オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

超激似!?南アのジョーダンもやっぱりスター選手であった・・・ ジョーダン・カベルネソーヴィニヨン2011

うぇるかむ!
本日二度目の更新ッ!というわけで、ステレンボッシュ赤であります。
mr9mf.jpg
ジョーダン・ステレンボッシュ・カベルネ・ソーヴィニヨン2011
タイトルの意味がスグに解る人はカリカベマニアだと思います。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベル自体は一見ふっつーですかネ。特別何か書く事もないぐらいシンプルな畑とタイトルという構図です。
ytBNo.jpg
裏もおもいっきり普通。

なんですが、じみーに名前が名前なワケです。ジョーダンですよ、ジョーダン・・・

激似すぎる!
名前もまんまならば、ラベルの雰囲気もかなり似通っているわけです。
カリフォルニアのジョーダンといえば、レストランランキングの上位常連でシルバーオーク(これまた超有名)と並んで全米レストランで賞賛受けまくりのワイナリです。
もちろん、今回のワインとは、まったく関係なし!
ほんと、これがうっかり「ロートシルト」とかだったら即裁判レベルです。

造り手は上記ジョーダンと全く関係ないゲイリー&キャシーの「ジョーダンファミリー」です。
要するにまぁ、日本なら「小林さん」みたいなものなワケで。たまたまカリフォルニアにもっと有名な「小林さん」がいたという話で・・・・・・いや、でももうちょっとラベルとかその、ネ?
さておき。先代がアパルトヘイトより前からブドウ栽培をやっていて、今の夫妻によってワイナリとして本格化したという南アらしい流れを組んだワイナリです。
実はシャルドネの方が人気が高く、白に関してはミシュラン三ツ星のゴードン・ラムゼイやらル・ポン・ド・ラ・トゥールにオンリストされ、デキャンター誌などにも乗っかり・・・・・・って、経歴までなんとなくカリフォルニアのジョーダンに似る訳です。
ともかく、そんなワイナリの今回は赤。ステレンボッシュカベルネであります。
かのワイン同様、レストランランキングに乗れるような逸材なのかといいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(カリカベ好きなら+♥)
ワォ!ソノマカベっぽい!!
なんてこった!味までカリフォルニア風味だッ!!
南アフリカって全体にブリテンウケのいいワインが多いのですがコレに関しては感覚がカリカベに寄ります。つまりメイドさん味インステレンボッシュ(シンク談)。

色はそこそこ強めのクリムゾンレッド。熟成っぽさとかはありません。
香りに南アフリカらしいカシスの酸と甘味、キノコを感じさせる要素、多少のユーカリ・・・・・・に、突出してバニラ感があります。
樽っぽさでいえば、経験した範囲の南アフリカカベルネ(クラレット含む)の中では一番しっかり感じたかも。
かなーりミルキー。この風味が実にカリフォルニアクラレットの雰囲気なんですよね。
しかしながら、それほどあまーい印象にならないのがまた一興。
味わいも口当たりからしてマイルドでミルキーな風味がドバッと出てきます。
ビターさはあまりなく、カシスとキノコといった主軸にキャラメルチョコ&バニラのコーティング。それらが自然に出来上がっているのが良いのです。
多少バニラ要素を強く感じる人もいるかとは思いますが、私なんかにとってはすごく丁度いいところになっていて、上手いことステレンボッシュに多い和風な酸がまとめあげてあると思う。
苦味などの雑味もなく、スマートなフィニッシュ。シンプルすぎるところはありますが、高いカリフォルニアカベルネの基礎といえる
「果実のソース+樽からくるまとめあげ+奉仕的なアフター」
は守っている。南アフリカなのにネ!
ヘンにダレた要素がないのが、実に本格的。
ザッツメイドワイン。それも黒髪ボブカット。初心者にも最適な、キツすぎないメイドさん味。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ケース買い出来るメイド味!
私が謎に良く使う表現である「メイド味」を最安値で味わえる可能性。これ、安いですよ。2500円ぐらいなんですから。
南アフリカの代表例というにはちょっと違うんですが、21ヶ月の新ダル熟成(産地は謎)がステレンボッシュのブドウであればちゃんと香味になるという証拠といえるでしょう。スゴイことです。
ラベルなどはあまり特色もありませんから、プレゼント向けにはありません。
ブラインドではほぼほぼ(私が呑んだ雰囲気そのままなら)カリフォルニアカベルネと錯覚させることが可能。安めのワイン会をするなら是非お持ちください。
何より、アメリカーンな料理と一緒に是非ご賞味あれ。ヘタなカリフォルニアワインよりカリフォルニアしてるんですから。

というわけで、ジョーダン・カベルネ2011でした。
あくまでもシンプルにカリカベっぽさを作っている、といえるんですが同時にステレンボッシュという土地のクオリティを感じさせるモノになっています。
どうしても南アフリカってまぁ言ってみればそれでも「マイナー地域」扱いなので他国に例えがちですが、この辺りを飲むとむしろ逆転現象がおこりかねないなぁと日に日に思うのでした(っていうか、ブリテンでは既に人気逆転してるッスよね?)

いや、これなら安いでしょ!

こう学園祭メイド喫茶的気軽さ。
関連記事

| 南アフリカ | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/841-c63b835c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT