オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モンテレーナ一挙試飲!その丁寧な造りと「ボルドーライク」なギミック~赤編~

うぇるかむ!
昨日のモンテレーナ特集に引き続き、今度は赤です!

概要諸々は省略しつつ(っていうか前回みてネ)、早速本題にはいりますよー。

香り・味わい(最大10pt)
ジンファンデル:♥♥♥♥♥♥(ジンファンデル好きなら+♥)
カベルネ:♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
エステートカベルネ11:♥♥♥♥♥♥(今から呑むには)
エステートカベルネ06:♥♥♥♥♥♥♥♥♥
どれも基本に忠実な印象
端整な印象で、どれも濃いタッチではなかったりします。
また、どれもナパワインとしては薄めの仕上がりになっていて、良くも悪くも整いが良いです。
ただ、エステート版の2011だけはちょっと、うーむ。率直に言って近年呑んだ中でも価格考えるとイマイチ今は盛り上がれないかな(ただ熟成するんだろうなーとは過去の経験から思いはします)

ジンファンデル・ナパ2012
2016-01-16 17-32-34-144
2016-01-16 17-32-44-563
裏が手ブレ酷いのごめんして!
色はクリアなレッド。あんまり紫してません。
香りにかなり強くオークとヨードチンキのタッチがあり、ちょっとうがい薬っぽさが多い辺りがものすごーくジンファンデルしてます。
果実感のあとに乗っかる要素が、総じてジンファンデル感。
味わいも直球といった感じで、重たさがありつつ甘さでぐいぐいひっぱってきます。
紫と赤果実のジャムのミックス(果実感は明瞭でなく、まさにミックス)。
どこかグルナッシュにも似た方向性があるタイプのジンファンデルであり、濃いのに曖昧な印象があるスタイル。
香りの端々に見られる要点が味わいにも入っているので、全体にどこか薬っぽい甘さがあるように思います。
そして、私、こういうジンファンデルのタッチがあんまり好きでないのです^^;
(グルナッシュは好きなのにネー。不思議)
なので評価がふるいませんが、かなーりジンファンデルやってると思うので好きな人は多分好きなのだろうと察します。

このタイプにどこかチャイナな感覚を覚えもしますが、ちょっとムッチリしすぎというか薬膳感があるというか・・・・・・

ナパカベ2012
2016-01-16 17-32-00-866
2016-01-16 17-32-13-685
更に写真がブレててごめんネ!
これは自社畑の他に複数の買い付け畑が含まれているバージョンですね。とはいえ、ビックヴィンテージ。
色はレッド系でカラーはクリアで濁りもあんまりありません。香りにそこそこにカシス&ミルクな印象が多いのですが、濃くはなく赤果実の印象の方が強いかなと。
ナパワインの場合、このカシスとミルキーなタッチというのが非常に濃いパターンが多いのですが、このワイン、思いの外そうでもない。
そこがある種特徴であり、それを本格とみるかナパなのに期待と違うと見るかで評価が分かれそうです。
味わいも基本はナパカベ。やっぱりメイド。なんですが、シンプルな仕上がりで濃いスタイルとまでは言えない感じ。
この辺りのバランス感覚が、ジンファンデル同様「本格」なのか「ナパらしさに欠ける」のかがちょっとむずかしいかもしれません。
2012年のワインにしてこの「意外と濃くないなー」という印象をあたえるあたりは、バレット家の指向性を感じさせるかもしれませんネ。
ヘタな本家フランスよりも、フランスらしい仕上がりすら感じかねない、そのぐらいに抑えて作っているように思います。


あんまり「このキャラ!」って思うようなところはなく、しかしながらロングドレスなメイドスタイルを思わせる仕上がり。
それが2012年という、必然としてどこも濃く出来ガチなヴィンテージでそうなっている辺りがこのワイナリらしさなのかもしれません。

エステート・ナパ2011
2016-01-16 17-31-29-397
2016-01-16 17-31-40-294
上に金色で「モンテリーナエステート」って書いてあるのが単一にしてフラッグシップなモンテリーナです。
ほんと判断が微妙につきづらいな!
色はクリムゾンレッドでそこそこに紫感あり。
香りにどこか赤果実が多めに感じられ、同時にカベルネ系に見られる青さが目立ちます。
っていうか、この香りの段階が非常に良くなくてですね・・・・・・全体に大人しいのに青さが割りと目立つんです。
これがバッドヴィンテージならではなのか、若いこのワインの特徴なのか・・・・・・
さておき。
味わいもバランスが悪くてちょっとガチャガチャしてます。
紫果実の印象もカシスなのかプルーンなのか、みたいなハッキリしなさ(それは変化が多いというワケでなく、単純に定まりが悪い)タッチで、更にカベルネ系の青さが悪目立ちしてしまい、果実とのバランスがハッキリしません。
妙な臭みに青さがなっていて完璧にマイナス。
余韻の長さはそこそこですが、同時に青さが多くのこるのがイマイチ。
全体に成熟感が無いカベルネという感じ。安いフランスのカベルネに若干違いアフターのタッチはいただけません。
とはいえ、果実そのものの良さは時間がたつと感じられて、ポテンシャルはある気がするんですよ。
なんというか、「この試飲会中は間違いなく不味かった」んですが、はたしてそれがこのワインの本来の姿かと問われるとそうではないと思う。
勿論、安ワインとは一戦をがすクオリティ。その中でおいて、バランスがちぐはぐ。
【中古】To Heart 6/川澄綾子DVD/OVA

【中古】To Heart 6/川澄綾子DVD/OVA
価格:12,180円(税込、送料別)


ドジっ子メイドが許されるのはアニメだけだゾ!

エステート2006
2016-01-16 17-30-56-139
上述の2011と違ってうってかわって良質だった06。
年号違いによる格差をここまで感じさせるのもあんまりない気がします。
色はクリムゾンレッドで、2011より多少赤さが増えています。
香りに果実のボリュームがこっちの方が多いのがヴィンテージを感じる。
カシスやアセロラなどの果実要素各位が2011よりも強いのです。
ボリュームが確実に2011より大きい。
インパクトのあるカシスの強さが出た味わいで、バニラも整え程度にあるが、果実のバランスが多い。
ハーヴ感なども心地よく長めのアフターにあって、シックに仕上がっています。
間延びしないセンスの良さがこの辺りには見えます。ほんと、2011と比べたらかわいそうなぐらい差がある。
(逆にそのために2011を将来性があると感じるところもありますが)
ナパっぽさも出しつつ、どこかボルドーによった造りなのは特徴的であり、またカベソーの「カシスとバニラ、その妙」をちゃんと作っています。
派手でないどこかクラシカルと思わせるような酸味やちょっとした毛皮感などはチリワインとも近いかもしれませんネ(それらよりは整いがいい)
Fate/hollow ataraxiaセイバー メイドVer.R

Fate/hollow ataraxiaセイバー メイドVer.R
価格:7,800円(税込、送料別)


本人はそんなにメイドしたいワケでもなさそーな気がする、もっと気品が欲しいんだろうなぁと思う所がある。
とはいえ、そこはナパって具合。

コストパフォーマンス(最大5pt)
どれも♥♥♥
やっぱりどれも、有名税っぽさはあるかなー・・・
いずれも味わいそのものは見どころもありますし、なんだかんだ(2011以外は)まとまりがありまた品種の特徴と言われている基準に忠実でその一歩上の感覚を持ってはいます。
なのですが、どれも5000円超えてくるので、そのうえだとちょっと地味な真面目さんという印象があります。
総じて値段相応。基準値どんぴしゃど真ん中なのでお得感が薄いってタイプかなー。
漫画だと、真面目すぎるインテリメガネを彷彿とさせ、こう、覚醒前みたいな?これわかる人わかると思うんだけど・・・・・・なんか、そんな堅物さがちゃんと出ているワイン群。
なので、ナパの白や赤を知る意味では、非常に参考になると思います。
プレゼントとしてはカリフォルニアでは超有名ワイナリですから、いずれにしても喜ばれやすいとは思います。
このワインをスタートに、色々と派生してナパを呑むのもありかもしれません。それぐらいワインとしてスタンダード。
同時に、熟成が多少なりあってもいいかなという造りなので、セラー管理者向けです。

というわけで、モンテリーナ各種紹介しましたー!
疲れたーーーーーー!!
全体に総じておとなしさが特徴かな。なので、インポーターさんも「米国よりフランスっぽいでしょ?」というのをゴリ押しして紹介していたような感じがありましたネ。
個人的にはここまでおとなしくなくてもいいかなぁって思うんですけど、しかしながらそれだけ作り込みがされているのも事実。
評価に難しいワイナリって印象がとても強いのでした。

全体に安くはないけど、高すぎもしないような。バレット家だとかパリティスティングだとかにどれだけ魅力を感じるか、かもしれません。
(2006は流石にネット上にはなかったッス)



関連記事

| アメリカ | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/902-fbee0d82

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT