オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

南アのシュヴァル・ブラン!と宣伝されるワイナリのフラッグシップもヤババな件について。 ラーツ・ファミリー・カベルネフラン2012

うぇるかむ!
更新出来るアイテムが多すぎて実のところちょっと混乱してるぐらいな私ですドーモ。
さて。そんな訳で比較的個数の少ないだろうアイテムをやっておこうかと。

2016041520024155c.jpg
ラーツ・ファミリー・フラン2012
南アフリカのシュヴァル・ブラン!(人呼んで)

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
殆どジャスパー版と変わらないっていうか詳細もとりあえずこちらで。
20160415200252ae3.jpg
ジャスパー版は他畑から仕入れたワインが入ったブレンドモノだった訳ですが、こちらは力を入れている(どうやら自社所有っぽい)フラン種オンリー。
こちらの方が評判もモチロン良い、というかこれがシュヴァル・ブランめいて言われているワインの方。
アメリカ系ワイン雑誌および新聞には殆ど掲載されどこでも90点以上、ジャンシスおばさんも勿論絶叫賞賛。
そんなこんなで、数も少なく価格もなかなか高いので呑めずにいたワインですが果たして・・・?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(今のむ分には。個人的には+♥)
フランの王道を行くスタイル!
カベルネ・フランという品種のワインとして確固たるものを持っています。
いわゆるピーマン。しかし品位も最高峰。流石!

色は意外と明るめの赤紫。バイオレット、というよりレッド。
香りにピーマン感がまず如実で、青い野菜っぽさは凄くします。
この感覚がちょっと高すぎるのでバランスで言えば今、良くないのだと思う。その為に個人的点無しだとレッド・ジャスパー版のが上だと判定。
ただ、ちゃんと香りの段階でミルキーさとカシス感は付随しているので、苦にはならないっていうかこれだけ青々しい印象が大きいのにこの段階でミンティで品が良いワインだと認識させきるのが偉い。
味わいも香りに比べると非常にクリアにできていて、特にアフターの抜け方の貴族っぷりたるやたまらんな!という状態。
口当りが非常にまるっぽく、それからカシス、少しアセロラが効いたような酸が全体を引き締めつつタニックさに繋がってコクがある。
甘味は比較的低く抑えてあり、多少とっつきづらさはあるかも。
その上でやってくる香りと同様の青さ・・・これが吹き抜けるように爽やか!
よく「青臭いワインが苦手」という方いらっしゃいますが、じゃあそういうワインってどんなつもりでワイン作ってるのかっていうと、このワインがおそらく理想型に近いのではないかと。
改めて言いますが感触としてはシュヴァル・ブランではなくドゥエマーニ(イタリアのフランのかなりお高いやつ)の方向の明るさと青み感。
レトロで華麗な世界観はむしろ少女漫画チックですらあるかもしれない。ジャスパー版との違いはその大人な雰囲気。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(熟成には期待あり?)
惜しむらくはこれ7000円後半が定価なので、コスパという測りではレッド・ジャスパー版のが良いです。
っていうか、今呑むならレッド・ジャスパー版の方が甘味の入り方とかも少しやわらかい砕きがあって飲みやすい。
しかし、より本格かつ高みにあるのは間違いなくコッチです。矛盾チックなモノいいになってしまい申し訳ないんですけど、これ伝えるの難しいな・・・・・・要するにこの時のは呑み頃で、ない。
したがって、買ってからある程度保存出来る環境がある方向けとも言えるでしょう。
南アフリカのフランという、かなり珍し目のワインであるものの、その実力は本当にあまりに高くそして使うタイミングが非常に難しい。
恐ろしいワインです。うっかり呑み頃に呑んだら年間1位の赤です!なんてなりかねないポテンシャルは垣間見ました・・・

というわけで、ラーツのフラッグシップでした。
これ、スゴイんだけどなんか惜しい気がしちゃうというタイプの典型でして、この日の試飲会でも私以外で推そうという人が少なかったように思う。
いや、でもこれフランの空気感はすさまじいんですよ。点数以上に気に入っている、オススメマークな感じ。

価格は南アフリカでも結構する側(世界でみたらめちゃ安いけど)


大先生の品位

ポーの一族(第1巻) [ 萩尾望都 ]
価格:606円(税込、送料無料)


関連記事

| 南アフリカ | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/982-bbee8c4a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT