オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シックに格好いい、男の子が好きそうなハードボイルド味。 アナコタ・ヘレナ・ダコタ・ヴィンヤード2010

うぇるかむ!
最近特集が組めるぐらい色々飲んでて何から書こうかテンヤワンヤしてる始末なんですけれども、今日昼にテレ東で「レジェンドオブメキシコ」というアホ映画がやってたみたいなので

アナコタ
そんな気分で更新です(エアギターしながら)

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥
ラベルはちょっと渋くて見た目格好いい感じあります。ちょっとチリっぽいかなって気もしますが・・・

裏もシックでシンプルめ。

作り手はピエール・セイヤン。彼は以前、ヴェリテのル・デジールについてやりましたがその作り手のネクスト・プロジェクトとして2001年に始まっています(実はヴェリテが1998年ファーストヴィンテージなので結構間髪入れず作ってたり)。
そのため、「PP100点男のワイン」として紹介がされていますが、アナコタに関しては100点には至っていなかったり(ただし90点中盤を行き来してます)
ただ、ヴェリテとはアプローチが大きく違います。
ヴェリテが、広域目の選抜+主体品種はあるけど混醸+フランスの各地域最高峰を目指したスタイル造り(要するにメイキング重視)
アナコタが、単一ヴィンヤード+カベルネ100%+ナイツヴァレーのカベルネというのを意識した造り(要するにテロワール重視)
と、意識が違います。
その結果がどのようになっているかというと・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥(も少し開きそう)
なんか、アントニオ・バンデラス
無骨でしゃべりがヘタそうで、運動は出来るし拳銃の扱いも旨いけど、あんまり強くもない。
なんともそのぐらいのスーパースターでもないところが、逆にいいような気もします。
ちょっと閉じてるといいますか、呑み頃は先な気がしますが今のところはこんなところなのかなぁと。カベルネ、堅く感じること多いですし。

201602231415114f8.jpg
色は透けない赤紫で黒に近い。新モノの濃いタイプですネ。
香りに胡椒感があり、全体に重たい印象。カシスのタッチも甘味よりタニックさが香りから伝わってくるよう。
少しスモーキーなタッチで、ズンとしている。
果実そのものの大きさは充分で、風格は良し。
味わいはかなり重たくビターチョコ(それもカカオが多い)なぐらいにダーク。
フランスだとそうですねぇ・・・グラーヴ辺りの良いお酒に近いかしら?
甘味は控えめで酸味よりもタニックさが目立ちまさに無骨でクール。
カシスだぜ・・・・・・と、ずばり言い切る潔さ。アフターまでその重たい印象が続きます。
完璧に高めのお酒の風格であり、近寄りがたい雰囲気をまとっちゃっている訳。
こういう子も私好きなので、評価そこそこ良いのですが多分今後で大きく変わるワインでしょう。
読んでて「あ、これほんと閉じてるワインの話してんだな」とか思っちゃった人にはすぐ呑むのはあんまり向かないと思う。
そんな訳で冒頭の通り、レジェンド・オブ・メキシコな訳ですよ。アントニオ・バンデラスですよ。カッコつけまくってるのにどこか抜けてる。

コストパフォーマンス(最大10PT)
♥♥♥(熟成とか出来る人は+♥)
1万円前後のワインとなってまして、ヴェリテ本体の5分の1。
直近で呑む上での味わいの差は正直なところ結構あって、「ヴェリテの人のワイン!」というには「ラフィットの作ったワイン!」ぐらいにちょっと似ないです。
(似ない理由は私が呑んでるのが主体品種からして別、というのも勿論なんですがそれよりも上述したプロダクト方針の差が大きく関与してると思う)
もっとも、1万円前後のワインとしてはスタンダードに射抜いて、ごっついワインを作ってる。
そのタイプが扱える人には、なかなかおもしろいのではないでしょうか。
プレゼントにはうーん、どうだろ、それなりに使えそうな雰囲気はあるのですが、万人受けはちょっと微妙かしら?
華やかでない(今のところ)無口系キャラなので、ワイン会とかにもあんまり向いてない・・・・・・使い方難しい!

というわけで、アナコタのダコタの方でした。
2010が冷涼ヴィンテージというのがあるにしても、かなーりクールキャラすぎるぐらいに仕上がってます。
これもまたアメリカンの良さですネ。ヘヴィにキめるゼ!

まさに男の世界。

メキシコはオープニングが流れるまで「だけ」見れば良い映画です。
関連記事

| アメリカ | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/931-5407edfd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT