オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

月は出ているか?って気分なラベルのデイリーライクさあふるるひと品。 ドリームタイム・パス・シラーズ・ムーン・シリーズ・2013

うぇるかむ!
昨日はエイプリルフールで遊びまくっていて、結局更新しませんでしたすいませ~んOTL
で、今日もサクッとこれからワインを飲みまくるゾイ!てな訳でして・・・気軽なヤツで更新デス。

20160402133944f84.jpg
ドリームタイム・パス・シラーズ2013
月は出ているのか!?

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベル自体はまぁ、デイリーライクさあふれる感じでしょう。
安いです!って雰囲気が強すぎるぐらい?
20160402134025106.jpg
裏も対してない。コレには理由がちょいちょいあります。

作り手はフィル・スピルマンという方で、彼はデューキン・エステートやヴィラ・マリアといったオーストラリアの有名ドコロで醸造家をやっていた人。
また、ヴィレッジ・セラーズさんではデューキン・エステートの輸入をしばらくやっていたんですネ。
ところが、デューキンがフレシネ社に買収され経営指針変更からヴィレッジ・セラーズとの卸を取りやめることにしたんだそうで。
オージーの安旨どころとして仕入れていたデューキンが丸ごとなくなってしまう!という大ピンチの中、
「フィルえも~ん、フレシネがいじめるんだよぉ~、なんか出してぇ~~」
と野比のび太バリにフィル・スピルマン氏に頼んだ所
「ヴィレ太君はしょうがないなぁ、(テケテケテケン♪)ドリームタイム・パス~!」
とドラエモンよろしく提案されたのがこのドリームタイムパスシリーズ。
このシリーズ、そんなわけでヴィレッジ・セラーズオンリーの日本輸出用デイリーワインとして作られています。
フィル氏がいったいどこからブドウなどを買い付けているかはちょっと不明なんですが、シラーズを基調として他ブドウを配合するブレンドタイプな事とステンレスタンクオンリーなのが特徴。
日本輸出オンリーなのでローヌ風だとかオーストラリアらしさとかは無視してとにかく「デイリーで低価格だけど、日本人ウケする」という前提があるシリーズなんだとか。
では、その実力や如何に?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥
当たり障りなく呑めてしまう超デイリーお月見
お月見というよりなんら普通の夜の散歩感。
なるほどコッテリはしてないし青臭さなどの嫌な要素もなく。シラーズ系の果実感をまま打ち出したような味わいとなっています。
まったりめ。
20160402134007b45.jpg

色は赤紫が強く出ていて、如何にもな若いカラーリング。
香りに感じられるのもフルーツのソース感。紫果実寄りのミックスジャムといったところでしょうか?
バニラ感などは(樽使ってないらしいし)感じられずあくまでもフルーツソースっけが多く。
味わいも最初から最後までそうしたフルーツ要素を多く感じさせるモノになっています。
若干ブルーベリーっぽさが多いかしら、酸と甘味のタッチはどちらも中庸。
最後までそうした感じで単調といえば単調なものの、しかし甘すぎベタベタなシラーズという体にはなっておらず、どっちかというとカリフォルニアの中域辺りの雰囲気に近いかな。それらの縮小版といった気がします。
スパイシーさに関しても微量。そのほか引っかかりになりえる要素などもなく。
気兼ねなく飲めちゃうワインってところでしょうか。じゃぶじゃぶもいけるし、ゆったり映画見ながらでもデイリーとしては程々。腰据えてじっくり向き合って呑むタイプじゃない(っていうかこの値段でそんなの求めてもなぁ)ものの、デイリーライクとしてはイイという、隣の家のお姉ちゃんポジ?

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥♥
1300円シラーズとしてはまぁまぁな・・・
これが1500円となると突如♥♥♥に私はしちゃう。それぐらい2000円アンダーの世界は微妙な数字で動いていると思うんですけれども、このワイン1300円の中ではバランス取りが良くも悪くもいいのです。
この価格帯だともっとチープに傾くモノも多い中、良く検討されているのがわかります。結果が当たり障りなく呑めるという事に繋がっている。
そうした意味で、箱買いしてドカドカ使ったり、カジュアルレストランのグラスワインにぴったり。
なんでもイーからとりあえず赤ワイン!みたいな気分になってる方には良いのでは?

というわけで、ドリームタイム・パス・シラーズ2013でした。
値段まで考えるとまぁまぁなデイリーといった感じでしたネ。低価格だと本当、ダサい事が増えるんですよねぇシラーズ・・・・・・
サクッと買って即呑むのに適した、そんな日常キャラです。

価格設定までがグッド。取り扱い店もそれなりに多めなのもグッド。

月姫とかよりはこっちぐらいのふつーさ。
関連記事

| オーストラリア | 13:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/970-296a081f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT