オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

テーブル価格ビエンナシッドの赤はどうなの? ヴィラ・マウント・エデン・ピノ・グランドリザーヴ・ビエンナシッドヴィンヤード2008

うぇるかむ!
明日はランキング発表!てなわけで、今日は久々にサクッとしたのを。

2015-12-28 21-13-14-514
ヴィラ・マウント・エデン・ピノ・グランドリザーヴ・ビエンナシッドヴィンヤード2008
覚えている方は、当ブログ良くみてらっしゃると思います。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(畑的には+♥♥)
と、いうわけで、ほぼ一ヶ月前にこのシャルドネ版をご紹介してますので詳しくは割愛。
2015-12-28 21-13-24-519
シャルドネ版とほぼ同条件といえるだろうピノです。
白が美味しかったら赤も買おう!と思ってまして、その結果赤も買っちゃったって次第。
さて、赤は如何程?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(呑み頃でなかったかも)
白ほどではないけど、赤もまぁまぁかな・・・・・・
悪くないというより結構いい感じにカリピノしてます。それも濃厚押せ押せだけではないムードもちゃんと持っている。
しかしながら、白ほどではないかなーという。まぁ、元々シャルドネが特に人気なワイナリですし。

色は少しくすんでも見えるレッドでこれから熟成といった感じ。
香りにチェリー感は多く、同時にほんのりとシナモンカフェという佇まい。
この辺りの果実とどこかコーヒーに似たボリュームの出方はソノマ的でもなく、海系地域臭さの方が強いかな(そんなにビエンナシッドは海近くでもないのですが)
味わいはトロピカルな印象も見えるぐらいで、タニックさを初めから感じさせつつまろやかな口当たりとチェリー果実のジャミーさで勝負してくるスタンス。
全体の要素そのものはかなり濃くて、ブラックとかアメリカーンなチェリーって印象・・・・・・のところに突然ミルクがドヴァーっとかかkる感じ。
バランス感覚は実はあんまりとれてないと思います。惜しい感じがちょっとしてて、少し中抜けがします。
なんだかちょっと開けるタイミングしくじったかな?というところで、ミルキーさが妙に目立って感じられちゃうという。
深くつきあってくると梅っぽさといった熟成の部分もあるのですが、樽の効果の方が多く出ている状態。
以前同ワイナリのシャルドネは「パワフルな魔法少女キャラ」としましたが、これも傾向はそれなんですが、必殺技を見事にかわされてるような状態かな。
ポテンシャルはあると思うのだけど・・・・・・

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
シャルドネよりも1000円近く高くなってしまうので、そんなに安い!って感じもなく、今の状態ならば価格帯らしいピノで収まっているかなぁという感じです。
市場ではシャルドネの方が安くしかも見かけるので(っていうかピノはネット上では見かけなくなったので)このワイナリを試すなら白の方がグッドでしょう。
とはいえ、タイミングとかの問題が結構あったように思うので、色々お試し出来るだけの環境がある方は見かけたら手に入れてみてあげてくださいまし。

というわけで、ヴィラ・マウントの08ピノでした。
ビエンナシッドの魅力、といいますか実力は感じさせもするのにどっか惜しいなぁって気分にさせられるワインでした。
一定以上はいってるのに、残念さがあるといいますか。白っぽい造りを赤にもやってるのかなコレ?と思う部分もあったり。
造り手の得意不得意ってあるのかなぁとか。

意外な程売っていない

ところどころ完成度びみょーな感じな
関連記事

| アメリカ | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/876-3a8bd715

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT