オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

安旨ジンファンデルのど定番、今さらながらにその安定度に驚く。 ペッパーウッド・グローブ・オールドヴァインジンファンデル2013

うぇるかむ!
一気に昨日までの値段からグッっと下げてデイリーユースなジンファンデル!

yrnME.jpg
ペッパーウッドグローブ・オールドヴァインジンファンデル2013
ど定番品ですネ!

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥(デイリーとしてなら+♥)
ラベルデザインはとてもシンプルで、同時にデイリーワインらしいデザインだと思います。
oULOG.jpg
最大の特徴はゾークというなんか強そうな名前の最新キャップの部分なのですが撮り忘れOTL
まぁ、どこでも見れるしねコレ。

ワイナリーはドン・セバスチャーニ&サンズというメーカー。
2000年設立のネゴシアングループで、名前の通りドン・セバスチャーニとその息子達が立ち上げて、いくつかのブランドを作り、特にこのペッパーウッドグローブシリーズでデイリーワインとしての人気を得まくります。
日本では雑誌一個人での三連覇がやたらと書かれますが、そんなワイン専門でもない雑誌に乗らずともスペクテイターやワイン&スピリッツの安旨ワイン賞の常連です。
エンスージアストに至っては2005年にアメリカンベストワイナリとまで言ってしまったという・・・・・・
と、安いワインに欲しい経歴が割りと揃っているんですが、あまり語られませんがドン・セバスチャーニはそもそも血統モノのサラブレッドだったりもします。
ドン・セバスチャーニは3代目セバスチャーニにあたる人物らしいのですが、じゃあ初代はなによ?っていえば
「ソノマで1904年からブドウ作りをしたイタリア移民の富豪、サミュエル・セバスチャーニ」
で、地元ではモンダヴィよりもずっと英雄。ドンの父親もソノマのワイナリとしては英雄的で1940年(!)頃のスターワイナリがセバスチャーニ・ワインズでした。
あれ2000年設立ちゃうの?という疑問が当然湧きますネ。
それはなぜかというと、ドン・セバスチャーニは実は妹とコンステレーションワインズ社に既存のワイナリは全部売っぱらってしまったから。
それで2000年から「始め直した」のです。
何気にモンダヴィなどと同様、意外と長い歴史を持ってたりする血統の格安ワイン郡。
今回はオールド(年数は不明)なジンファンデルなのですが、改めて思うのは・・・・・・

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥
ふっつーに出来た仕上がり
雑なく、デイリーワインの印象をふっつーにやっているジンファンデルです。
そこそこの濃い口、しかし甘すぎないという出来栄えは彼らがもともとイタリア移民だからなせるのかも?なんとなーくイタリアのモンテプルチアーノとかそっち系の味なんです。

色はそんなに濃くはなく赤紫。
香りはプラムやブルーベリーなどの紫果実の感覚で、単一的。
果汁の中にほのかには胡椒などが見られ、落ち着いた印象。
味わいも全体的に果実をベースにして、比較的濃い口のスタイル。
まったりとした口当たりと余韻で、全体に浮いた辺りはジンファンデルらしいと言えるでしょうか。
ほのかにピンク果実っぽさなどもあって、それなり。シロップ感は多少あるものの、それがチープにはならないちょうど良さ。
ただ、かといって特色のある味わいという程でもなく、なんとなく濃いというところで推移しています。
オールドヴァインらしさも多少あるかな?というのはどことなくスパイス要素と重たいエキス感から。
タイトルや表紙はなんかすごいけど内容は普通なライトノベル的?
サクッとした感じ。まさにデイリーワインか。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥
1500円ですからネ、という感じのまとまりで出来ているジンファンデルではないかと。
カリフォルニア低価格としてはなるほど秀逸め。
ちょっと今回厳し目につけてるぐらいで、味もコスパももうひとつ♥してもいいかな?とも思うんですが、今やデイリー価格は色んな国があるわけで・・・・・・その中では抜きん出て買いでもないかなぁ。
悪くない味、ではあります。デイリーにケースで買ったりハウスワインにするのは十分な出来でしょう(っていうか実際ハウスワインにしてるところで呑んだ訳で)
ブラインドしたりすると高得点とっちゃうタイプでもあります。あんまり欠点も無いんですよネ。

というわけで、ペッパーウッドグローブのジンファンデルでした。
割りと人気のデイリーワインでしたが、なるほどなかなかって感じです。
尖った部分こそないものの、全体のスタイルは整っていてさすがのデイリー血族といったところでしょうか。
箱買アメリカーンな感じ満載の品でした。

この値段の基準的でもあるかも?

ワイン版のこういう感じの本で人気って訳
関連記事

| アメリカ | 21:32 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

記事が出来上がる前に寝落ちつつ白紙投稿していた事に今しがた気が付きました、あわわわわ^^;
よっぽど疲れていたんだネ!

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2015/09/15 08:32 | URL |

 
疲れより酔いでだと思っておりました( ̄∀ ̄)
 
 
タルデュ・ローランヌフ白を探しながらワシは風邪こじらせて轟沈しておりました(ノ∀`)
 
熱で朦朧としながらもマチネーはしっかり抑えましたゾ♪完治したら楽しむノダ(´艸`)ウフッフー
 
 
PS・そうそうボルドー展!
私もCMで見て気になっていたのですよ!!あっしもシルバーウィークのどっかで行ってまいります( ̄∀ ̄)ゞ

| ふっちゃん | 2015/09/17 01:41 | URL |

>ふっちゃん様
うぇるかむ!

>風邪こじらせて
実は私も最近やったのですが、関節痛するタイプなのであんまりダメージなかったりも。

>マチネーはしっかり抑えましたゾ♪完治したら楽しむノダ

完治したなぁって感じの三日後ぐらいがオススメです。味覚の疲れは結構長引きますし、マチネーぐらいのピノの場合大胆に見え過ぎちゃいますから。

>そうそうボルドー展!

思いの外古典的美術でしたが、ボルドーの歴史を美術から垣間見ると、どこかボルドーワインの味わいの方針に納得がいくような気がしましたネ。
そんなにお金もかからないので行くのは大きく良い選択肢ではないかと。

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2015/09/19 13:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/769-ce0664a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT