オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マヴルッドはロゼも旨かった・・・・・・ テラ・タングラ・ロゼ・マヴルッド2013

うぇるかむ!
私が激推ししている産地といえば、何と言ってもブルガリア。久々に、そして夏場に向いたロゼでの紹介は・・・・・・

5u7dM.jpg
テラ・タングラ・ロゼ2013
出ました、またテラ・タングラです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(個人的に+♥)
相変わらず当ブログが日本で一番このワイナリ紹介しているハズ
マリスから実に3ヶ月ぶりの登場となりました。
や、まぁ、その間にもオーガニックマヴルッドだとかヤトラス・ルビンとかはしょっちゅう呑んでたりしましたが・・・・・・
さておき、このワイナリに上のように+♥という点をつけてるのはそれでも実は初めてのハズ。
それは私が好きだから!ではなく、このワインがちょっとデザインで頑張ろうという気概が見えるからです。
jU9OJ.jpg
ヴィノロック(ガラス風栓)なんですよこれ
上のラベル画像でもお察しの通りなんですが、これコルクでもスクリューでもなくヴィノロック採用なんですよね。
紋章はシールなんですが、これが異様にカッコイイ!
栓の後ろから覗くようにしてみてると妙に太陽が沈むように輝く感じだったり、これで蓋が出来るという機能性だけでなく「ちょっと高めのカジュアルアイテム」としての用途を見事にやってくれています。
もうこれ、他のアイテムでも全部採用すればいいのに・・・・・・
それもあってか、なんと西武池袋本店の夏のワインフェアではモエ・シャンドンのサマーラベルと並んで一面にババーンッと登場したことがあります(該当ページが見当たりませんでしたがOTL)
中身に関しては、醸造方法などは今ひとつわかりませんが、一応マヴルッド100%でのロゼとの事。
言わば、ナパカベみたいなスタイルを独自でもつブドウ品種から作るロゼ。外観以外はどうなのか?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥

やっぱこのワイナリですからネ、めちゃくちゃ濃い目のロゼになっております。
ここまでパワフルで、しかもカベルネめいたニュアンスをヒントにしたロゼってなかなかなく、中身はそこそこ珍品であります。
が、それがイイ!(ニヤリ)
dC3vb.jpg
実は裏ラベルもこのワイナリにしては頑張ってるんや・・・・・・

色からしてピンクカラーが結構強めについており、それなりの重たさを感じさせてくれるカラー。
香りがまず結構迫力があります。
カシスっぽさすら見られるベリー系要素がむしろ主体的でロゼらしい柑橘要素などは少々といった感じ。
そこに葉系の要素もふわっと出ていて、獣感がないのにどこかナチュラルな印象をウケます。
総じてなんだか森っぽい?
味わいはそうした香りの印象に比べるとずっとロゼワインしてくれています。
ピーチや少しのバナナなどのトロピカル要素、それから柑橘や赤と紫のベリー各種、ググッと入り込んで行くとハーブ系の香りがスーッっと立ち上ってきて、最後は吹き抜けるようにフィニッシュ。
ゴージャスな感じの果実から、マヴルッド的なリーフの印象を見せつつ、意外なほどナチュラルなアフターでマヴルッドの良さが全快です。
ロゼなのにどこかカベルネ系の印象を与えて赤ワインファンを満足させちゃう部分があるのがとてもおもしろい。
プロヴァンス流儀とはまた違いまして、ここにあるのはロゼとしてのスマートな軽井沢系の避暑地というよりはもっとマニアックな鉄道旅行のようなモノでしょうか。
ロゼの大ファンから見た時にどう映るかは微妙なところですが、単純にうま味と品種を抑えたロゼとして非常に秀逸。
キュートでどこか笑顔が爽やかでボリュームもちゃんとあってニッコニコな、島村卯月感あふるるひと品。
制服版よりは衣装っぽい感じではある。ついでにいうとヘゴい。
これは、相変わらず世間に知られていないだけでありますな・・・・・・マヴルッド恐るべし

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
テラ・タングラを信じろ(確信)
というわけで、相変わらずコスパ最高をつけます。うーん、ほんとこのワイナリ今のところすごすぎですヨ・・・・・・自分のオーダーメイドかと思う出来です。
ただ、私がそんなにロゼを好んでる訳でもない呑み手なので、ロゼマニアという方はお試しに1本買うぐらいの方がいいだろうとは思います。
何せ、ロゼなのにボルドー品種っぽさすら感じる訳ですからネ。
変わり種を探している方にとっては面白い選択肢になるかもしれません。ブルガリアのロゼ自体がそもそも珍しいですからネ。
また、ブラインド試飲では誰も当てることが出来ないでしょうから、誰にも当てさせたくない場合は是非使ってあげてください。ジャンシスでもパーカーたんでもスパリエ兄貴でもハリデー兄貴でもソムリエ大会優勝者でも当たらないですから。
西武百貨店が表紙にしただけあって、ここのワイナリとしては高額帯以上にプレゼント向けワインにもなっています。
ガラス栓が外し方がわからないと多少苦労しかねないので、そこのところはフォローを。同ワイナリのなかでも、プレゼントにまで使えるようになった万能性で2000円。
この価格が維持しつづけられれば良いのです。頼む!

ということで、テラ・タングラのロゼでした。
ま、単刀直入に申し上げて相変わらずこのワイナリ贔屓な私でありますが、今回のロゼは特に面白い逸品になっているハズです。
純粋なマヴルッドのロゼ、というのは多くの人にとって未体験のハズナノデス。
是非ご賞味あれ。これが今のブルガリアってモノです。

取扱店最近増えた?

がんばります!
関連記事

| ブルガリア | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/754-90578825

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT