オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ホワイトハウス国賓定番泡の、オールドヴィンテージ!そのパワフルな実力 シュラムスバーグ・ブラン・ド・ブラン1987

うぇるかむ!
先日呑んだワイン、スタートは泡からにしようかと思いまして(実はサーヴ順は3番目のワインなのですが)

lu3tz.jpg
シュラムスバーグ・ブラン・ド・ブラン・ノースコースト1987
アメリカ最強泡の名を不動として抑え続けている泡、の古酒!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ラベルそのものはアメリカ系の文字列配置といえるでしょうか。
どっちかというとラフすぎるぐらいかな。裏のインポーターとかのは剥がしてありましてありませんでした。
wMZIk.jpg
暗くてみずらいけど、この通り87年です。微妙に現在のモノとはラベルデザインが違うんですよね。

造り手はデイヴィーズ夫妻。ジャック&ジェイミーという二人は当時廃墟となっていたワイナリーを購入。
それが「シュラムスバーグワイナリ」であり、その名前のまま使っています。どこかのルビコン云々とは大きく違いますネ。
彼らはナパにもまだ20個もワイナリがない1965年当時から
「シャンパーニュを超える・・・・・・ッ!」
と意気込んでおり、カーネロスを主軸としてシャンパーニュ製法のワインを作る訳です。
そんな彼らを説明するときに必ず出てくるのが1972年。ニクソン大統領と習近平国家主席との電撃的訪中時の乾杯にシュラムスバーグが使われてから、時のワインと化すのです。
ニクソン以降、いくつかアメリカ泡が国賓相手に晩餐会で使われている訳ですが、高確率でシュラムスバーグが出てくるんですよね。
そうした逸話から「ホワイトハウスの公式泡」として地位をもち、「語るのに一章が必要な無二の泡」「アメリカンスパークリング最強」などなど評価されまくっている訳。
(調べるとスペクテイターとかの評価はむしろ低いのですが・・・)
さておき、今回は87年版。
つまり夫妻が亡くなり息子が引き継いぐより10年は前であり、現在のフラッグシップであるジェイ・シュラムズ版が出来た年でもあるんですね。
私は元々っからアメリカ泡派・・・・・・とはいえそもそも泡の経験が少なくシュラムスバーグも今回が恥ずかしながら初めて。
さて、そのお味は如何に?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
珍しくおかわりいただきました
泡は基本的にサクッと呑み、一杯で終わらせる派の私なんですが、これはソムリエに注いでもらっちゃいました。
泡はすぐ酔っちゃう質なので、ワイン会の場合控えたいんだけど我慢出来ませんでしたネ。

色は少しだけ茶が入ったゴールド。照明もあってちょっと全体に暗かったのかも?
香りに麦っぽさが少しでつつ、チョコ要素ビターさはしっかりと。
多分若い頃はトーストっぽさが多かったんだろうなとは思います(麦っぽさは多分転じて発生してると思う)。
また、果実要素もグレープフルーツ感が多くあり。杏もあったかも。
味わいはそうした苦味と果実の質感、チョコ系の苦味のまとまりが良くリッチな仕上がりとなっています。
贅沢系の味わいで、少しベーコン系の肉々しい印象もありオールド泡の部分は多く。
とはいえ、泡立ちが細かく新鮮なぐらいなのは驚くべきポイントだったと思います。
しかもお店側の配慮でスタンダードグラスでの提供だったので、それでもこれだけ泡の感覚が見えるのは特筆点。
丁寧な作りの泡ということでしょう。
キャラメル的な苦味と果実のジューシーな溶け合い方が絶妙で、まさに豪勢なパーティーを思わせるでしょう。
ハリウッドのレッドカーペットとかを想像するとわかりやすいかな?フラッシュがバシャバシャしてるなかドリッチな服装で歩いて行くアレね。
セレブレティなイメージが強すぎて、あんまりアニメキャラっぽい印象はわかない(そういうキャラクターが日本アニメには割りと少ない)タイプかもしれません。強いていうなら、FATEのギルガメ様?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥(今の値段であれば)
熟成泡という貴重品なので、ハッキリ言ってコスパというジャンルくくりを用いることそのものがナンセンス極まりないんですが、でもまぁうちはそういうサイトだからナ!
さて。
その上でもコスパを最大と賞賛するのは、このワインの現行品の価格ならば6000円いかないという事実。
ヴィンテージモノのこれだけのシャルドネ100%瓶内二次で逸話も多くあって6000円。そりゃ普通の神経ならコレを買う訳です。
熟成してもこれだけのパワーがあるので、新モノは(二代目が方向性を変えてなく、かつ品質が保たれていれば)相当なパワフル泡であることでしょう。
ラベルそのものは地味ですが、逸話性の多さ・・・・・・わかりやすい「ホワイトハウスで大統領がしょっちゅう使ってる」という・・・・・・があって万人向けプレゼント泡として同価格帯のシャンパーニュよりも概ね遥かに秀逸です。
まだ間に合うなら、クリスマス泡にもいいのでは。

というわけで、シュラムスバーグ1987でした。
ビターな質感を備えた年代物泡として貴重な経験になりました。やっぱりアメリカ泡はすごいなぁ。新モノも試したいモノですネ。

新モノは話題性十分なのに比較的いろんなショップで買えます。私も今度買うタイミングでカゴに入れよう。

コワモテェ!
ニクソン(DVD)

ニクソン(DVD)
価格:1,569円(税込、送料別)


関連記事

| アメリカ | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/869-6e1a7a3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT