オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大手ソアヴェの安定感ある良さ。 カ・ルガーテ・サン・ミケーレ・ソアーヴェ・クラシコ2013

うぇるかむ!
天候的にオフシーズンになってしまう前に、ちょろっとソアヴェで更新しときたいなぁと。
個人的には年中無休な品種なんですが、世間的には夏向けですしネ。

uUnB7.jpg
カ・ルガーテ・サン・ミケーレ・ソアーヴェ・クラシコ2013
ほぼほぼまんまソアヴェっぽさ全快ですネ。

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥
ラベル自体はかなーり普通な印象のソアヴェ。
こう、ソアヴェ生産者ってワンポイント置いてるケース多いですよネ。
VbqNs.jpg
裏もシンプルめ。

造り手はカ・ルガーテという古くは1930年という話もあるようですが、公式にワイナリとして出来たのは1986年が正確かな?
家族経営系ですが、かなり大きなワイナリで赤も白もやっており、ピエロパンあたりと生産量が並ぶとのこと。
醸造家やコンサルトが数人ついており、ウマニ・ロンキ社の人やそれこそライバルのピエロパンの人とかが介入。
ヴェネトの大手といっていいワイナリですが、受賞例は比較的地味で地元誌でそこそこ、ガンロロロッソで2つ、日経のなんでもランキング5位という怪しいラインナップであります。
そんなこんなで、まぁ大手だよねーというところでありますが、その実力や如何に?

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥(個人的に+♥)
すごーくスタンダードにソアヴェしてる感じ
うん、ソアヴェやな。
そんな気分にはハッキリとさせてくれるソアヴェですね。ガルガーネガ味であり、それが好きな私は+♥してますがどこまで普通といえば普通です。

色はクリアめですが少し黄色みをおびたカラー。
香りの感覚は洋梨と日本梨の中間を行く仕上がりになっていて、それなりに塩っけを感じさせもします。
それほど複雑性などはみせず、またどちらかといえばフレッシュ寄りかな。
味わいはこれはハズしがないなぁといった感じで、果実要素多めに、アフターはスッキリとシャープというソアヴェ感覚。
緑の果実要素が全体に見られますし、その上でシャバシャバだったり薄味なのではなく、一定のコクはもっています。
甘味や蜂蜜っぽさ、バター感などはないあたりがサッパリしているものですが、梨蜜っぽいニュアンスはあるんですよね。
バランス良くソアヴェらしさを伝えているワインだろうと思います。モダンすぎずクラシックすぎない、やりすぎてないソアヴェかな。
まさにテーブル感のあるワインで、なんとも「主人公にフラれる系幼馴染キャラ」してる気がする。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥♥♥(個人的には+♥)
1500円なら清々しく良いのでは?
価格が魅力のソアヴェの中でも、価格そのものは安く抑えられています。
同じく大手のピエロパン辺りと較べても安いハズ。うーん、このご時世ありがたい価格です。
食事向けのワインであることは疑いようがないでしょう。前菜からギリギリでメインディッシュまで対応してくれそうっていうかソアーヴェ・クラシコのイイワインって一本で最後まで戦える日本酒めいたところがあるのでレストランであってもオイシイ価格。
ケースで買うタイプのワインであり、ガツガツ消費していただきたいところですナ!

というわけで、カ ルガーテ サン ミケーレ ソアーヴェ クラシコ2013でした。
まだちょっと暑い日が出るらしいですし、そんなときに一本いかがでしょ?

市場にはだだ余りしてます。好きなショップで買ってくださいまし

ガブ呑みしてこんなんならないように注意ネ
関連記事

| イタリア | 13:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。

カ ルガーテはぜひ上級キュヴェをお試しください。トレビッキエリの常連です。

ソアヴェの薄さや塩っぽさより、樽とのハーモニーが押し出されるのでソアヴェらしさはやや弱くなりますが、白ワインとして非常に完成度が高いです。

すでにお試しの場合はすみません。モンテ アルトはムルソーを彷彿とさせますが、フィオレンティーニはバランスが良いです。

| Domaine K | 2015/08/29 12:08 | URL | ≫ EDIT

>Domaine K様

うぇるかむ!

>カ ルガーテはぜひ上級キュヴェをお試しください。トレビッキエリの常連です。

むむ、上位品はトレビッキ常連でしたか、それは失礼。
ソアヴェの大手ですもんネ。まぁそりゃそうなるですか・・・・・・

>ソアヴェの薄さや塩っぽさより、樽とのハーモニーが押し出されるのでソアヴェらしさはやや弱くなりますが、白ワインとして非常に完成度が高いです。

アンセルミあたりもそうですが、既存の(私なんかも持っている)ソアヴェのイメージとは隔離しているものの方がワインとしての完成度が高いんですよねソアヴェっていうかガルガーネガ。
ガルガーネガも本格的なブラッシュアップがなされることで、または醸造方法に旨い公式が出来上がる事で、格段にこれからも良くなる感はすると同時に伝統派は眉ピックピクなのかなぁ・・・・・・

>すでにお試しの場合はすみません。モンテ アルトはムルソーを彷彿とさせますが、フィオレンティーニはバランスが良いです。

試してないので、今後機会があれば試してみたいところ。
ソアヴェは秋もいいですからねー。また買っちゃいそう。

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2015/08/30 15:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/753-8a180157

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT