オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界最古のシャンパーニュ・メゾン。透明ボトルのクリアな味わい ルイナール・ブラン・ド・ブランnv

うぇるかむ!
アメリカ続きでここ数日やってました当ブログ、これからしばらくは泡・・・つまりスパークリングワインで行こうかと思います。
で、そんな感じで集中的に更新しようと決めたキッカケはこんなワインだったり。

2016-01-16 19-57-23-673
ルイナール・ブラン・ド・ブランNV
シャンパーニュファンなら常識の域のワイナリですナ。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥(箱とボトルまで見るなら+♥)
少し変わった形状のクリアなボトル、ルイナールの特徴的なもののひとつであり「敢えてクリアにすることでこのワインの美しさを見せたい」というこだわりボトルです。
2016-01-16 19-57-38-371
ほんと透明なボトルに入ってます。熟成とか考えてはいない?

創業が1792年とされ、ドン・ペリニョンの元ネタたるドンペリ僧侶と知り合いのドン・ティエリー・ルイナール氏が
「あ、泡ワインめっちゃ宮廷で呑まれてるじゃーん!」
と、(そこそこに貪欲に)立ち上げを決め、その甥であるニコライ君に作らせたのがメゾン・ルイナール。
どこのサイトを見ても「クレイルと呼ばれる石切り場のふるーいセラーで神秘的に醸造されている」とか「シャルドネの芸術」とか「フランスエリゼ宮廷の御用達」といった文句がならぶ名門です。
現在はヴーヴ・クリコの元監修者によるボトリング。
ドン・ペリニョン以上に原点的(最古を自称してるし)なんですが、元祖主義なところがある日本であるにも関わらずドンペリに比べると知名度が低めではありますよネ。
実際問題、そんなにその個性や価値を評論家勢が口にしてる様子もなく。ついでにこれフラッグシップでもありませんし・・・
と、思いつつもやはり一度は呑んでおかねばとも思い注文したのでした。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
バランス型の泡かなーと。
良くも悪くもタフめでちゃんと作ってある感の高い泡かな。
全体にそれなりに力強さもあって強みはあるんじゃないかと。

色は黄緑系で泡立ちはかなり強め。
香りにイースト感、つまりパンっぽい匂いが多めにあって、それにドライチョコとしし唐辛子が少々。
そこにグレープフルーツ果実などものっかります。
結構、香りからは辛口な印象が多いかなぁ。
味わいはそれでいて、果実感はちゃんと強く柑橘系のタッチは豊か。
チョコ要素よりも果実感の方が多めであり、泡の強さもそこそこにバランスが良く点在しているイメージ。
そこそこの乳度があり、口当たりになめらかで飲みやすい。
超個性的!とかではないんですが、トータルでバランス良く呑ませてくれる方かな。
欠点らしい欠点とかを感じさせない、または「この部分は素敵だけど何か足りない」といったような行き過ぎも不足もなく。
スタンダードなシャンパーニュと言ってふさわしいぐらい。流石原点?
その分、ドライめなシャンパーニュとして個性的ではなく本当にふっつーにヒロインしていると言いますか・・・・・・
メインヒロインだけど、他にキャラ食われちゃってるイメージはあるかな。全体になかなか!と思わせてくれますが、熱狂的にファンになりづらい気がする。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥(プレゼントになら+♥)
値段までとてつもなく普通
うん、シャンパーニュ値段だネ!
って感じの7000円前後。ここまで普通だと驚くほど普通。何この普通さってぐらい普通。
モエ・シャンドンとかロデレールの安価モデルが5000円前後で、それらよりは確かに上位に位置した味わいしてます。
とはいえ、そこまでお買い得!にもならないという(むしろモエのアンペリアルと同じ値段で買えたらみんなこっちにするよネ)。
シャンパーニュのブラン・ド・ブランの基準値としておいておくには最適かも・・・?
多少地味ながら、箱もありますし元祖シャンパーニュであることを伝えればプレゼントとしては充分。
あ、一応箱のっけておきましょう。
2016-01-16 19-56-43-474
ボトルの形にこだわりを感じる表面。

2016-01-16 19-57-07-168
日本のワイナリも顔負けの自己紹介。なげぇ!これ明らかにドメーヌ・ソガより長い!!

2016-01-16 19-58-11-281
ここにこのクリアで特徴的なボトルが入ってるワケです。

どっちかというとプレゼント向けシャンパーニュだとは思うのですが、上述の通り全てにおいて平均的ともいえる味わいなので、シャンパーニュらしさを感じる意味での試飲は結構アリだと思います。
すぐ呑めるシャンパーニュNVとしては実力ありますし。

というわけで、ルイナールのNVでした。
どっちかというと「良い方」に位置し、そして「良い悪い普通の3つなら普通」な一品。
それぐらい、ど真ん中のシャンパーニュだと感じたかな。
総合的な味わいのバランスまで、らしいといいますか・・・・・・体験という意味では、有意義な気がします。

一番の使い方はプレゼント。

一時期は「普通のアイドル」と言われてたけど、すっかりアニメヒロインとして貫禄が出たヘゴちん

よりは、私はこっちのイメージ。
関連記事

| フランス | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/905-d3933edb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT