オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラゴッチャさんでワイン会に参加してきました~お料理アレコレ~

うぇるかむ!
というわけで、タイトルどおり、ワイン会に参加してきて現地で寝ちゃうぐらい酔っ払った後に家に帰るまでに週刊少年ジャンプ読んじゃって逆に寝付けなくなったので料理をこっそりあげておこうかと。
食事のリストがないものだから、料理名とか色々あやふやです。(口頭だけでこの手のメニュー覚えてられる人あんまいないと思うッス)

2016022202005131d.jpg
うっかり指を写しちゃうぐらい酔ってる。

まず最初の一皿が鯛のカルパッチョでそら豆とのミックス。
20160222020024b39.jpg
緑が綺麗よね。
鯛は少し炙ってあって、それがとても香ばしく、また緑のハーブ感が見事に効いた一皿。
白身の歯ごたえが良い。ムチッとこりっと。
今回のワイン会、なんと最初が日本の貴腐だったりしたんですが、それが相性良く出来てました。
白ワイン万能っていうか、甘口ワインでも最初でもコッテリしすぎてないタイプならかなりOK?
と、今回のワイン会で一番参考になる食べ合わせ(ペアリング)だったと思います。
発見があった。

20160222020011d57.jpg
次も白身魚で煮付け(何だったか微妙に忘れたけど旬の白身だったハズ)
じゃがいもともども、良く似てあって、ホクホク感があった。
ちょっと食感としては物足りない部分もあったけど、落ち着きのある一皿。
ペアリングは赤ワインと白ワイン両方だったけど、これがまた熟成気味の赤ワインにもサクッとあってくれる。
香草のパワーとも思いますが。

201602220159559af.jpg
プリモのスパゲッティ。スパゲッティ幅なんでスパゲッティである(パスタの中でもスパゲッティ)。
ブロッコリーを基調とした皿で、所謂アルデンテでふっつーに食べる品。
ブロッコリーの甘みと唐辛子を効かせてあるので、甘辛といえるのでしょうか。
見ての通り、ケンライトセラーズとかと合わせて。相性が良い!ってほどではないけど、イタリアンだからってイタリアワインでなくてもいいよねーなんて思いながらモグモグ。

20160222015935582.jpg
トマトソースとチーズのペンネ。
チーズがクリーミーで、またトマトペンネと相性がバツグン!
ワインをもまろやかにする濃厚なスタイルで、私が家ではあんまりやらないチーズとの合わせって感じの方が強い一皿。
これでチーズプレート分補ってる感じ。
パスタよりもこっちのペンネの方が楽しかったかな。食べ合わせ視点でみると、これの味わいの方が勝るので「美味しいのは間違いない」けど、「ワインの本来の味わいを少し切り崩している」ところはあって、やっぱりチーズやトマトは難しいなぁとは感じちゃいました。
チーズの感覚とトマトペンネの美味しさがきっちりとそこで世界が完結してるから、ワインが介在する必要がないのよネ。

20160222015923946.jpg
メインの鹿とほうれん草と蓮(雑な説明ごめんネ!)
間違いなくローストビーフ的食感をダイナミックに味あわせてくれるモノであり、つけあわせも含めてうーんジューシーって唸りたくなる。
ムチムチとした食感、それにほうれん草などが風味を与え蓮レンコンがシャキシャキと引き締める。ジューシー!
ただ、私はこの頃にはベロベロに酔ってたのであった^^;
これまた赤ワイン白ワイン更に古酒泡とのペアリングを一挙に行ったのですが、やっぱりお肉に対しても赤各位よりも白および泡(抜けているけど)の方が相性が良いのではないかと思ってしまう。
赤いお肉であり、ソースもバッチリ効いてる=赤ワインが良いかというと、それよりも白ワインでサッパリとさせたほうが食べやすい気がしてます。
前々からたまに書いてましたが、「ペアリング上、白は万能だけど赤ワインはむしろバッチリ合わせるのが難しいっていうか変化しちゃうのが本来的素材感とは違うのではないか」という・・・・・・
(これはそもそも私はどこでも赤ワイン→白ワインで呑むというマイノリティだからというのも一理ありますが)
これぐらい厚みのあるお肉でも、そんな気がしてならないんですよー。

201602220159139a1.jpg
デザートはフランボワーズのシャーベット。
洋なしと選べたんですが、赤いワインも残ってたのでこっちにした・・・・・・んだけど、古酒ピノはやっぱりこれとは合わず、デザートワインのが相性が良く。
このぐらいあっさりしているシャーベットだと、デザートワインの甘さが逆に引き立つんですネ。
(とはいえ、くれぐれもハーゲンダッツのようなやたら甘いアイスとは合わせてはいけない)
甘味と合わせるにはこういうあっさりさがいいのか。

・・・
・・・・・・
というわけで、楽しんで参りました!
ワイン郡が非常に面白いラインナップで呑んできましたので、また色々当ブログはかどりそうですが、南アフリカ・ローヌ・アメリカ・今回の試飲会とそれだけで一ヶ月は何も呑まなくても更新出来る状態になっちゃってさぁ大変!
おみやげに余ったワインもいただいた(ドサージュ0のカ・デル・ボスコとか。わーい!)ので、出来る限りレビュー早めにしたいけれども、同時にレアワインも多いので南アフリカにはさみつつのこうしんになるかなぁ。

さて。
最大の問題は・・・・・・
今から寝て、明日仕事前に起きれるのかどうかって事かナ!
うーん、仕事いきたくないでござる!


スパゲティもいいけど、ペンネもいいよネ
関連記事

| コラム | 02:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/929-4e2cc970

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT