オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワインレポートで最近出てきたのでちょっと試してみた。ボルドーのお得アイテムの定番!のセカンド。 シャペル・ド・ポタンサック2007

うぇるかむ!
私も良く山本氏のワインレポートさんは読んでいまして、最近はボルドープリムール特集(毎年恒例の)なんですネ。
で、ラスカーズの記事に出てたのでタイムリーなうちにと。

20160426013516034.jpg
シャペル・デ・ポタンサック2007
ボルドーらしいワインの典型的な?

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
超伝統的と言っていいだろうラベルデザイン。ここまでド直球にボルドーしてるのって久々に更新してる気がします。
20160426013532ba3.jpg
裏も普通。エノテカなのすら普通の域。

作り手、というか所有者が現在ドゥロン家。レオヴィル・ラス・カーズの所有者の方で、彼は幾つかのワイナリを所有してるんですネ。
そのうちのひとつがポタンサックなわけですが、比較的良い評価を受けているメドック野良ワインとされています。
パーカーたんもそこそこにお気に入りで「見とけよ見とけよ~」と推しています。
そういえばややこしいのですが、ミシェル・ロラン・・・という某ミッシェル・ロランとは別人が醸造長だったそうな。
とはいえ、まぁ野良メドックのそれもセカンドワイン。
ついでにヴィンテージは2007。うーむ、全てにおいて中途半端な感じ。
が、上述の通り、ワインレポートさんでの扱いとかも見ててちょっと試したのでした。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
極普通かな
とかく普通な仕上がりと言っちゃっていいのかなぁと思ってます。
思い起こしやすい形の「あ、ボルドーねうんうん」っていう味。定番といえるでしょう。
201604260135440a5.jpg
色はクリアめなレッド。深いカラーリングではありません。熟成年数はちょっと測りづらいかも。
香りにシックな印象であまりたたず、カシス要素がほぼほぼ前面に。
バニラ要素なども別になく、スパイシーでもなく、落ち着いたといえば落ち着いた構成。
味わいもちょっと薄まった感じがしてる辺りまで含めてボルドーらしいといいましょうか・・・・・・
果実感がそこそこチャーミングに最初感じられ、酸味も意外とキッチリと。
しかしながら、少し中抜けした印象があるのがもったいない。いわゆるメルロっぽい中間の軽すぎる感じといえるでしょうか。
最後まで盛り返すわけでなく、アフターに少しだけ苦味のある葉巻っぽいスモーキーさが出つつも小綺麗なフィニッシュ。
残念すぎる要素などもなく、全体に落ち着いたキャラとなっており、あまり特筆する要点もないのは事実かなぁ。
ギャルゲーにたまに出てくる目が隠れてる地味で根暗なキャラ(通称メカクレ)みたいな。ただ、そこからの付与があんまり強くなくて埋もれちゃう感じ。
それでも、モブっぽくないのは結構スゴイんですけどネ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(ボルドーから選択するなら+♥)
それでも3000円ちょいで買えるボルドーとしてはまぁこんな所かなという基準には至っているかと思います。
本家ポタンサックで5000円ぐらいだから、セカンドはしっかり低価格。某ペラペラを買うよりは選択肢として「古めのヴィンテージであること」から秀逸。
世界レベルで見た時には軽めのレストランワインとして見てもちょっと半端で地味ではあるんですが、それでも悪くない位置にいるメドックです。
一番の活用はやっぱりレストランのちょい高めのグラスワインかなぁ、と思います。日常消費用に少し年数が経ったのが欲しい場合には悪くないチョイスとなりえるかな。

というわけで、ポタンサックのセカンドでした。
大きく感動する訳でもないし、超ふつうな印象を持つんですが、しかし値段とかで需要はあるというタイプ。
味も抜けはあるし安旨にギリギリ入れない価格だったりで、もう少し何とかならないものかな?という所も多いんですが、それでも堅実なメドック買いがしたい時にいいかもしれないなぁ、と見なおしたりしてます。

高いと評判のエノテカ価格でコレ。


メカクレってこういうキャラね

関連記事

| フランス | 13:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/991-fd148472

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT