橘よりチョコ感が強めに感じられる仕上がりで、全体にはシンプル。
味わいは口にした時の印象からまず「あー、甘さが割とあるかなー」とめだっています。
柑橘系の中に、どことなくそうした果物キャンディーっぽさがあると云いますか・・・・・・ナチュールとは逆路線な風味があるんですよネ。
あんまり苦味とか酸の印象がなく、良く言えば呑みやすい万人受けタイプ。シャンパンマニア面したいけ好かない奴的にはダレたと評されそうな。
全体のパーツパーツは最低限こなされている感じですが、複雑なタッチとかそういうのはなく、あくまでもパーッって呑むにはむいた方向性。
良くも悪くも仕上がりとしてはパーティーでポンポン開けていきたいタイプ。
全体に「まぁこんなぐらいかなー」といった感じで雰囲気が本格シャンパーニュとしてはちょい物足りなさもありますが、むしろこのぐらいのタイプの方があまり普段呑んでない人には呑みやすいかもとも思いますので、年末年始の人の集まりには良さそうな。
あくまでもシャンパーニュっていうかシャンペンな訳です(ニュアンス的に)。
ちょいポチャ寄りのキャラしてます。ほのぼの系でしゃべり方が遅い感じのゆるふわキャラ。高森藍子?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(箱付きが必要なら+♥)
2000円前後の泡としては、内容は妥当と云いますかこのぐらいかなーとかは思います。ヘタなクレマンとかよりは良い気がする。
このジャンルの場合ニューワールド泡として他国の強烈な値段のモノとかカバとかあるわけですけれども「ワシントンのスパークリング」という知らない人からすれば驚きの要素と箱や正統派のラベルにちょい変わった瓶など、案外とプレゼントには安めとしては悪くないかなと。
(ワシントンって未だにワイン作られてるイメージが世間的には0ですからネ)

201712182225289a2.jpg

というわけで、サンミッシェルよりブリュットNVでした。
南アフリカMCC慣れしてると若干物足りなさもありましたが、万人受けするタイプのスパークリングとしてはむしろオススメできうる要素が揃っているなぁ。
値段安めのスパークリングが必要な場合は検討の余地あるかなーと思いますネ。

箱はあったほうが良いゾ。


もしかして、デザートとかとも合う?(未調査)

| アメリカ | 08:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

(暫定版)マドハンドかな?もう飲めなくなるかもしれないスタッグスより・・・? ハンズ・オブ・タイム・レッドブレンド

うぇるかむ!
*最近多すぎる暫定版記事・・・すんませんであります・・・
あんまり触れませんでしたが、ナパソノマの火事はちょっとヤバすぎらしくて憂鬱なシンクです。
で、特に被害を受けたらしいのが・・・・・・
201710270821458c3.jpg
ハンズ・オブ・タイム・ナパヴァレー・レッドワイン2013
スタッグス・リープだとか。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
手こわっ!?
って感じの手がドーンって感じのラベルです。


ワイナリーの壁に掲げられた歴代ワインメーカー達の手形「ハンズ・オブ・タイム」をモチーフにしたワインだそうで、動物柄が使われていない唯一の銘柄。
201710270822390df.jpg
裏は良くある説明文タイプ。

作り手はもちろんスタッグス・リープなんですが、どこでも説明として輸入元による「ポール ホッブスから連なる」の文字が気になってしまう・・・ポール・ホブスってスタッグス・リープにも参加してましたっけ?っていうか初代醸造長みたいな書かれた方ですよネ。
また、ハイアットホテルなどで知られるハイアットグループ限定銘柄として日本では一時期入手困難だった様子。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
めっちゃ甘い!?
あれ!?とびっくりするほどスタッグス・リープにしては甘々スタイルです。
低価格でも硬派だったと思うスタッグスにしてはナパのゆる甘メイドスタイルであります。
2017102708230174f.jpg
色はクリムゾンレッドの透けない奴。
香りからしてバニラアイスみたいな甘さがギンギンにある訳です。この段階からスタッグス・リープっぽくないなぁと個人的には思ってしまう。
味わいも基本的には甘くミルク感が全体を覆っていまして、
酸っぽさとかタニックさとかがほぼほぼなく。こんなにこうした要素がないスタッグスってあったっけ?っていうぐらいありません。
甘々系のメイド味そのものといった具合。
ケイマス系よりは流石に甘すぎって事もないのですが、他とのギャップ感は大きいかも。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
5000円前後場合によっては6000円というアイテムですが、ナパ火事で被害を受けたワイナリとして今後の先行きが多少なり不安なのでその意味ではコレクターズアイテムとしては充分にあり?
ただ、基本的には万人に呑みやすい寄りのタイプでありその値段としてはまぁ普通?
ハロウィンにはギリギリ間に合う気がするので、ハロウィンにキメ玉になりえるお家もあるかもネ。

一応楽天最安値はココ?値段はばらつき多し。


なんかもう良くわからん感じのデザインだよねシャドウバースのメイド

| アメリカ | 09:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

(暫定版)独り身には響く味? カユース・ノーガールズ・ラ・パシエンシア・グルナッシュ2009

うぇるかむ!
(今回もまた暫定版です、後で修正して書ききります。)
イベントシーズンとしてはハロウィンになる訳ですが、今回はどの状況でも「独り身にはなんだかツライんだか雰囲気抜群なんだか・・・」なひと品。

20171020012701c08.jpg

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
でました、カユースのレア物シリーズ!
というわけで、作り手はカユース・・・の別プロジェクトだったらしいのですが、今ではすっかりカユースメンバーでの醸造らしく。
カユースではすでにバイオニックフロッグや
神のみぞ知るグルナッシュや
ワシントン版ビオなども呑んでいて
そこそこの登場頻度?かもしれませんネ。ラッキー。
20171020012744d8f.jpg
裏もカッコカワイイー!
ラベルのデザインはダウンタウンにあった空き家の壁からそのままコピペしたとか・・・・・・つまり、落書きまんまって事かしらん。
それにしてもノーガールズって・・・ふふふ・・・・・・寂しい夜はごめんだーい・・・・・・

ラ・パシエンシアという2005年頃にカユースチームが植えた畑からの単一ものでラインナップにはグルナッシュとシラーとテンプラリーニョ(!?)がある様子。
今回のはグルナッシュですネ。
かなり若めの樹を使っていますが、しかし各種雑誌は本シリーズ同等に高評価。
とはいえ、まぁ、当ブログ的には当たり外れの激しいのがカユース系だと思ってたりもしますが、今回はどうかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(好みは別れる)
あー、もろにラヤス・・・・・・
おもいっきりラヤスをしょっぱな感じてしまいましたネ。何というか、独特の臭さみたいのが継承?されているみたいな感じ。
20171020012725607.jpg

コストパフォーマンス(最大5pt)
コスパで語るものでもないが♥♥♥
お値段がなかなかしてしまうのとレア度の高さがネックすぎぃ・・・・・・
そうポンポンとは買えないし3万ぐらいはしてしまうので、それならラヤスとかでも変わらないのでは?となってしまいがちかナ。
とはいえ、ラベルデザインとか見るべきところはある訳ですし。


別年号が現在はもう残り数本って所存。




ガールズで楽天検索するとガルパンがアニメでは一番早く出てくるっぽい。さっすがー。

| アメリカ | 09:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT