オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やっぱり日本の大手白は出来がなかなか? グランポレール・モン・イストワール甲州1999

うぇるかむ!
昨日は色々実験だよ実験!(cv:工藤D)してまして、そのままぶっ倒れておりました・・・・・・
で、朝更新となった訳です。

20160422092354723.jpg
グランポレール・モンイストワール甲州1999
甲州のギリギリ古酒です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルのもうそれこそTHE甲州って漢字とサッポロワイン株式会社の文字がなんともダサい感じでそれさえなければギリギリで昔風としていいのにもったいないなぁって気がします。

201604220924093b8.jpg

色々については省略!いかにもサッポロビールが作る山梨県のワイナリにある岡山ワイナリー開業の30周年記念ワインです。
札幌で山梨で岡山って日本人の方がわかりづらいんじゃないの?ぐらいの勢いありますけど、まぁ良し。
さくっと、その実力や如何に?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
やっぱドイツに似てるよねぇ・・・
レモネード感がなんだかドイツワイン感があるんですよね。や、リースリングのオイリーなニュアンスは全くないのですが。
この傾向から離れてオークドなシャルドネやったりしようとしてどこも失敗しているように見えるので、なんだかもったいない気がします。

色は99年にしてはやたらと薄い黄緑。ステンレスタンクだったりするのが効いている?
レモン系の要素が多く見られ、全体にスッキリとしたキャラクターになっています。
味わいも同様。全体に柑橘(特にレモン)の香味がサッと出てサッとはけるスッキリ系。
果実要素が構成のほぼほぼで特段複雑だったりしないどころか熟成っぽさは強くは感じません(この辺りも最近飲んだドイツと若干似てる)。
そうした端々のみずみずしいタッチと果実酒らしさが如何にも食前酒的でいいのです。
いわゆるがぶ飲み系。お料理も天ぷらとかやっちゃうぐらいの方が相性良さそうです。
そういうちょっと雰囲気の高い居酒屋の美人お姉さん的なポジション。あんまりリアリティのない、漫画とかのソレ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
2300円の白としては妥当のラインにちゃんと到来
熟成させてからのリリースものとしてはかなり安いワインとなっており、味わいで見ても抜群とまではいいませんがなかなか。
構成の良さや使いドコロを選ぶと価格以上のパフォーマンスをしてくれるでしょう。
スッキリよりの白は低価格そこそこ多いので競合も多い感はありますけど、面白い試みも多いワインですから結構楽しいと思います。
意外とワインマニア相手に出してみても面白いタイプかもしれません。案外甲州ってわかりづらいんじゃないのかしら?

というわけで、グランポレールよりモン・イストワール甲州1999でした。
完成度が高いか高くないか、というと単体ではちょっと寂しく、レストランワインなタイプですが、白ワインの食前からオードブル向けと考えれば悪くない。
立ち位置としては中途半端をとりたがる辺りも日本っぽい(日本ワインっぽいではなく)キャラクターなのではないかと思っちゃうのでした。

ほどほど悪くない品。あとサクラアワードは邪魔(いつもの。


あー、うんうん、こんなお姉さんな!ぴったりすぎ!グランポレールこのイラスト版だそうよ!!

関連記事

| 日本 | 09:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/987-9310f6de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT