オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

絶妙にレアアイテム テ・マニア・シャルドネ・リザーブ

うぇるかむ!
来週月曜日までなかなか時間が取れないかな~と思ってたのですが・・・
流石にそれはまずい
と思いましたので、取り急ぎ更新を。

今回はニュージーのシャルドネなのですが、絶妙にレアアイテム?みたいなのです。

temania.jpg

テ・マニアの「リザーブ シャルドネ」です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥
ラベルは比較的地味な鶏ガラ。ラベル買いはあんまりされないのではないかなー。
かく言う私も今ひとつ覚えていないのですが所持していました(謎
ワイナリーであるテ・マニア自体は、ニュージーランドのネルソン地区。
まず、ここがじ~みぃ~にレアで、ニュージーランドといえば「ホークスベイ地区」「マールボロ地区」が主流。
マールボロのびみょーに隣で、インポーターによると30社ぐらいワイナリーがない地区だとか。
へぇ、と思って調べてみたら比較的価格帯の安いワインが多い所謂安旨地区のワインです(オールドコーチっていう安旨雑誌御用達なワインとかありました)。
で、ここからが本題的なレアさ。
ご検索いただくとわかるんですが、日本取り扱いのインポーターに今回の品が現在無い模様。
「シャルドネ」はあるんですが、その一個上である今回の「リザーブ シャルドネ」は見当たらないのです。
でも、このインポーターで買ったらしい裏書きにはなっています……期間限定とか数量限定入荷なのかしらん?
なお、現地価格では通常版の1.5倍程度の値段のようで。じ、じみ~

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
色は結構濃い目に黄色く、香りからもバターのニュアンスが強めに出ておりタルっこい印象を予測させます。
味わいもポッテリとした乳系の味わいが主体になって、そこからほんのりバナナ感やトロピカルフルーツがのってきます。
ほんのりと青臭さがあり、少しクリアな印象があるのがニュージーランドっぽさでしょうか。
タルの強めの価格帯の安いシャルドネタイプですが、押しが強すぎたり果実感が豪快盛り付けって感じでもないかな。
典型的なパターンよりは、ちょっとシュンとしてておとなしい子って感じ。
そういう意味では高級感のあるともいえましょう。
しっかりとしたタイプのシャルドネ、としてバランスは整っています。
なんていうか、漫画的にいうと「サバイバル系漫画でちゃっかり生き残るクラスの地味扱いされてた子」みたいな?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(3000円以下ならば)
なにせ現行の日本価格がわからないアイテムなのですが、通常品が2200円程のようなので、その上で考えれば。
おっそろしく地味~に美味しいシャルドネで、意外と中堅価格になりやすいニュージーの「らしい」価格帯を通常タイプがどれもしているので、まぁ3000円台かなぁと。
そのぐらいで見かけたら、ちょっと選択してみてもいいかとは思います。

地味~なタイプ、ということで紹介いたしましたが、地味さがまた良いのです。
というか、ここまで樽チックな価格帯低めシャルドネでここまでシックに作られている、というべきかも。
通常版はどうかちょっとわからないですが、この季節の家呑みに見かけたらサッと買うのはなかなか感ありますよ~

関連記事

| ニュージーランド | 03:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/92-dd239958

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT