オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

泡ワイナリーの泡じゃないロゼ?しかしその発想がすごかった! グラハム・ベック・ゴージャス・ピノ・ノワール・シャルドネ・ロゼ2015

うぇるかむ!
世の中ロゼが流行っている、とは何故か言われていますが、正直私も経験が薄かったりします^^;
そもそも、品数が少ないんですヨ、ロゼ。
そんな中やっぱり美味かったというのがこのワイナリ。

2016042222561642d.jpg
グラハム・ベック・ゴージャス・ピノ・ノワール・シャルドネ・ロゼ2015
いやぁ、このワイナリすごいですよ。マスダ&ラフィネの二大巨塔から良く目を盗んだものですモトックス・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(個人的には+♥)
何がゴージャスなのかは良くわかりませんが、水色とピンクのデザインがなかなかかわいい感じになっています。
こう、ロゼのギャルギャルしい感じを描いた感ビンビンで、なんとなく対象者がわかりやすい気分。
20160422225626097.jpg
裏は普通なんですが、何度でも言うけど通常ラベルの上から自社シール貼るのはやめておくれモトックス!

作り手のグラハムベックは既に当ブログでも何回も頻出済みですネ。
一挙に紹介した事もありますし、つい最近最安値版でも更新しています。
そういった訳で、見ていただけたらわかるとおり「スパークリングワインのワイナリ」です。
今回のモノも当然・・・・・・そうではなく、普通にスティルのロゼ。シュワシュワ0であります。
コンセプトが瓶内二次発酵前のベースワインそのもの、という泡ワイナリ独自の感覚で、ピノ主体にシャルドネを加えてステンレスタンク&シュール・リー。
しかもスパークリング用の畑の若い樹から早摘みして作っています。
ある意味では「若い樹のブドウがもったいないから作ってる」といった感じの品なのですが、わざわざそれで泡にするでもなくロゼでやっている辺りが世渡り上手ですネ。
または、こういう事が平気でできちゃう辺りは新世界系らしさ?
そんなこんなで泡専門家がつくるロゼ、片手間ワインのハズなのですが・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
本当にゴージャスなロゼで驚かされた!
びっくりすることに、これ、ちゃんとロゼしてます。
どれぐらいロゼしてるかというと、匹敵するのがミラヴァルぐらい。

色はピンク感が結構強く、まさにロゼロゼしいカラー。案外と薄みだったりする事も多いロゼの中では濃いカラーといえるでしょう。
香りにピーチを主体として酸味の少ないみかん、ライム少々といったようなフルーツ構成が見られます。
あくまでも果実主体。なのですが、どの果実要素も安っぽくはならずに主張してきます。
ロゼスパークリングから泡を抜いた・・・よりは濃い仕上がりかな。
味わいはそうした果実の要素がサクッと口の中に広がります。
やはり桃が主体なんですが、みかんっぽさよりも洋なし感覚や日本梨的な緑の果物感やごくごく自然な感覚で木苺のフレーバーがあり。
全体の味わいとしてはピノ寄りといえるでしょう。それを品よくシャルドネのタッチでまとめたってな具合です。
アフターもそこまで長くはないんですが、口に含んですぐにフレッシュな果実感覚がパッと明るく広がるのがイイのでス。
赤ワインと比べればそんなに派手ではないんですが、ロゼの中ではかなり果実の濃さがあってゴージャスに感じられるでしょう。
それは樽っぽいから、ではなく果実の部分の濃さと多様性がゴージャス。
傾向がとてつもなくプロヴァンスの優秀なロゼに近いです。スッキリしつつも呑んでて満足感が得られるロゼ。
また、割りと温度差で味わいがブレないワインでもあろうと思っています。
そのぐらい、フレッシュ果汁の感覚がイイ感じに仕上がっている。
なんとも女子中学生的なキャラクターで、これから大人になりそうな・・・でもまだ大人でない、本人が気づいていない儚い時期の女の子を感じさせてくれます。割りと毎日呑んでて飽きないタイプ。
中学時代に戻れたらなぁ・・・・・・

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
1500円ぐらいで箱までついてくる。まさにケース買い。
2016042222563378e.jpg
おまえNV版どころかキュヴェ・クライヴでも箱ついてないやんけ!
とも思うんですが、1500円ちょいぐらいのロゼなのに基本箱がついてます。
で、中身はミラヴァル(3500円)に匹敵。ミラヴァルの方が流石にブラピステータス(ブラッド・ピットが作ってるワイン)という付加がある訳で話題性では太刀打ち出来ないんですけど、じゃあ他のロゼワインと比べた時にどうか?というと、
「スパークリング専門のワイナリの敢えてのロゼ」「箱がついている」「オバマネタが使える」
などなど、ミラヴァルに次ぐ外的ステータス持ちです。
で、ミラヴァルより半額。正直、他のロゼが哀れになっちゃうレベル?
や、私はそんなにロゼ経験が高くないゆえかもしれません。しれませんが・・・・・・全体としてロゼワインに欲しい要素はこなしつつ、力強さと若い可愛さがあっていいのです。
箱ありなのは案外とプレゼントに有利がつきます。この夏場に至るにおいては万人向け最安値のプレゼントワインとして成立しうる。
ブラインドティスティングをさせたら、トップソムリエ級でも即「南アフリカ」と答えられる人はいないでしょう。
家庭用としても十二分にロゼの魅力を発揮してくれるので、総じて味わい以上にコスパワインです。

というわけで、グラハムベック・ゴージャス・ピノ・ノワール・シャルドネ・ロゼ2015でした。
泡の出来はどれも秀逸なのを知っていたものの、まぁその片手間なワインなのだし・・・・・・と思ってたら超本格なロゼワインでびっくりしました。ハッキリ申し上げて「これが作れるならピノ単体とかシャルドネ単体もすっごいワインが出来るんじゃないの?」と思わなくもない。
冒頭でも書きましたが・・・・・・間違いなく南アフリカ最強インポーターである東のラフィネ、西のマスダの素晴らしい仕入れに対抗しうる数少ない他インポーターのワイナリだろうと思います。

高くてもこの値段。それで倍値以上のミラヴァルと戦える気がする。


まさに、「こどなの階段」

水色ジェネレーション [ 南波志帆 ]
価格:2931円(税込、送料無料)


関連記事

| 南アフリカ | 00:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/988-d3cb33b9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT