オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昇格も納得な、サン・テミリオンの秀逸な文学少女系ワイン!格安版が知られすぎているが、本命もなかなか・・・・・・ シャトー・フォジェール(フォージェール)2002

うぇるかむ!
昨日はボルドーの古め(成人式合わせ)でありましたが、せっかくなので最近呑んだボルドー古酒まとめておこうかなぁと思いまして。

GYjhY.jpg
シャトー・フォジェール2002
実はこのワインに関しては当ブログ初登場だったりします。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥(個人的には+♥)
このワイナリの格安版に関してははるか前にやってますネ。
っていうか、当ブログ更新3回目がカプ・ド・フォジェールだったみたい。なっつかしー。昔はカプ・ド・フォジェールはしょっちゅう呑んでたしメルロかなり好きでしたねぇ・・・・・・

さておき。今回のものは場所も違ってサンテミリオンであります。
このワイナリ、この頃はまだギゼ家という方々の所有で、彼等ファミリーの尽力によってパーカーたんをして「お買い得な右岸ワイナリ!」と言わしめるに至っていたのです。05年に売却されてからも評価が実は変わっていない(むしろあがってる?)のではありますが、ギゼ家時代の終盤戦が今回の02年かな。
2012年にはサンテミリオン格付けGCCも得ており、そこそこに人気があることは見て取れます。
このギゼ家時代の中頃からミッシェル・ロランとかがプロデュースもしてる右岸となってまして、現在の礎は築いているのではないかと。
この02も「賢い消費者はコレ呑んでおくんやで!」とpp89点ながら、お買い得ワイナリとして推奨してたり。
格安目に右岸ワインが楽しめる、としてカプ・ド・フォジェールのほうが知名度があがっている(値段もあがっている)のですが、こちらのほうが本筋。
しかも02年というギリギリで熟成ワインといえるところ。さて、その実力や如何に?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
まとまりがとっても良い
すごーくつつましやかなワインとなっています。とてもおとなしい。私的にあんまり好きでもない「沈むタイプ」のワインでもあるんですが、しかしこれだけのまとまりがあるのは脅威でしたネ。

jyaEm.jpg
色は透けないクリムゾンレッド。
香りにカシスっぽさが多めにありつつも、熟した印象のダシ感やベーコンのニュアンス。
この辺りはクラシカルだけど、メルロ主体っぽいかなぁと。青臭さとかは出てないのです。
味わいも全体にほんのりと熟した印象で、まろやかさがかなり活きています。
口当たりが丸っこく、スパイス要素がほのかにききつつ、アフターにバラ感なども含んでゆったりとフィニッシュ。
綺麗な熟成だったかな。
強すぎない、まとまりのある質感で、果実要素や花感そのものは控えめですが、同時に刺もなく。
とってつもなく落ち着いているワインであるのですが、嫌味とかは言わない。
要素の一個一個が控えつつも熱意も持っているといいましょうか・・・・・・ちょっと評価しにくいワインではあるんです。
また、かなり落ち着きのあるワインであり、華やかでもなく派手さには欠けます。
が、その静かさがとっても良い。私がこのタイプのワインで良いなと思うのは珍しかったり。静かだけど、それが弱さでないのです。
黒髪ショートな文学系キャラって感じがここからは発せられます。勿論、場所は図書館で!

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥以上?(コストがイマイチわからない)
古酒だから安定した味わいではありませんから、私が呑んだ感覚通りにはほぼいかないでしょう。
しかも、ネット上ではなんとこのワイン

こんな価格だった頃しか見当たらず・・・・・・今だったら3倍くらいかな?大体がして、今のカプ・ド・フォジェールがこんな値段ですから

とはいえ、古酒でもそんなには値段はしないのでしょう。
その上であれば、非常にお買い得!
見つけたらとりあえず確保しておいても、ダメージになる確率が低いように思います。1万円以下のボルドー、としてもなかなかに良いのではないかと。
カプ・ド・フォジェールのほうが出まわりが多く、ワイン通であれば概ね知っているようなワインなものの、案外とこのサン・テミリオンの本筋は見かけなかったりもするので、ワイン通相手にも敢えてこれを提供するのはいいかもと思います。
gcc昇格するだけの実力は、私はあるとこの02年からは感じたなぁ。

というわけで、フォジェールの02でした。
個人的に、実は当ブログ読者の想像以上に思い出深いのがカプ・ド・フォジェールなんですヨ。ワイン呑みたての頃は2000円のカプを買うのにも躊躇したしドキドキしたものです。
そんな初心にまた立ち戻らせてくれたようなワインだったと思います。

所詮はGCCって事なのか、近年ヴィンテージもまぁこの程度に収まってはいます

ちょっと個人的にイメージとも違うんだけど、外観的にはこういう感じ?っていうか改めてルーシー・マルゴーのルッチメルローはホンマルーシーちゃんパクリ同然だったよネ・・・(突然のルーシー・マルゴー話
関連記事

| フランス | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/891-5a42b3d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT