オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スペインのモンローラベル?トーレスのスペイン最古樹カベルネのフラッグシップその実力とは? ジャン・レオン・カベルネソーヴィニヨン・グラン・レゼルバ・ヴィーニャ・ラ・スカラ2003

うぇるかむ!
意外とスペインワインも取り扱っている当ブログ。このワイナリも二度目の登場になりますネ。

WaGZh.jpg
ジャン・レオン・カベルネソーヴィニヨン・グラン・レゼルバ・ヴィーニャ・ラ・スカラ2003
トーレスファミリーの逸品ですネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(ラベル的には+♥)
なんともモダンスパニッシュなデザインセンスになっています。エチケットであんまりワインのボトルだとわからないような感じすらしますネ。
EtXN5.jpg
裏はわりかし普通。エノテカだけ「ヴィーニャ・ラ・スカラ」というジャン・レオン氏がやっていたレストランの名前を冠して大々的に取り上げていますが他は「グラン・レゼルバ」表記のみの方が多いかな。

造り手はトーレスファミリーといってもいいでしょうといいますか、以前、格下の方は取り扱いましたので大きくはそちらを参考に。
細かく違いを書いていくと、こちらがジャン・レオンシリーズのフラッグシップということ。
ジャン・レオンワイナリーはもともと「スペインで初めてフランスのカベルネやシャルドネを植えた」というのが名目であり、ここの中でもスカラ・ヴィンヤードという畑オンリーとなっています。
樹齢は恐らく50年ぐらいがあるのかな?といった所。スペインはオールドヴァイン国家(古樹を誇ってる国)ですが、その中では地味に珍しい「カベルネ100%の古樹」です。
また、いわゆるアーティストラベルタイプで毎年異なるし良い年にしか作られないワインでもあります。
この年は元顧客だったマリリン・モンローをテーマとしたラベルになっています。サグラダ・ファミリアの彫刻デザイナーのジョセップ・マリア・スビラック氏が描いてるそうな、へー。
マリリン・モンローワインといえば

が最も有名かつコレクターがいるんですかね。
その人達も集めているのかしらコレ?
なお、アドヴォケイトは91点と正直低め。
さて、そんなこんなでスペイン版モンローワイン的なこのワイン、実力や如何に?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥
エレガントめな熟成をなされている上に、若々しい・・・・・・
正直、通常版はそんなに高い評価出してなかった当ブログですが、このフラッグシップ版はこれがなかなか良かったのでした。

色はクリムゾンレッドよりも少し濃くなっており、意外なほど熟成感がないカラーリングでした。
この辺りはボトルによっても差が出やすいところですが・・・・・・ただ、呑んだ印象も結構若いんですよね。
香りはカシスとオークのダブルタッチが見られ、熟成すると出てくるダシ感はほんのり程度に。
かなーり若いカベルネの、しかも良質なモノに出ているカシスオーラがなかなかにおおっ!?と思わせてくれます。
カルトワイン系にある整いの良さ、クリーンな作りの印象も受けました。
全体に見られる傾向そのものは「ナパの中でもクリアなスタイル」などなどパーカーたんが言ってそうなタイプの作り。
そう、カベルネの果実感とハーブ感がいい感じに混在してまして、また元々が暖か地域で熟してたんだろうことを予測させるような年号にそぐわぬ果汁の強さで、相対的に「キレイ目ナパカベ」みたいになっている訳であります。
嬉しいのは年数経過を感じるうま味感がちゃんとまだまだ強い果実を整えて複雑にしてくれている事。
予想外にとんがった作りになっていないんです。この年号のスペインカベルネにして整いが良い。
一個下のグレードは2007年でもかなり熟した印象を覚えましたがコレは真逆で新鮮さすら感じうるのではないかと。
迫力があるとか、濃縮感があるわけではなく整いが綺麗なニューワールドカベルネとして秀逸な出来栄えです。
海外からの留学生って聞いたら、なんかカタコトなキャラを思い浮かべる人が多そうなモノですが、もっと淑女している感じ。
ナパとかソノマのカベルネのなかでも、呑みやすいスタイルが好きな人にオススメ出来るかな。
逆にスペインの濃厚なワイン!みたいなのを求める人にはちょっと薄みに感じられるかも?

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥(個人的には+♥)
エノテカ仕入れで+2000円以上されてなければ最高評価なのに・・・・・・
一時期は5000円ぐらいで買えた様子なんですが、私が呑んだボトルは7500円です。うう・・・・・・勿体無い・・・・・・
率直にしかも正直に言っちゃうと悪いんですがエノテカとの契約早く切れてくれないかな?
そういうわけでどうしようか迷いましたが、しかしながら7500円でも意外と同価格のカベルネと戦えちゃいそうなワインだったりしますので、評価は普通ぐらいになるのではないかと。
5000円でまだ売ってるような場所があったら即買い占めてOKだと思います。
トーレスが各国の評価の通り想像以上に大手ながら悪くないワインを作っている証になりうるワインです。
アーティストラベルなので、プレゼントというよりは自己収集向けではありますが、この年はマリリン・モンローというデザインもあって色んな人に推奨しやすいアイテムでしょう。
ブラインドだとスペインは出てこないのでいじわるしたい人は使ってみてください。自宅で飲むときは料理もナチュラルめでOK、料理と合わせやすいタイプのカベルネだろうと思うので色々試してみてくださいまし。

というわけで、ジャン・レオンよりグラン・レゼルバ2003でした。
大手業者、と言っちゃうとなんだかあんまり良くない印象を日本人は受けやすいのかなーとは思いますが、結構まっとうに作っている事が多いのも事実。
これなんかはその筆頭で、大手が作ってちゃんといいものが出来ている。トーレス、やっぱり侮れない気がします。

2000円安かったら超オススメなのに・・・・・・いや、これでも実はいい感じなのですが

ロンパのソニアさんなんかは個人的にイメージかな。しかし、このキャラ田中眼蛇夢との女性向け同人めっちゃ多いのネ・・・(なおこの本だと→のソニアさんは女性のちょっとズレた王妃キャラナノデス)
関連記事

| スペイン | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/758-531e9a95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT