オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

地元のみの流通品?職人芸も垣間見る、元ワインショップが作る低価格で単一畑のイケドンなカリピノ! ハグ・セラーズ・ダービーシャイア・ヴィンヤード・サンルイスオビスポ2012

うぇるかむ!
お昼にベストワイナリーを辿って更新しました。あれ、過去記事の編集のハズなのに通常更新より時間かかるし疲れるんですよOTL
というわけで、今日の更新は今まさに飲んでるのでやっちゃおっかなーと。

y82bI.jpg
ハグ・セラーズ・ダービーシャイア・ヴィンヤード・サンルイスオビスポ2012
え、どこの地域ですかって?

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(個人的には+♥)
結構可愛い文字感だと思います、この表面。あ、因みに写真だと彫り込みに見えるかもしれませんがシールです。
5bdb2.jpg
裏に大体説明は書いてあったりするんですが、それもシンプルめかな。

造り手はオーギー・ハグとラケル・ハグというご夫妻がやっている家族経営ワイナリ。
色々な前職がワイナリーの人にはあるものですが、彼らの前職は・・・・・・ワインショップ。
ナパで地酒を売るタイプのワインショップをやってた夫妻がはじめたのがココ。
日本酒の方が想像しやすいかしら?地元のアンテナショップやってた人がお酒造りにハマっちゃったって感じ。
しかし、この夫妻が教わったのはかのジョン・アルバン。

そこからワイン造りにハマってしまった夫妻は2000年にはワインショップをたたんでワイン造りに専念。
ワインショップ時代の人脈を活かしたブドウ購入をしてセントラルコースト周辺のワインを作っているという訳。
今回のサン・ルイス・オビスポというのはセントラルコーストのモントレーとサンタバーバラの間の地域であんまり名乗られない(ブルゴーニュとかでもたまにありますよね)地域です。
しかしながら、単一ヴィンヤード。ダービー夫妻というグロワー(畑やってる人)の海が見える程近い場所からのピノになっています。
近くに豪邸なんかがあったりして、リッチな観光地でもあるんだとか。
また、パーカーたんが「このワイナリめっちょいいのに地元で全部ハケちゃうんよー。マジ萎えぽよ~」と言ったとか言わないとか。
さて、そんな感じでマイナーめなワインなんですが、実力のほどはですね・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
海ピノぽさが際立った、代表例な感じ?
塩っけや磯感、それでいて果実の凝縮が充分に感じられる、それでいて価格が抑えめというのがこういった地域の良さだろうと私は思うんですけれども、その典型的な感じ。
類似してる地域は、むしろチリのカサブランカヴァレーかなって気がするワインであります。

VN0ut.jpg
トマトスパゲッティとか良く合うんですよこのタイプ。

色は比較的黒みの入ったレッド。新モノ系にしても濃い目のカラーをしています。
香りにラズベリー系とブラックベリーな果実感で酸味がかなり際立っています。
イチゴやレモンの酸の部分が主にでているわけで、そこになんと鉄分っぽい血のニュアンスも少々。
なかなか要素が多いように思いますネ。紅茶感も高くあって、レモン紅茶を思わせる事もしばしば。
味わいはやはりそうした酸味が目立つわけなんですけれども、同時にタニックさも多く出ていて葉と紅茶の印象がまま出ています。
フレーバー系のレモンティ、ないしはアールグレイの感覚が強めの仕上がりとなっていて、この辺り寒冷地や海近くピノの特徴ではなかろーかと。
ミルキーさはあまりなく、かといって甘さがないわけではなくってじんわりとチェリー缶っぽさが入ってきます。
アフターまでそうした果実や紅茶のベースが崩れないフィニッシュ。アルコール度数高めの味わいまんまとも。
また、二日目になると多少落ち着くのですが、開けた当日ぐらいは結構独特の焦がしカラメルの苦味がアフターに出ます。
塩っけも高く、苦目な大人なタルトと紅茶のセットといった佇まい。
比較的野性味があり、単一ヴィンヤードらしい芯の強さも感じさせる一品です。
カリピノ低価格らしい甘味の通りはありません。セントラルコーストでしっかり仕込んだ人達ならではの、果実とミネラルが出た逸品です。
高額品と比べるとテクスチャや柔らかみがなく、多少刺のあるキャラをしていますが、佇まいの強さは二重丸。
クールな黒髪ロング美少女感ですね。芯があって、たおやか。アイドルアニメの黒髪ポジですな。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥(ただし好みは分かれそう)
値段以上を感じさせるお買い得感!
けっこー色々な要素が入っていて、ほっこりくる感じあります。
3000円のピノとしてはタフですし、ただただダサくならないカッコ良いタイプのピノ。
その分、甘々なカリピノに浸りたかったりして買うと大きくハズされてしまうので注意。カリピノ=甘いという概念とはハズレています。
夫婦ペアが作るワイン、という肩書を上手く説明できればプレゼントにもワンチャンスありそうです。
価格帯がそこそこなのでケースとは言わないまでも、常日頃のお供にクールなワインを添えたいのであればお求めください。
またはピノ・ノワールをブルばっかり飲んでる人にもいいかな。こういうのがカリフォルニアのセントラルコーストにあるのは知っておいていただきたい!

というわけで、ハグセラーズより単一畑のピノでした。
最近、自分の周囲で「テロワールってなんだ」「あんまりいい言葉じゃないよね」みたいな話がチラホラと出てたりしたのですが、今現在もしもテロワールで話をするならば、こうした特徴のワインがあることをこそが「テロワール」だと思いますし、または小さな周囲でなくもっと見て行きたいところ。
そんな訳で、テロワールでもセントラルコーストは最高なんだよ!みたいな事をいいたい(結局セントラルコースト賞賛したかっただけか!

ワインショップやってた人だけあって玄人志向なピノだと思います。

クールアイドルの元祖的なキャラ感ある。
関連記事

| アメリカ | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/799-1ad7c58d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT