オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガルガーネガの・・・微発泡!?イタリア自然派の大胆な発想。 ラ・ビアンカーラ・ガルガンゴ2014

うぇるかむ!
昨日一昨日と王道のボルドークラレットで更新しましたが、打って変わって今度は超亜流なイタリア自然派です。
vwGDr.jpg
ラ・ビアンカーラ・ガルガンゴ2014
ガルガーネガの自然派微発泡という奇妙な一品です。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥(個人的には+♥)
ラベル超かわいくない?
名前の意味合いとかは検索しきれなかったのですが、とりあえずこのラベル超可愛いと私思うわけです。ポップでたまらん。
lOlKl.jpg
裏は比較的普通?

造り手はラ・ビアンカーラのアンジョリーノ・マウレ兄貴。
自然派好きには説明不要とまで言われるイタリアのガルガーネガ自然派の王道を行く男であります。
ガンベッラーラというソアヴェの隣の地域の造り手である彼はとにかく実験的な人でso2無添加版と少し入れてる版と試してみたりしているマッドな人。
そんな彼がこれまた実験として作っていたのが「微発泡(イタリアではフリッザンテという)の自然派ガルガーネガ」でした。
ちょこちょこと間引きして要らなくなったブドウなどで作ってたものの「酸っぱくて呑めたものでなかった」らしくあんまり作られてなかったらしいんですが、このワイナリでは2014年は雹害で大ダメージを受けてロクにワインが作れませんでした。
一番格下ワイン明記のモノだけにするという断念をし、一番人気のso2無添加が作れなかった程でした。
で、アンジョリーノ兄貴は
「せっかくだから、俺はこの微発泡を作るぜ!」
と大規模実験をする事となったのでした。
元々は貴腐ブドウを使って発泡させていたものの、この年は作らなかったので冷凍保存しておいたガルガーネガモストを使って2次醗酵、更になんかいつの間にか植わってた扱いされている(多分、適当にぶちこんだか実はそうだったことが判明した)ドゥレッラという地ブドウを足します。
で、フラッグシップワインが出来なかった分売りにだしましたとさ・・・・・・めでたしめでたし?
ちなみにこの微発泡、2014年のその格下テーブルクラスワインより微妙に高い価格設定(とはいえフラッグシップも万円いかないワイナリなんですけどネ)。
なんとも起死回生というか、タフなワイナリだと思います。
そんなタフさの結晶、果たしてどんな感じかというと。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥(好きな人は+α)
あ、ビール系ネ。
うんうん、これもまたアイカツだよね(アイカツ顔
自然派微発泡の味でした。以上。それで通じる気がしてならないんですが、どういうことかも少し書きましょうかネ。
dNi7z.jpg
色というか泡はもうこんな具合でほんと微かです。見えてます、泡?
若干濁った黄緑になっており、なんというか、こう・・・ネ?(察して)。
香りからして麦とホップにライム!ってな感じのフレーバー。ガルガーネガのためか多少梨っぽいんですが、もうほぼほぼ酸の勢いが勝っています。
味わいもとりあえず酸っぱい!
これより酸っぱかったって試作品はどんなだったんだというぐあいで、ビールっぽさが強力です。
それもライトなタイプのビールでレモンライムの酸がガッツリ入って、泡の抜けたコロナビール的アトモスフィアです。
余韻もそのまま、いやむしろ余計にビールを感じちゃうような苦味と口の中の状態に至ります。
確かにナチュラルな苦味などもでていて、面白いのですが・・・・・・私はこういうのあんまりありがたいと思わないなぁ。それならビール呑みますヨっていう気が。
自然派の白い微発泡らしいっちゃーらしいので、この手のワインがたまらなく大好き!っていう人はもうドシドシ買い込んでいる事でしょう。
私はこれは「うんうん、これもまたアイカツだよネ」って走るしかない(画像省略

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥(好きな人はとっくに買っている)
このワイン、既に市場では枯渇してまして、ネットショップでは即完売だったようです。
ヴィナイオータさんマニアというか、ラ・ビアンカーラマニアというか、自然派マニアというか・・・・・・な人達のストックになっているのだろうと。
なので私は「あんまり好きくないよ!」と自分の意見言う他ありません。万人受けしないよなーと思います。
それでもコスパ3なのは値段が3000円ぐらいで、完全な特殊醸造で「唯一の存在」である事に変わりはないから。
初めてこのタイプを呑む人は衝撃を受けること間違いなし。
あとは飲む機会があるかないかって事かしら。好事家の方々は、なるべく大人数で呑むべし。

というわけで、ラ・ビアンカーラよりカンゴロンゴでした。
王冠スタイルの微発泡という、自然派らしいワインのひとつでしたね。ただ、個人的にはこの手のタイプはもう充分、かも。

ラベルは自然派ってほんと可愛いの多いですよネ。

あんまり飲んだことないんだけど、このイメージばっかり浮かんじゃって・・・
関連記事

| イタリア | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/806-510c963a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT