オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やはり飛ぶ域の美味さ! リヴァース・マリー・コロナ・ヴィンヤード・オークヴィル・ナパ2013

うぇるかむ!
あんまり国宝級ばっかり更新しててもアレなんで、今日は「まだ買えるだろう」超級ワインです。

20160225215858929.jpg
リヴァース・マリー・コロナ・ヴィンヤード・オークヴィル・ナパ2013
リヴァマリ!リヴァマリ!!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
一年ぶりぐらいのリヴァースマリー。
今回の柄は鳥の形を模様として配置し、部分的に雲の部分を作ることで空と鳥の群れをイメージさせるやっぱりハイセンスな感じ。
いいですよね、こういうセンスがリヴァースマリーはとにかく私好き。
20160225215912139.jpg
裏はシンプル。

リヴァースマリーの素性に関しては、去年のリンクで見ていただければと。
それはナパ・カベルネ版なんですが、今回は単一ヴィンヤードの格上版です。
リバースマリーは結構いろんなワイン作ってまして、自社畑もあるものの、いくつかグロワーから買ってるタイプがあります。
私のブログを良く見てると「色んな人がピゾーニって畑のブドウでワインを作っている」のを何度か目にしてるかも。
知ってる人なら「ハーランのボンドシリーズみたいな感じ」っていうと伝わる。
さて。
今回はコロナ・ヴィンヤードというところからの購入版。リヴァースマリーの本拠地であるセントヘレナからはちょっと遠く、他の畑から距離が離れたところからの購入になっています。
まんまコロナさんという方がやっている畑で、立地はベクストファーなどのやっている畑よりちょい上の位置なんだとか。
ただ、日本に輸入してるっぽい「コロナ・ヴィンヤード」のワインはどうやらこのリヴァースマリーのものだけっぽい(名前違いや調べ不足あるかもなので情報求む)
今回のモノでpp95点をとっており、パーカーたんがいつもの如く「うーん、やっぱめっちゃリッチ!ポイヤック一級の連中みたいやな!」とご満悦。
ただ、他のリヴァマリの作ってるシリーズの中ではちょっと冴えないといいますか、パネク・ヴィンヤード版という自社版などとは大きく差をつけた点数付けをされてたりします。
さて、そんなリヴァースマリーの一級品、お味といいますと

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
清く正しく、ナパヴァリー
実にナパナパしい味であります。王道を行く、キッチリしたクールなスタイルといえるでしょう。
このすごく冷静さをもったインテリ感がたまりません。

20160225215930d41.jpg

色は濃く透けない赤紫。まま、若いカベルネカラーかな。
香りは実に3つで言い表せます。カシス、バニラ、ベリー。
まさにナパな強いブラックベリーなどの紫や黒の果実にバニラがのっかる香り。
ビターなカフェオレの質感、ミント要素やペッパー感などはあまりないのに、それでいてダレた印象がないのは果実の充足があるから。
味わいも同様に、バニリーなスタートからカベルネらしいカシスのタッチがキッチリと酸味と甘味を効かせます。
口当たりも丁寧なシルキーさで、尖った部分や冷静さを欠くような感じもなしにスマートな味わいのままフィニッシュ。
余韻そのものは長いですし、甘味要素も高く、ハーブ感も控えめな割に飲みやすいというか安心感がある。
構成の要素の多さよりもそれぞれの「カシス」や「バニラ」の磨き上げ方が職人技。
このクールさ、やはりリヴァースマリーはカベルネが上手だなぁと思わされる綺麗な仕上がりとなっています。
やっぱりクール美女を作らせたら天才的。ナパカベ版と比べるとこちらはより大人のスマートさ。
メガネとロングヘアが似合うタイプのキャラクター。みっちり「ナパの仕事とはこういうものヨ」って叩き込んでくれる!ご褒美!!

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥(ナパカベ好きなら+♥)
価格相応しいクオリティを魅せつける
そう思うのですが、1万3千円ぐらいと少し値上がりも見られてて残念なので標準ではパーフェクトに一応しないでおく・・・・・・
んですけれども、実力派エリートの味わいが楽しみたいのであれば、この価格でもまだまだ嬉しい人の方が多いであろうとも。
プレゼントにはラベルの柄とか、そういうのが説明出来る環境であれば十二分(ちょっと説明しないとわかりづらいトコはあるかも)。
ブラインドティスティングとかすると強いタイプでもありますから、是非お試しあれ(品種当ては余裕でされちゃうだろうけど)
あんまりハーヴ要素とかで他を立てていくことはしない、この子一人で主人を満足させるタイプのキャラですから、料理後ぐらいの方がオススメ。

というわけで、リヴァースマリーよりコロナヴィンヤードでした。
うん、やっぱり私の中の印象ここはカベルネが良いよなぁ!というところであります。
作り手の上手さというのをナパでは感じたかったりする私としては「さすが」なんですよね。
すごくスムーズにナパを体現しているので、ちょっとお高めですがお試しあれ。

むしろ安いと思いません?

そういえば伊東ライフ先生眼鏡パッチェ好きだったネ・・・(あの人のよりもちょい暗いパチェっぽいニュアンスだけど)
関連記事

| アメリカ | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/933-c50f5459

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT