オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アンリ・ボノー追悼を兼ねて。 アンリ・ボノー・シャトーヌフ・デュ・パプ・レゼルヴ・デ・セレスタン2009

うぇるかむ!
今年に入ってからもポール・ポンタリエなどなかなかそうそうたる歴史を作ってきた人物達が亡くなってしまっているワイン業界・・・
うーむ、なんてこったいと思いつつ、この方も亡くなってしまわれたとのことで・・・・・・

KIMG0037.jpg
アンリ・ボノー・シャトーヌフ・デュ・パプ・セレスタン2009(セレスティン)
ヌフ最強の一人が・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
これから神話としてアンリ・ジャイエと同様になる「ローヌのアンリ神様」です
これで全部説明ついちゃう感じあるんですが・・・・・・
KIMG0040.jpg
裏ラベルは確かありませんでした。

当ブログでは最下層のNVを超高評価してまして個人的にヌフの中でもずば抜けてスゴイと思っている生産者です。
で、そのフラッグシップは何かというとこのセレスタンなんですネ。
その基準はなんと途中までキメておらず、幾つか仕込んだ樽の中から
「あ、こいつ美味いわ、セレスタンだな!」
「惜しいけどこっちはマリー・ブーリエかなぁ・・・」
「ふっつーやからふっつーのヌフで」
「気に入らんから売っぱらっちゃおう(ポイーッ」
と、なんと試飲して決めるというクレイジーぶりです。要するにセレクション・バレルなんですが、ココまで徹底してセレクションしてる人もいなかったことでしょう。
この年のセレスタンの評価はアドヴォケイト94ー97(開きすぎじゃね!?)とガローニたんのところで96の模様。
何はともあれ最高位のヌフパフです、さてその実力とは・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
たそがれたい

トゥトゥルトゥーラッタットゥー♪(分かる人だけ理解ればいいよ。そんなこといわれても?)

色はレッド。年数にしてもかなりクリアです。濃厚そうにはとても見えないことでしょう。
香りに少しオレンジ、ダシ感などの熟成要素が見られ、同時に黒糖がベースなんだろうキャラメルソース。
この相反するような香りと雰囲気が同時に入っており、この段階でもう危ない。すごく危ない。
某神の雫が「表現を言え」とかいうアレで夕焼けがどうのこうのやってらっしゃりましたが、これこそ真の夕焼け。
味わいの洗練さ、そしてすさまじいのはアフターの長さと「その純粋さ」です。
口当りからしてあまりにもクリア。涼しさすら感じさせる舌触り。
バレンシアオレンジを主体とした果実感。その甘味と酸味のじんわりとくるナチュラル具合はまさしく包み込まれる感覚。
あまりに甘味の出来栄えやタニックさの落ち着きっぷりにこれまた「ナチュラル」なのに「ゴージャス」な気分にさせてくれるんですネ。
そしてキメの細かさと余韻の1分ほど続く官能さでありつつ、次を欲してしまう禁断の常飲要求・・・・・・
余韻がとかくカラメルと果実の融合具合が恐ろしい程に持続するのに、その臨界点に触れたくてついついグラスを傾けてしまうのです。
あぁ・・・・・・
なんかもう、果実がどうとかタニックがどうとかで説明するのが、この域だとバカバカしいんです。
パーカーたんが「ヌフの真髄?セレスタンやな(迫真」と言ったとの事なんですが、同意するしかないでしょう。ヌフスタイルの真骨頂と言われて全く反論のしようがありません。
ド濃いグルナッシュも数多くあれど、ヌフ系の真髄はこっちなんです。
キャラクターとしては、超がつくほどオネショタ系ワイン。もう甘えたい。こんなのが存在していたらずっと呆けて一生を終えてしまいます。甘やかされすぎて危険だッ!

コストパフォーマンス(最大5PT)
コスパで測るものではない(ないが、手に入れられるならば♥♥♥♥♥)
まさに神姫。
という訳で、お金を持っている人は疑いようがなく手に入れていなければならないワインでしょう。
4万いきません。安い安い。
2009年といったボルドーだとまだ固かろうヴィンテージですが、おそらくはグルナッシュの配分が多いだろうこのワインであれば(なんと何処にも正確なセパージュが記されていませんし、あっても信用ならぬ)今からでも呑めますし亡くなられた今から数十年後には何倍もの値段になっている事が確定です。
お金持ちの為のワインになってしまっているのは残念ですが、「生涯必ず呑むべきワイン」の一つとしてセレスタンは私もリストに加えるべきだと考えます。

というわけで、アンリ・ボノーよりセレスタン2009でした。
書いてて脳みそが黄昏たくなってしまうようなワインです。
手に入れるのも難しいワインなのですが、その理由は呑めば(よっぽど壊れてなければ)わかります。
本当に・・・・・・ご冥福をお祈りします。

10年たたずしておそらく倍額以上にはなるんですよねぇ・・・

頑張れ♥頑張れ♥えらいぞー♥って言われ続けてダメにされそう。
関連記事

| フランス | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/967-174b4a1c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT