オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三匹のうさぎさん! ニコラ・テスタール・シルーブル2012

うぇるかむ!
昨日の予告通り、ワイン会のガメイ各種をしばらく更新題材にしたいと思います。
が、さて何から更新したものか?弱りました。私にはグランブルー・ファンタジーのホモの国イベントでファフニールを手に入れる時間が必要なのです。ワインが10本も開いているのでどうやって更新しようか、が最大の焦点でした。
そこで、このワイン会のメインと言える人の一本だけ出たキュベを最初に更新しようかと。

zsuzi.jpg
ニコラ・テスタール・シルーブル2012
クリュ・ガメイといいますか村名ガメイですね。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥(個人的には+♥)
ここのうさぎラベルは本当可愛いと思う。
っていうか、ニコラ・テスタールって全般的にマルセル・ラピエール同様にラベルデザインがカルト的で最高です。
今回のラベルは基本シリーズのウサギさんなんですが、自分の家族3人を表した3匹というのが今回の図案。何はともあれかわいい。知らない館が描かれてるよりよっぽど魅力的ですって、本当。
SuEeg.jpg
裏はそれなりに普通。

造り手はニコラ・テスタール。
経歴の凄さがやたらとピックアップされる造り手さんで、なぜならギィルマールやジャイエ・ジルの元で修行し、アンリ・フレデリック・ロックやフィリップ・パカレ、フレデリック・コサールなどなどに仕えた人です。
このうち一人ぐらいはワインが好きだというなら知ってる造り手達が連続します。え、知らない?




少なくとも、この4件のワイナリに関わっていた人物な訳。
特にフレデリック・ロックに関しては00~05ぐらいはこの人が主体だったんでは?的な噂も。ヘタするとロマネ・コンティに関わってすらいる・・・・・・んですが、単独になるのは2008年からだったらしく、しかも2014年に急病でぶっ倒れたので2014ボージョレが最終作になる可能性すらあるんだとか。
そんなこんなで、自然派ワイン界隈では常識となっている巨匠の、クリュ・ボージョレです(ヌーボーではないハズ)
ムーラン・ナヴァンとは近い地区ですね。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥
骨太だ・・・
めちゃくちゃ骨太です。ガッツリしてます。イメージとしては、ボディ・ビルダーの女性だとかいっそ霊長類最強の吉田沙保里。
二次元で言えば、ムキムキ系女戦士という(ドラクエ3の女戦士とかな)スーパーニッチジャンル。

色はかなり濃く、紫の要素があります。
香りからして結構渋みが多く感じられ、果実感も紫よりです。
や、プルーンのジャムとかではないのですが、ブルーベリーとかよりでアセロラタッチはあんまりない訳で。
その実クリアな感覚もあり、ミルキーさなどとは無縁。故に果実感の濃度以上に骨太に感じます。
味わいもすごく力強く、紫果実を主体に香りよりは赤果実を感じますが全体にタニックで、アルコール度数や口当たり以上に味わいには濃さと渋さがあるような。
マスタードの豚肉と合わせた上で、この強さ!
ガメイというよりシラーとかカリニェナと言われた方が納得しちゃうような感触なんですよ。
渋さが紅茶系でもなく、果実そのものから来てて、しかもその果実が全体に苦味とかを晒している・・・・・・
んー、わかりづらいかもですが、これもまた自然派らしいと言いましょうか・・・・・・
明るいタイプの自然派ではなく、物を語らない印象。これツンツンって雰囲気でもない(あー、わかりづらくて申し訳ない!)
無骨で、多くを語らなすぎて正直わからなかった部分が多いワインだったのですが、芯の通り方とか結実した内容には納得のいくもので、正直好みのワインでは全くないんですけど、不思議と魅力を感じさせる品。

コストパフォーマンス(最大5PT)

そういう訳で、ちょっと私には可不可を決めかねる
これ、いいのか悪いのかってすごく曖昧なところに位置してると思うわけです。
どっちかというとお得な部類で4000円アンダーのガメイとして、チェックは是非して欲しい。
しかし、それが果たして上手いのか、または私の基準としては「3段階なら普通だし5段階なら4なのに、2段階なら下にギリギリ入れたい」という好みっぷりなので・・・・・・
ただ、自然派のルートとしては通っておいて損はない生産者の村名。
その意味ではお得と言えるのではと思っています。そして、同時にそもそもクリュ・ガメイがチヤホヤされるとも思わない。
あー、もう、どうしよう!という訳で今回は「?」です。

という訳で、ニコラ・テスタールのシルーブルでした。
今年何度か「どう評価するべきか悩む」ワインがありましたが、その中でも1、2を争う困難さです。
これ本当にさじ加減で良いとも悪いとも言えちゃうんですよ。しかも極端に振れてしまう。
摩訶不思議といいますか、自分の表現力不足を痛切に感じる次第ですOTL

意外と楽天では買えなくもない生産者だったり。このヴィンテージが買える。

こんなん目を覚ます前に病院送りや・・・
関連記事

| フランス | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/846-74fef4e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT