オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミクロネゴスによるローヌ白のモンブラン感!パーカーたんが超お気になワイナリはちゃんと影響を与え続けているのか? タルデュ・ローラン・シャトー・ヌフ・デュ・パプ・ブランvv2013

うぇるかむ!
当ブログ、ブルガリアとかシュペートブルグンダーとかオージーとかを大推奨しておいてフランスの更新量が多かったりします。
その理由は、なんといっても・・・・・・

6V81C.jpg
タルデュ・ローラン・シャトー・ヌフ・デュ・パプ・ブランvv2013
そう、ローヌがあるからですネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥(+♥?)
ラベル自体はガッツリフランス系な雰囲気ですネ。重々しい感じがラベルからさらされています。

創業はかなり新しくて1994年。
元レストランのワインリスト監修者だったミッシェル・タルデュ氏と元お菓子職人で「新樽200%オジサン」の異名を持ちむしろ本人が樽よりデカイ事で有名なドミニク・ローランが共同で始めたネゴシアン・ワイナリです(地域の人達からブドウは買って自分たちで詰めるワイナリ)
現在はタルデュー家が株もドミニクから買い取ってほぼ家族経営な模様。
ワイナリの詳細については実はワインレポートさんが詳細にやっており、そっちのが実践踏まえてますしURLペタリと。
ミクロネゴスの先駆者として有名な事が各地で書いてありますが、同時に評論家人気もしっかりとあったり。
山本昭彦さんもけっこー褒めてらっしゃいますが、なんといってもパーカーたんが大の贔屓です。
サクッと色んなところでパーカーポインツには触れられていますが、私の持っている厳正評価世界のワイン(2000年版)においてのパーカーたんは褒めすぎです。
「アドヴォケイト20週年号の特集で、過去20年において最も影響を与えた人物としてタルデューとローランの二人を挙げた」
「テロワールのエッセンスが消費者の為に保たれているワインが果汁(ブドウではない)を買って創りだすことが出来るとは実に衝撃的な事だ」
「すっかり感動して、予算が許す限り大量に購入しようとした!」
という序文(!?)から始まりいくつかのヴィンテージのモノに対して
「この年の最も偉大なこの地域のワイン」
「購買力を最大限に発揮しようとしている読者は狙いを定めるべきである」
「実際、南ローヌのものは、私がこの地域のどこで試飲したものをもはるかに凌ぎ、それがミシェル・タルデューのワイン造りをさらに際立たせているのである」
「96年というダメヴィンテージに、一体どのようにしてこんなワインを創りだしたのだろうか?」
「途方も無いワインを創りだした」「なんというヴァケイラス!」「買った人はどうやって我慢して待つのだろうか(哲学)」
しまいには
「ここのセラーのなかにはワインの真髄がある」

とまで言いのけ、
「補足ではあるが、以上に述べたワインはみな、非常に手頃な価格であることを知っておくべし」
の一文で〆ます。
サクッと調べて20時にはこの記事アップロードするつもりが、ジンガー訳版パーカー文が久々にみたら面白すぎてすっかり一時間ほど読んじゃいました。
で、この2013年のそれも白版であるこちらも94点ぐらいアドヴォケイトではついています。実際、そんなに言うほどなの?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
なんというローヌ白!
あぁ、いいですね、この厚みがありながらエレガントな感じ!!
とても満足度と高級感のあるローヌ白のなるほどお手本以上な出来栄えでこの段階でありますネ。畑とかもっと絞ったら更に強力になるのかしら?
恐ろしい話ですわ・・・・・・

ndJ5p.jpg
エノテカ仕入れなんですが、エノテカ直営でも無い某西武で飲みました。
ココ、とあるエノテカ担当の方が有料ティスティングの管理をすると温度管理やサーヴ相手に対する(日の状況も踏まえた)ワインリストの出来が目に見えて明らかな程グッと良くなるので、多くのエノテカ直営店は参考にすべし(こっそり

色は綺麗にクリアイエロー。意外なほど薄めでゴールデンには届きませんが無色寄りではないかな。
香りにバター感が多めにあってボリュームも感じさせる芋きん時のような印象。
どこかサツマイモを感じさせるような厚みのある甘い香りでありつつ、焼き芋みたいなクラシカルな感じではなくバニラ要素やマロングラッセ、ウィスキーなども絡めてモンブランのようであります。
こう書くと「香りでそれってこってりしてるの?」と思われるかもしれませんが、違います。
味わいはそうした要素をしっかりと内包しつつ、何よりもアフターのミルキーさと果実感が相成って高級なモンブランをすくうかのような余韻が綺麗に長く続くことです。
果実要素からはマロン系要素や熟した感覚がしっかりと備わっていて、柑橘なども感じられますが基本的にはローヌ系独特の厚み。
そこに程よくバニラ感が差し込まれており、まろやかな口当たりから入って上述のエレガントなアフターにつながります。
この機微が非常に丁寧ですし、スマート。
ミネラル感はあまりなく、最後までとんがりません。
まさしく「ですわ」系のお嬢様でございます。金髪をシャララーンなんて効果音つきでキラキラと掻き上げていただきたい。
で、一緒にティータイムしたい!(迫真

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(掘り出し物が見つかれば+♥)
値段が大きくあがっていても、納得の良心的値段
全体に「個人的には」という評価をどこもつけてますが、私個人としては大満足。値段も推奨しうるものです。
味も私にとってはドンピシャなんですが、ちょっと好みに寄りすぎているところもあってネ(ミネラル感低いのダメな人にはダメです)
また、やっぱりENOTECA仕入れなんで値段が数年前より俄然あがっており、また熟成もするだろうことから他店でたまたまおいてあったりしたら狙い目なのだろうとも思います。
説明出来る状況があればプレゼントにも向きますし色んな部分で(例えば二人の共同作品であったこととか、またはお菓子職人であったローランから汲み取るとか)ひっかけて渡すことが出来ますが、その余裕がある訳でもなければ地味に見えるかも?
ご褒美ワインとしての活用が最もな気がします。この暑いような涼しいような季節に飲みたい白かな、と。

というわけで、タルデュ・ローランよりヌフ白vvでした。
パーカー評価とかも赤の方がより高い訳ですけれども、なるほど白もぬかりがありません。
これ、ドミニク・ローランは手放すべき株じゃなかったと思うんですよねー。本家ブルゴーニュより出来良くない?
当時のパーカーたんが興奮しながら文を書いてたんだろうことは伝わる内容でしたね・・・・・・
(余談ですが、ワインジャーナルと云いますか食レポする人の文章で良し悪しを見分けるコツは熱の入り方です。大推奨してる時ほど、熱が入るのがサガなのです)

これだからローヌ白は最高だZE!

ほんと、神撃のバハムートは絵は綺麗でワイン向けなのよね。
関連記事

| フランス | 21:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 
シンク様こんばんは(・∀・)/ 
ドミニク・ローランのローヌ白ですと!?┌|゜ロ゜|┐
 
知らなかった(;~∀~)
 
息子とドメーヌローラン立ち上げてやってるのは飲んだけど(ムルソ-・プルミエクリュ・レ・ポリュゾ・ジュ2011)
 
めちゃめちゃスィーツチックで終止ニヤニヤして飲んだのをこのレポから思い出しましたよ(。^∀^)
 
自分のこの時の日記を読み返したらファーストガンダムのマチルダ・アジャンに例えてました(#//∀/)
 
ローヌ白は「ですわ」系のお嬢様かぁ~(´∀`)これは是が非でも試してみたいアイテムデスナ♪
 

| ふっちゃん | 2015/09/04 01:12 | URL |

ここはコンドリューも美味いです。
赤白ともにすごく良く出来ていますよね。

あとはラベルのデザインが良ければ最高なんですけどねー

| HKO | 2015/09/04 10:09 | URL |

>ふっちゃん様

うぇるかむ!

>ドミニク・ローランのローヌ白ですと!?

事実上「元ドミニクも監修」で今ではブルゴーニュに専念しているそうで。未だにタルデュー・ローランという創業当初の名前が入っていますが、醸造もタルデュー家側の息子さんがやっているみたい。
で、この息子さん優れた醸造家なのではないかと。

>めちゃめちゃスィーツチック

元お菓子職人という経歴が持つ魔法なのか、樽具合なのか、どことなくバニラ系のぽったりとした味わいが強いですよねドミニク・ローラン関連って。
お菓子っぽいワインを作らせたら彼はまさに老舗だろうと思います。

>ローヌ白は「ですわ」系のお嬢様かぁ~

ローヌ白全体、というよりは今回のワインはって感じですかね。整いが良いタイプのローヌでした。
ローヌはぶどう品種がヴァラエタルな為に、この地域だからこの味というのが定めづらかったりします(全体にグルナッシュ・ブラン、ルーサンヌ、マルサンヌ、ヴィオニエなどなどを使うのでその配合地から推測は出来ますが)
特にルーサンヌやマルサンヌの具合が高いと、まろやかで綺麗な仕上がりになる印象かな。


>HKO様
うぇるかむ!

>ここはコンドリューも美味いです。 赤白ともにすごく良く出来ていますよね。

この調子だと、パーカーたんが言うとおりヴァケイラスもちゃんと美味しそうな(ついでにコスパ良さそうな)気がします。
なんという造り手!
タルデュー家がブルゴーニュのが実は好き、というのは納得なのかもですね、赤呑んでないので見かけたら試したい!

>あとはラベルのデザインが良ければ最高なんですけどねー

確 か に !

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2015/09/04 21:22 | URL | ≫ EDIT

赤は結構ローヌのトラディショナルな感じしましたね。
白は結構モダンでしたが。
この分なら確かにヴァケイラスも良さそうですね。

いやホントラベルがダッサイというか安っぽいんですわ...

| HKO | 2015/09/07 11:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/759-15c2dae5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT