オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガローニが好むサンタクルーズらしい海なピノ!聖剣伝説じゃないよ!! リース・サン・マテオ・カウンティ2012

うぇるかむ!
昨日につづいて、セントラルコーストピノであります。

t25SN.jpg
リース・サンマテオカウンティ・ピノノワール2012
サンタクルーズおよびアンダーソンヴァレーの生産者です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベル自体はとても簡素。
高級か格安かの二択みたいな感じですが、これは前者の方であります。
mDHQy.jpg
裏も本当にサラッとしていますネ。

造り手のリースはケヴィン・ハーヴェイ氏が立ち上げた「なるべく全部自社畑でやりたいな!」が合言葉なワイナリで2001年に出来たとのこと。
ビオディナミなど自然系な造りをするのが目的で、自社チームで高級ワインを作り上げる・・・・・・というのが基本方針であり、テクニカルデータもグラヴィティフローやドライファーミングなどなど自然派系なワードが転がっています。
評論家としてはガッローニたんが
「見つけたら迷わず買うべし!」
と念を推したというのが一番大きいようで、それなりの評価自体は獲得している模様。
いわゆる、メーリングリストワインで、日本にも今回初めて公式入荷しているようです。
主だった情報の中でも、サンタクルーズのピノというのが一番珍しい部分かもしれませんね(日本ではあんまり入荷してない地域だろうと思います)
そんなこんなで、「通には興味がわきそうな」感じであるものの全体に地味な印象もあるピノだなぁというのが正直な所。
そもそも私、これら情報も呑んだあとで調べて公式インポーター文章ぐらいしかないなぁって気分でしたからネ。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(海ピノ好きなら+♥)
磯系ピノのシリアスな雰囲気だ!
ちょっと暗みのある、しかしなかなかに綺麗な出来栄えで、海から近いのだろう味わいのピノの中でも明確にその表現をしつつかつ呑みづらさがない、なかなか秀逸な内容になっていました。
g6ECc.jpg
昨日のラトー・マチネと比べると、リースの方が個性的。

色は写真ではラトーと似て見えますけど実際はかなり違いがあります。
中心が朱色になりつつあり、フチはオレンジがかいま見えるほど。
2012年というヴィンテージにしては老けています。何かしら原因あり?
香りにかなりの葉の要素、アールグレイ紅茶的なフレーバーが強く出ています。
香りだけだと頑なな印象すら持つでしょう。
味わいはそうしたアールグレイ&ダージリンのミックスのようなお茶っぽさ、塩や魚介を少し思わせる磯系の風味がスッと差し込み、オレンジの甘味がゆっくりと出てきて・・・・・・
え、美味しくなさそう?
そこはワインの面白いところで、こうした別々の反してそうな味わいがまとまっていると奥深かったりするノデス!
アフターの持続が長く、茶葉タイプの苦味と甘みを同時に残す点もいぶし銀なタイプ。
寒冷&海風系の独自性が満載な、ちょっと大人なピノノワールです。
そんなわけで、イメージしちゃうのは名前もあって


リース!
なんだけど、こう、原作の初っ端から重たくて暗く幸薄な感じを提案したいんですが楽天で調べてもこうなっちゃってそれこそ悲しみ・・・・・・

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
1万オーバーのピノとしても、個性がある部類なのでこのタイプが好きな人はそれこそ迷わず購入を。
ニューワールドおよびシュペブルがダメな人はあんまり好まないだろうタイプではありますネ。
基本的な作りが大きくブルゴーニュとは異なるタイプ(これこそテロワール?)
好きな人向けのアイテム、と思います。コレばっかり買う人は続出してもおかしくありませんが、日本ではあまりこのタイプに狂ってる人って聞いたことがないので、コスパ最高!とは言い難いかもぐらいの。
サンタクルーズの高級品、という枠組みがそもそもあまり見られない例なので、ワイン通ほど興味がわきそうな上級者寄りアイテムです。
あまりワイワイとした環境よりも、しんみりとした黒基調の地下バーとかのが雰囲気出そうなタイプなので、上手く使ってあげてください。

というわけで、リースよりサン・マテオ・カウンティでした。
総合評価およびこうしたサイトにおける点数付けとしては昨日のラトーには大きく負けて見えてしまうかもですが、個性的かどうかでいえばこちらの方がセントラルコーストなりの雰囲気があるんですよ。
意外と一長一短の飲み比べでした。あなたはどっちが好み?

海ピノ好きなら是非

聖剣伝説の2と3ってスクウェアでも最高峰の人気だと思ってたんですが、グッズが少ない。そうでもないのかしら・・・
関連記事

| アメリカ | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/764-d436d085

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT