オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南アフリカ番NZピノ? シャノン・ピノ・エルギン2012

うぇるかむ!
実は以前紹介していたワイナリなのですが、訳あって更新していなかったアイテムで・・・・・・

20170826124706297.jpg
シャノン・ピノ2012
そう、写真撮りそびれてたやつネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
シャノンそのものは以前書いたので割愛!
201708261247174d4.jpg
裏もやっぱりシンプル。
その後も特別には目立ったアレコレのないワイナリではあります。
ただ、以前の記事に書いての通りですネ、このワイナリは・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
NZの典型例みたい!
そう、SBと同様にクラウディベイじゃないですけど、どこかニュージーランドっぽいのです。
20170826124727157.jpg
色はレッドで透けるカラーリング。割りと薄めかな。
香りにチェリー果実が満載でフルーツの要素がストレートに出ています。
少しの紅茶館がある辺りも冷涼な産地っぽさがとてもあるのです。もうこの香りの要点だけでも「ニュージーランド?」って気分。
味わいも同じくチェリー主体。
フレッシュ&ジャムな赤果実の要素、甘味が多め(とはいえド甘いわけでなくあくまでも果汁感)のまま少し紅茶が香ってストレートに終えていきます。
全体の構造としてはシンプルなのですが、それがまた潔いと言えるスマートさ。
わかりやすく熟成はしていないピノしているんですけれど、それが逆に良い感じのアイテムでもあるかと。
あ、ピノー!って感じの魔女っ子系。もう見ただけで「なんか日曜日朝にやっているプリキュアとかそれ系な」とか思わせる奴。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
それでいて2000円中盤ってのがなかなか・・・・・・
意外とお値段がするNZピノ。大手の量産タイプであれば2000円アンダーもあるかもですが、それにここまでの充実感はないんじゃないかなぁと思います。
NZのそこそこ良いところのピノ、なのです。その上でこの価格帯をキープ出来ているのはかなり凄いのでは?と思っています。
これからの場合、ソムリエ試験対策とかにはぴったりかも。
プレゼントにはあんまり目立った要素がないのであくまでデイリーアイテムかな。

というわけで、シャノン・ピノノワール2012でした。
南アフリカのピノ・ノワールって今でもあんまりイメージ持たれてないかと思うのですが私としてはむしろ逆に「赤でははずさない事がおおい」ので、重宝しています。お出汁感ないピノはダメとかってでも無い限りネ。
常に一本どっかしらで売っている、ぐらいに普及してほしいアイテムのひとつであります。

ここまでくると相当安い。


実はちゃんと見たことがない・・・

| 南アフリカ | 09:53 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

圧倒的な質量!デイリーシャルドネはコレだけでオールOK!? ポール・クルーバー・エルギン・エステート・シャルドネ2016

うぇるかむ!
予告してました通り、やりますポールクルーバー!

20170723100019833.jpg
ポール・クルーバー・エルギン・エステート・シャルドネ2016
いやー、今更ながら美味いですわ・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(トロフィーを見るなら+♥)
実は当ブログ、3年ぶりぐらいになります。
いやはや懐かしい?そしてその間に南アワインはすっかり「ブーム」にもなっちゃったという。
20170723100027288.jpg
コレ以上必要がないぐらい書いてあるマスダの裏ラベルは変わらず。

造り手であるポールクルーバーに関しては最早省略!
低価格レンジはリースリングも
ピノも美味いという作り手です
(正確には白ラベルの更に安いのがあったり、セブンフラッグスも凄いんだけど・・・何故か私七旗で何も書いてない。うまいのに)
で、こうも久々になっちゃったのは去年だかの収穫で量が激減しちゃって何とデイリー価格帯であるにも関わらず「割当制」であったりしたから。
まぁ、それなら知ってるワイナリだし他のワイナリ注目してよっかなー・・・・・・と思って敢えて飲んでなかったのです。
とはいえ、改めて考えてみるとこのスタンダード版ともいえるエステートにしてそれから当ブログで更新してきたアタラクシアやらカーショウとも同じくらい評価が良くフラッグシップのセブンフラッグスともアドヴォケイトの点数は微量な差なんですよネ。
今回は普通に入手可能な状態になり、そういえば久々に飲んでみよっかなーと手にとったのでした。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥(ただしクセが強い)
ほんと・・・高レベルのシャルドネすぎる・・・・・・
以前はモンラッシェみたいな塩感が高かったのですが今回はどっちかというとコルトンというかニューワールド的なギッチリ感があるスタイルです。
みっちりしています。それでいて品性もあって上手。
また、数日間かけて飲みたいアイテムです。
20170723100034654.jpg
色はそこまで強くないホワイトよりの感じ。
香りに超しっかりとしたグレープフルーツ、ナッツやバタ感すらある樽っぽさなどが非常に強く出ています。
特に初日はクセが強すぎるというぐらいに迫力のある迫り方をしてきます。
ガッツーン!ときすぎるぐらいなのです。カリフォルニアでもここまでしっかりしてるのはそんなに無い気がする。
それでいて、ヘンな安っぽい甘い要素などが漂ってはこない本格さもグッド。
味わいも超しっかり!
柑橘系果実の強さやビターさ、そこに塩っけがちゃんと入りつつミルク系で激しすぎない仕上がり。
酸の立ちも激し目で初日のバランス感覚はあんまり良くないと言えるかも。
で、それら要素が何故か数日間すると控えめになります。
今回結局一週間程での飲み終わりになりましたが、バランスが良くなるのは36時間後つまり2.5日ぐらい経過してから。
何故か酸味や果実の主張が弱まる事で美味しくなるって訳。デレるのです。ギャルゲー?
かなりどの段階で呑むかで印象が変わるので、案外取り扱いが難しいとも言えますが、パワフルな初日と落ち着いたブルゴーニュ風になる数日後でお好みに合わせたり変化を楽しむのもいいかと。
何れにしても、要するにえらくタフなシャルドネなのです。リースリングかよってぐらいにヘタれすぎない。
ナイスボディだけど高貴なおねえちゃんキャラ。それもジャンプ系ハーレム漫画式の最初から仲良いのにデレる主人公男イケメンタイプのデレ方。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
トランクにこれ一杯つめこめばシャルドネはそれでいいんじゃない?
色々な南アワインも紹介し、白ワインの紹介も大分増やしてきた当ブログでありますが、改めてココを飲んでみると「あ、別にコレだけ買っててもいいよネ」という気分になってしまいました。
スクリューキャップで開けやすいし、私みたいに経過を一人で観察するように呑む人にとっては変化率の面白さも含めて超サイコー。
もちろん、他にも美味しいシャルドネはたくさんありますが、2500円アンダーでコレを買えてしまうのはコスパが良いですまないって事でス。
敢えてワイン会で持っててもいいでしょうし(それも敢えてスクリューを一回開けて調節したりしてもいいかも)デイリーワインには超サイコー(本日二回目)
プレゼントには流石にちょっと雰囲気がなさすぎる気がしますが、美味いので自分で呑みましょうって事で。

というわけで、ポール・クルーバー・シャルドネ2016でした。
これ熟成したらどうなっちゃうの?という気がしないでもない程。
固めでもなお美味しいし数日かけても美味しいというデイリーづかいに求められている完璧なシャルドネです。
こういうのがあると、色々飲み歩く気が失せてしまいもする・・・・・・だって、これで良いものなぁ。

2016年版はどこも入荷してるのでお好きなお店で(敢えて自分が良く使うショップを掲載しない私であった)


高貴おねえちゃん騎士王女とかいう色々溢れすぎる属性

| 南アフリカ | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

(速報予告?)今年もポールクルーバーの白がうみゃい

うぇるかむ!
えー、まーた仕事の忙しさでちゃんと更新出来てない当ブログでありますが、今現在数日かけて飲んで寝過ごしてるワインがこちらでして
20170723100019833.jpg
はっきり言ってうみゃい
のですが、飲み終えてから更新にしようと思ってるのでタイミングどうしよう?今日??明日???明後日????ぐらいの感じです。
これこそ数日かけて飲みたい白なんでス。いやー、今年もすごかった・・・・・・


| 南アフリカ | 10:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南ア一級の中の超堅物?評価誌の最大評価を受け続けるブランドのスタンダードとは。 マリヌー・ホワイト・オールドヴァイン2014

うぇるかむ!
随分前にやるって言っといてやってなかったシリーズ!
というわけで、南ア系大注目のこちら。

20170721165335081.jpg
マリヌー・オールドヴァイン・ホワイト2014
南ア最強格のひとつです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥?
ラベル自体はちょっとチリちっくでもありそんなに格好良くはないかな。妙にゴチャった印象を受けもする・・・・・・
201707211653461e6.jpg
裏はこんな感じなのですが・・・・・・
20170721165358aa3.jpg
やたらバーコードのデザインが可愛い!

造り手であるマリヌーは実は新人寄り。2007年に開業という「ニュージェネではないけれど、南アが活発化してきたころの参入」であります。
マリヌー・ファミリー・ワインズの特徴は本来的には「土壌ごとのキュベ」であります。
スワートランドの各地の土壌のタイプごとのワインを作っているという、所謂テロワール重視型。
が、結構手広く現在は低価格帯から作っており、また評価が特に高いのはデザートワインでもあったりします。
評価誌の評価がめちゃくちゃ高く、恐らくコンスタンシアと並んで南アのTOPと言って過言でもないです。
アドヴォケイト、スペクテイター、ティムアトキンの兄貴、プラッターズガイド・・・いずれも最高峰にいるのがマリヌーです。
そんなマリヌーの標準版とでもいうのが今回のもの。シュナン、クレレット、ヴィオニエ、セミヨングリなどなどのミックス。
オールドヴァインというだけあって古樹を使い、これは土壌全部ミックスという形。
南ア一級線のTOPを行くワイナリの実力とは・・・・・・?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(現状は)
濃厚系だが、どこか突き放してくる堅さあり
アルヘイトにも似た濃さでありますが、その上で特に凝縮した感じがあって非常に強力な印象を受けるパワー系の白です。
意外なほど「一日一杯がいいかな」というタイプ。
特にしおっからさと苦味の印象がある点がポイントで、ここに好みがわかれるのではないかと思います。
201707211654079e5.jpg

色は強めにイエロー。かなり濃い目のカラー。
香りに感じられるのはまず「味わいも濃そうで苦そう」という事。
グレープフルーツのジャム感があり、それが妙にビターさも備えているんですネ。
大人味!みたいな雰囲気が香りから出ているという訳。あまりバニラ要素などもなく、果実の量感はフルスロットル。
味わいもまずなんだか苦さが主張してきます。柑橘果実のジャム、しょっぱさのあとに果実部分にビターさがあり甘味感は少なめ。
果実のボリュームはアルヘイト・カルトロジーに近いです。
ボリューム感があり、中だるみなし。
が、高貴さがあんまりない。というか色々混ぜている結果かバランスは良くないといえるでしょう。
集中点がない感じ?
それでも果実のボリューム感や質自体の高さは感じさせるので、呑み頃の問題なのかミックスブレンドしすぎな作り方が土壌単一が主軸のマリヌーはうまく調整できない(ヘタクソ?)なのか・・・・・・
線画はうまいのに色塗り失敗しちゃってる感?リアルにいうなら化粧に色々手を出しすぎて失敗しちゃってるような・・・・・・

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(世界的にみれば+♥)
南アどうしで比べると、他にも色んなアイテムがあるので固執するほどコスパがいいかというと微妙。
ただ、それこそ世界的に色んな白とその相場感の中で比べるとお得な部類に入ります。・・・・・・それぐらい、ミドル価格の南ア白は選択肢が多いのです。
イメージからタージュやカベルネやシラーが重要な国のように見えて、実はデザートワイン王国なぐらい白が強い国ですからネ南アフリカって。
多分、上位の土壌別ものやデザートワインを呑むべきなのかもしれませんが、1万円近い白であってそれはファンでもないと手が出しにくいよねっていう。

というわけで、マリヌーよりスタンダード版でした。
実のところこれの更にランクダウン版の青いラベルのシリーズを前に飲んでいるのですが・・・それは更に微妙すぎて掲載見送りしてたり^^;
当ブログとして、今ひとつピンとこない「評価の割にイマイチ」の代表例ではあったりします。
うーむ、上位版どうしようかなぁ。

希少性は高いので、南アファンは一応通っておいた方が良いには良い。


| 南アフリカ | 09:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南ア版カルト?奇想天外なブレンドが初輸入、奇人変人?それともにわか?? ブランクボトル・ドック2013

うぇるかむ!
今、南アフリカファン的にちょっと気になるアイテムがありまして、急遽ですが飲んでみました。

20170709001136931.jpg
ブランクボトル・ドック2013
南アフリカ版カルトってマジ?

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥?
なんでハテナをつけちゃうかっていうと、正直なところ今回のボトルデザインはあんまり格好良いものでないと思っているから。
この方、なんと40種類ぐらいを毎年色々変えてSQN(シンクアノン)のように同じモノを作らない造り手=南アフリカ版カルトワイナリってなっているのだとか。
20170709001152978.jpg
2017070900120061f.jpg
文字の左右。実は裏に書いてあるようなワードが並んでるだけでス。
2017070900120927b.jpg
むしろ裏側の方がカルトワイナリっぽい気がするかも?

造り手はピーター・ワルサーという方だそうで、この方所謂「変人系」として処理されてますが、個人的に見て取れるデータの範囲だと「変人ぶっているインテリチャラ系」であって多分変人じゃないと思います(推測)
というのも、2005年にはなにやらワイナリを始めていたらしいのですが、いくつかのワイナリーから購入したワインをブレンドしてリリースしていたらしく・・・・・・つまり、最近日本酒のタクシードライバーで問題になっている外買して自分で醸造なんぞしていないのを自作として売っていたどころか混ぜて売っていたっていうんだから・・・・・・というスタートからして怪しいモノ。
2012年からは自分で醸造をやっているらしいのですがあくまでもヴァーチャルです。
で、その後も40種ぐらい毎年作っていてしかもどれもラベルが変わり、最近では「潜在意識的に作ったのと無意識で作ったもの」というような実験的ワインも導入。
「自分のところでシラーが嫌いってマダムがきたのでわざとシラーを飲ませたら3ケースも買っていった。僕達は本を買うときカバーで選ぶ。そういうことなのさ」
という悟りから、品種名などはわざと書いていない・・・・・・けれどある程度情報はある、みたいな感じなのも特徴。
こう、なんかオカルト風に走ってたり、なんかコンセプトがあるようでない辺りもどこか「ホンモノ感がない」とネット上のデータからは私は判断しています。
ただ、サーフィン趣味らしいのがちょっと気になる(シンク的造り手の判断的に「スピード狂な趣味を持っている人のワインはエレガントだったりする」というのがありまして・・・・・・)

今回のアイテムは、リースリング主体にソーヴィニヨン・ブランとセミニョンが混じっているというスタイル。
ピーターのサーフィン友達であり、主治医であるゲイリー医師が趣味でやっている畑からのもの(どういうこっちゃ!?)
なんでドック。ドクター。犬では、ない。
そもそも南アフリカにおいてリースリングって主体的に使われている訳でもなく、ブレンドがしかもボルドー風というまさにゴチャ・まぜカオスブレンドなのでありますが、その実力はホンモノ?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
作為的カオスの濃さ
なんだろう、物凄く作った感があるワインとでもいいましょうか・・・・・・
上手いようなヘタなような、整いが大事なワインであるにも関わらずダイナミックさこそあれど、なんだかネジと歯車が一本足りないような気がしたワインでした。
はっきり言ってしまうと、色んな要素が足りているけど物足りない。一点突破しきれてない感じ。

20170709001235564.jpg
色は年号の割にやたら濃黄色。
薫りには強い杏などの要素があり、ここがどこか作為的な印象があるという訳。
リースリングらしさというのはあまり強く出ておらずオイリーさなどはないものの、なんだか果実爆弾的な風味。
味わいもアタックがとにかく濃いところからスタートします。
非常に強い部分からノックアウトしにかかってくるタイプで、むしろアメリカのマジックブレンドにとても似てる(最近書いたXワイナリー・ノックアウトとまさに同タイプ)。
ただ、中間の抜け方にどこかシュナン・ブラン感もあるのがちょい不思議(これが土壌の個性?)。
アフターまでパワフルガッツリな感じで〆ていくスタイルで、濃厚さでガンガン押して攻めるタイプのそれも攻め特化型。
ここまでパワーでこなくても個人的には良く、また品種の雰囲気みたいなのはたまにリースリングかな?という青い果実感がある程度なのでその点でも芯が意外とない感じ。
アメリカンセクシーなキャラまんまで、星条旗とかブラジャーにしちゃうような
「おらー!アメリカ女だぞー!!バインを喰らえーッ!!!」
みたいなエロギャグノリ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
個人的にセクシーさの中にもちゃんと頭の良さというか風情が欲しいので、あんまりピンときませんでした。
3000円程度のアイテムなので、完璧最高!なアイテムがバンバンあっても困りますけど、しかしながらわざわざ南アフリカを買うのにコレを選ぶのは要するに「南アフリカ慣れした人」に他ならないのではないかと。
なんでも日本に9箱=108本ぐらいらしいので、ここは南アフリカマニア各位に譲ってあげてくりゃれ。
私も呑んだんであとは譲る(その分カルトロジーを私が呑む!)。

というわけで、ブランクボトルよりドックでした。
個人的には期待しすぎちゃったアイテムの一つで、恐らく熟成した方が良いタイプな気もするんですが・・・・・・わざわざ買って置いておく場所もなく。ちょっと今後も様子見なワイナリかなーと思っています。
20170709001225429.jpg
なにせ40種もバーチャルに作っておいてロウキャップにこういう真似が出来るぐらい金銭的余裕があるっぽい(前職この人なんだったんだろう?)ので、どれかしら美味しいのはありそうな気がしてます。
鉄砲数打てば、ですがワインの場合そうホイホイ打たれられないからなぁ・・・・・・

一応ネット上ではあと10本程度しか残存してませんが、南アフリカマニアのためにそっとしておいてあげてくりゃれ。


もうこういうノリ

| 南アフリカ | 15:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT