オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

まさに日本ワインらしさに独自のラベルが象徴的。 四恩醸造・窓辺・赤(メルロ主体)2014

うぇるかむ!
朝の予告の通り、今日のご紹介はコレ。日本のワイナリとしては気になってたんですよネ。

nsdEy.jpg
四恩醸造・窓辺・赤
日本の例に漏れずレアアイテムです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(個人的には+♥)
なんで私が気になってたかというと、エチケットがカルトっぽいからです。
油絵シリーズとされているものの1つで、数種類のエチケットがありますが概ね販売時期毎に同じ柄で数種類ワインが作られているみたい(例えば、このワインであれば白、橙、淡赤、赤の4つのワインが同じ窓辺シリーズとして10月にリリース)
今回は、
x4sPR.jpg
赤。日本の中ではセンスのいいラベルだと思う。
これ1つ、テーブルにおいてあると花瓶っぽい存在感になるんですよネ。
公式はコチラ
こう、なんといいますか、日本ヴァン・ナチュールって感じな!
検索するとこう自然派だぜ感あふるる解説をワイナリ公式以上に熱く語ってるサイトが多い。
ハッキリ言って、完璧にカルトで売っている所を見たことがないレベルなのですが、今回は上野のとあるお店でボトル4800円だったので注文して呑んだのでした。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
あ、うん、ボージョレ・ヌーボーっぽい。
むしろ今年呑んだどのボージョレ・ヌーボーよりもイチゴキャンディのニュアンスがあったような・・・・・・
予想外にミルキーなワインで、飲みやすい印象。
9UWUU.jpg
色は最初はかなーりライトな感じで薄赤いのですが、3分の2を越した辺りから完璧に濁りました。
流石日本ヴァン・ナチュール。なので呑む部位によって味わいの感じ方が違うハズ(今回は一本で呑んで本当に良かった)
ちなみに、同席で飲んだと自然派ワイン慣れしてないある人は「なんか濁りだした、酷いなぁ」と不良品かとショック受けてましたっけ。
香りは概ねイチゴ+キャンディ=イチゴキャンディという図式な、軽い赤果実と甘いミルクキャンディ。
アセロラっぽさ、にごり始めるとトマトの印象が出ます。特徴がほぼガメイです。
味わいもほぼほぼ香りと同様。少しオレンジの要素があり、スッキリ飲みやすい仕立てで余韻も短め。
濁ってからもトマト系の酸味とかが強まり、多少ダシっぽさと青さが現れ口当たりに若干澱みが出ますが、それでも基本ベースの味わいが変わらないので問題なく。
ガブ呑み系です。11%程度の低いアルコール度数も手伝ってじゃぶじゃぶ呑めます。
そういう方針で作っているのだろう事はわかりやすく、濃いワインノーサンキューな人がこぞって買ってるだろうことが伺えます。
良くも悪くもボージョレ・ヌーボーっぽいワインで白ロリータなキャラクター。
「XXなのー!」ってフリフリ衣装来て叫ぶ系女児。まったく小学生は最高だぜ系。
この日はレストランだったので珍しく食べ合わせを色々したのですが、料理との相性は実はなかなか良くって、あっさりとした鶏肉のコンフィにもブイヤベースやフォラグラにも相性良く。むしろ豚パテが一番チグハグになっちゃたかな

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(買えれば+♥)
値段は買えれば安め
一番個人的に気に入ったのはココで、このワイン2000円出せばお釣りが出るんですよね本来。
味そのものはじゃぶじゃぶヌーボー系で世間が書き立てる「自然の恵みな、職人オジサンが作る、高尚なヴァン・ナチュール様」って有難がり方するワインでは、ない。
この値段で、このロリロリした味で、食卓に置いておくだけでちょっと気分がいいラベル。
まさにテーブルワインであります!本来ならケース買いしたほうが楽しいタイプなんですが、そういう事はできない分で最高評価にはしないかなぁ。
そういう訳で、10月リリースのハズなのに既にどこにも売っていない点を除けば日本ワインの中では機会があれば他のも飲みたいワイナリかな。

というわけで、四恩の窓辺赤でした。
ヌーボーっぽいワインって個人的に低評価にしやすいのですが(今回も味わいそんな高くはないものネ)、このワインにはラベルのセンスの良さとキャッチーな印象でグイグイ飲める部分はポイント高いノデス。
料理皿にサクッと付随させると見た目にいいってのは最大の良さだと思います。
必死になって探すワインになっちゃってるのは残念。これそんなワインじゃないよー。

リリース直後でないと買えない感じは悲しい

こういうラフで甘えてきてコメディな感じですよ。まったく小学生は最高だゼ!(実は私ちゃんと見たことないんだけどネ)
関連記事

| 日本 | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/839-e316b4ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT