オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダウングレードすると、あの絶品ワインはどうなるのか? グレネリー・グラスセレクション・カベルネ2012

うぇるかむ!
南アフリカのワインでガツガツ更新してる当ブログ。先日も試飲会で聞いたことを書き殴ってみましたが、今日はもうこんな時間なのもあって、それとは関係ないワインでひとつ(その会ではしっかり1からまとめる必要のあるワインが多かったので)

20160215221720e36.jpg
グレネリー・グラスコレクション・カベルネ2012
当ブログだとワイナリはおなじみでしょうか?

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
当ブログでは、グレネリー・グランヴァンに対して卓越したデイリーワインとして評価してきています。
端的に言うと今回のワインは同グレネリーの低価格のシリーズです。
ラベルの雰囲気だけだったら、もしかして「サイと少女」という謎すぎるラベルよりもこっちのが高級に感じられるかしら?
201602152222150cb.jpg
マダムの文字と
20160215222236478.jpg
相変わらずキレのいいマスダの紹介文!

グレネリーでは、このグラスコレクションと言われるもので幾つかワインを作っており、それらは「100%モノ」となっています。
(上述リンクのグランヴァンはカベルネとシラーを混ぜたエルミタぜスタイルです)
なので、私としてはグレネリーの特徴を個別に探求する上でも呑みたかった一品でした。
さて、その出来栄えといいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
なるほど、グランヴァンのブレンドセンスは正しかったのか・・・
悪くないものの、良すぎるってこともないぐらいの割りとビミョーな立ち位置のワインでありました。
ダウングレードの結果、ちゃんとダウングレードしちゃってます。結構、グランヴァンとは差がありますし、グランヴァンの側の個性にシラーが(特に特徴的に美味しいケモノ要素に)大きく関わっていた事がわかったのでした。
やっぱり、カベルネとシラーのブレンドって美味しいよネ?

色は赤紫で、判別がちょっとむずかしいですが、どちらかというと赤さが多めかな。
香りに土臭さはそこそこに、カシスの印象は強め。ただ、青さはあまりありません。
全体に香りからしてシンプル。グランヴァンの方にあったケモノっぽさは無理やり感じられなくもないかな?という程度にどこか湿った土とワイン専門家が書いたりするような要素は感じます。
結構いぶし銀な香り。
味わいも同様で、華やかでなく、また青さや甘さが控えめの硬派カベルネです。
カシスを主体とした紫果実の要素が大きくあって、甘味渋み苦味のどれもがそうした果実感がまずベースにあります。
多少のタバコなどのスモーキーさとスパイス感はあり。
コーヒー感を出しつつ、後腐れなく中庸めな長さでフィニッシュ。バニラ感などはありませんが、果実度はしっかりと感じさせてくれてあっさりとコッテリの中間をいく具合はなかなか。
しかしながら、複雑さといえばすっぽりと「シラーとかを混ぜていた部分が抜けてしまった」といったところで、それが単純に物足りなさになっているんですよネ。
や、これはグランヴァン側を呑んだうえであり、その個性が苦手な場合は逆にこっちの方が良い可能性もあるのですが・・・・・・
そうしたわけで、私にはどーしても「単純にマイナスになっている」気がするんですよネ。
これはむしろ、グランヴァンを飲んでいない人の方が公正な評価が出せる気がしているぐらいです。
ケモノ感が結構下がっていて、厚みが減った結果、飲みやすさはあがったものの個性が目減りしている
曖昧、といえなくもない。悪くないのだけれども、優れた部分がも少し欲しい。
アニメとかゲームとかの場合、結構致命的なんですよね。そのキャラクターたる部分が減少している訳ですから。
ケモミミキャラの猫みたいな耳が無くなったら、同じ中身でも魅力かなり減少ですよね?そういうタッチ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(このワイナリであることを考えなければ+♥?)
買える人は出来ればグランヴァン版を買って欲しい

グランヴァン版の個性がよっぽど嫌いでもなければ、グランヴァン側を買ってください。
値段もこっちの方が俄然安いのですが、しかしながら味わいの差に関しては単純に「物足りない」と思ってしまいます。
そういう比較をしなければ、充分秀逸なのですが・・・・・・別の南アフリカワインでも代用が利く範囲なんですよネ。
あくまでもデイリーワインの仕上がりであり、その意味ではケース買い向けなカベルネだろうと思います。
1500円前後という価格帯の中では、やはり一歩本格さにおいては抜きに出てはいるかなぁ。
外したくないタイミングでは、有益なデイリーワインとなることは間違いがないですし、1500円程度としては充分な実力者。

というわけで、グレネリー・グラス・コレクションよりカベルネでした。
評価に悩まされたワインで、これ同価格帯では充分にお買い得なんだけど「他の南アフリカワイン」や「同じワイナリの品物」に比べると劣るというか他でもいいかなぁという立ち位置なんですネ。
すっごーく惜しい部分があると言いますか、ちょっとした抜けが大きくイメージを変えているというか。
すっぴんになったら、化粧してる時より地味になりすぎた感じというのが喩えとして近いかな(アニメ的にわかりづらいんですけど)

価格帯としてはお買い得な部類


出来ればこっち買ってほしいかな

関連記事

| 南アフリカ | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/922-e9b7a9d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT