オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ソムリエ試験、強い信念で頑張ってね!ってな気分で。シャトー・カントメルル2003

うぇるかむ!
明日、ソムリエ試験2次なんですネ。
というわけで、この試験に向かう方にとっては数ヶ月前に散々苦労して覚えた一つであろう、このワイナリで健闘を祈ろうかと思います。
まぁ、そもそもウチってかなり偏りがあるし「はじめに」で書いての通り試験向けな記述してないので、ウチを見てる場合でないだろうというのはおいておきましたネ?

ZN9ye.jpg
シャトー・カントメルル2003
ボルドーのおおよそ10年以上前な感じで。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
当ブログではなんと二年ぶりの登場です。
なので詳しくは書きませんが、分相応な格付けを受けている分相応な価格のボルドー。
このヴィンテージはパーカーポイント85点で「ブルゴーニュみたいな感じで、今すぐ呑むかまぁ10年ぐらいなら寝かせてもいいんじゃね?」という当ブログの中でも格別に低い点数と評価のワインになっています。
ただ、バックヴィンテージ2003であり、そんなに特筆するような年号でないんですが経験値にと呑んでみたのですヨ。

または、ソムリエ試験通過者の方々は「5級で後から追加になってマコー村という紛らわしい村のワイナリ」ということで暗記された方も多いのでは?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥(今ならば?)
今、呑み頃ッス!
ギリッギリで果実感が残っていて、パーカーたんが言うような要素がありつつも古酒要素やまろやかさもあって、面白く呑めるラインになっています。
まさに呑み頃。

A8ROQ.jpg
しっかし写真ヘタだなー私。

色は中心部分はクリムゾンレッド寄りで、エッジ部分は薄めにクリアレッド。
古酒とギリギリ言えそうで言えないようなカラーリングの通り、香りもどこか曖昧ではあります。
カシスはあまり強力ではなく、しかしウメっぽさなどの合間にははさまれていて、多少のバニラ感も見えます。
こうした要素それぞれが、曖昧なものの逆に不思議と面白かったり。
味わいはメルロ感多めなきっちりと熟成したんだろうタッチで、ボルドーぽさバッチリです。
産が多少強くウメとトマトの甘味酸味にまだ残っているカシス要素がとりまとめを行っています。
マッシュルーム感、メルロ系にある柔らかい舌触り、そのまま特に主張もせずにかつ乱れもせず酸が多めのフィニッシュ。
古酒らしい要点の中、まだカシスのタッチとまろやかなメルロの意義が入っているという訳。
正直な所、新世界系クラレットと比べると大分年を食ってるように感じます。そこはもう土地のレベルとか造り手のレベルという感じしちゃう。
しかしながら、ちゃんとボルドー感があって悪くない熟成をしているのでした。
ほんとにまぁまぁなキャラクター。なんだろ、そんなに人気のない女子高生メガネキャラ(でもちゃんとメガネっ娘だ)って雰囲気?

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥
6000円前後のバックヴィンテージ、としてお値打ちでもなければ高すぎるとも思わない・・・・・・って、ホント最後まで平均的なところをいったようなワインでした。
勿論、もっといい熟成のボトルとかもあるのでしょうが、私は飲んだ範囲を答えるまで。でいえば、ふっつーかなというのが正直なところ。新しいヴィンテージ買うよりはこういう挑戦の方がいいのではないでしょうか。
ヴィンテージが古いので、それに合わせた誕生日にはギリギリ使えるところ。意味合いがちょっとあったりしますしネ。
基本的には古酒好きが呑む状態・・・・・・なんだろうか?古酒好き的にはちょっと物足りないかも??うーむ。

というわけで、カントメルル2003でした。
あー、これも文章化と点数化すると妙に平均的すぎてあんまりイイことにならないタイプですネ。ボルドーが好き、という方はこういうのちゃんと好きそうって感じのワインではあるのですヨ。
それと、タイトルの通りの意味合いもありまして・・・・・・カントメルルは「庭で鳴いてるクロツグミ」という意味があるとのことなんですが、クロツグミの鳥言葉(フンッ!花言葉みたいなやつね。わざわざ調べたんだからネ!)が「強い信念」なんだとか。
そういう訳で、ソムリエ試験二次を受ける皆様、強い信念をもって挑んでくださいまし。
健闘を祈るッス!!!

そんなにレアボトルでもありません。このぐらいのボルドーの感覚を得るという意味では買いかな。

絵本とかあるのね

こう、典型的メガネキャラ感っていうの、なんとなくお分かりいただきたい。
関連記事

| フランス | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/804-c32c7b07

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT