オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カジュアルなSO2無添加の決定版!? ジョーダン・カメレオン・ノ-・アディド・サルファー・メルロ

うぇるかむ!
以前、南アフリカは元々が無農薬(または有機農薬?)な条件があることは書きましたが、更にそこにSO2無添加が加わるのが最近の傾向なんだそうで。
それは、大手でも同じように無添加をやってたりすることからもわかります。

IMG_20160213_102355.jpg
ジョーダン・カメレオン・ノ-・アディド・サルファー・メルロ2013
これはまさにそんな感じ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(個人的に+♥)
ラベルのコミカルさめっちょ良いんじゃないですかネ
すごーくラフ。瓶の色も緑にしちゃうぐらいラフ。それが、いい。
IMG_20160213_102403.jpg
裏はしかしながらキッチリめです。わかりやすい英語ですネ。

造り手は以前紹介したジョーダン(南アフリカ)です
今回のバージョンは、なんと酸化防止剤無添加版。ノー・アディド・サルファーがそういう意味ネ。
カメレオンなのも、希少カメレオンの保護調査への寄付金にこのワインの一部があてられる所謂ボランティアワインであるためです。
そう聞くとボランティアって看板つけて質の悪いブドウを無添加にしちゃってるから苦味が強くて臭みが激しいイメージ、出ちゃいません?
ところが・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
ピュアい!これ正統派のキュートメルロだ!!
いわゆる自然派的なニュアンスもあるにはあるんですが、それ以上に果実の強さとメルロらしい口当たりがい~感じなんです。
刺がないメルロの正統派とすら思います。

色はクリアなレッド。紫度は多少あるかな程度。
香りにカシスやプラムといった紫の果実感、これが物凄くしぼりたてジュース的で、酸甘しっかりとあり。
あんまりカカオ感やスパイス要素はなく(わずかには存在)、フレッシュ系なスタイルなのだなぁと香りでは思わせます。
しかしながら、味わいは意外と強い果実感がパンチを効かせています。
上述した紫の果実にアセロラなどの赤果実が少しミックス。そのクセ、舌触りそのものはシルキーで水っぽくなくまたはザラツカず、まったりとしています。
そうした口当たりも相成って、果実感がジュースで終わらずにマイルドなお酒らしい要点を持っている。
あと、果実のティストそのものがかなり濃く重たく感じやすい要素なのもポイントかな。
この果実が前面にクッキリ出てるのに、飲み飽きやチープさを感じさせない仕上がりは自然派大合格って感じでしょう。
それでいて、苦味や臭みはなく、多少のタニックさも持ちつつ、果実を全面に感じさせたままフィニッシュします。
ピュアでキュートさが強いキャラクターって近年アニメでもあんまり思いつかない清純さ。
なんだろ、実は私は殆ど見てなかったりするんですが、プリキュアとかこんな感じのアニメだと聞く。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
カメレオン君の為にも買ってあげて良い値段
このワイン、そんなに流通してないっぽいのですが1700円で良質なピュアタイプメルロが楽しめる訳。
タイプ的にはオーストラリアのルーシー・マルゴーのメルロに近いように思う・・・・・・で、1700円ぐらいって安すぎないっス?
あくまでもテーブルワインなキャラクターなんですけれども、そのうえでは文句なしに「飲みやすく」「料理に合わせやすく」「気づかれせずに」「飽きずに飲める」と満点っぽい感じを本当にやってる
(こういう宣伝文句だとただ果実感が薄くて弱いだけの軟弱マンばっかりなのですよネ)
全体にハッピネスなお酒。

というわけで、ジョーダンよりカメレオンシリーズのメルロでした。
この後もいくつか南アフリカでの自然派にスポットを当てていく予定の当ブログですが、その中では自然派っぽさは遥かに低いのは今回のワインです。
が、飲みやすくてフレンドリーであるという点では、このワインはそれらよりもウケる気はしてたり。
自然派メルロにチャレンジ、という意味でもオススメの一本になってます。ぶっちゃけこのワイナリで呑んだ中でベスト

2000円アンダーの良いワインって意味では間違いなく。

最新作が「魔法使いプリキュア」・・・って、元々から肉弾戦する魔法使いみたいなのではなかったでしたっけ?
関連記事

| 南アフリカ | 13:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/928-0fdf3f2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT