オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ニュイ・サン・ジョルジュでもいぶし銀?硬派ブルゴーニュっぷりにしょげる。 ジャイエ・ジル・

うぇるかむ!
昨日はたっぷりアルザスワインを呑んできてごきげんよろしゅうしておりました。
で、その前哨戦に実は当ブログやってなかった生産者のワインをやってるところがありましたので呑んでみました。

XvqAl.jpg
ドメーヌ・ジャイエ・ジル・ニュイ・サン・ジョルジュ・1er・レ・ダモード2009
2年半やってて、なんと書いてなかったという(っていうか、当ブログブルゴーニュで更新めっちゃくちゃ少ないのですがネ)

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
紋章はブルゴーニュでも随一の格好良さだと思います。ド派手!
裏ラベルはなかったのですが、まぁ表だけで充分ということでしょう。

ドメーヌ・ジャイエジルは名前の通りブル神様ことアンリ・ジャイエと従兄弟同士の人……がやってて現在はその息子が引き継いでいます。
何回か説明してますがも一度書いておくと、ワイン界隈にも「~~の弟子」「~~の知り合い」「~~の血族」というのはステータスになるんですネ。
それはラーメンに例えれば「ホンモノの横浜家系ラーメン家」や「大勝軒系列」や「ガンコ系列」や「二郎」みたいな。
その中でも本店で鍛えましたとか息子ですとかの方が格が上になったりする感じ。
アニメゲームでいえば「オルテガの息子なんだから勇者です」「遠野の一族だから人間最強」「オッス、オラ悟空!こいつは息子の悟飯!ついでに悟天!!全員地球救える級につえぇぞ!!!」みたいな。
さて。
そんな訳でそれなりに名が通って名門なのですが、意外と価格平均がやすかったりします。
持っている土地が比較的安く、トップがエシェゾーで2万円ちょいぐらい。高くなりがちなジャイエ関係者の中でも血筋銘柄の割に安い。
ついでに新樽18ヶ月を好んで行っているとされていて、安い広域モノでも新ダル比率が高いそうで。

今回のダモードはジャイエ・ジルの中では上の方に位置するキュベで、ヴォーヌ・ロマネ村に近いという立地。
とはいえ、まぁ一応ニュイ・サン・ジョルジュだししなやか系なのだろうなーと思いつつ呑んだのでした。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(熟成すれば別?)
かったい
カチコチ、という程でもなかったとは思うんですけれども、少なくとも現状確かにポテンシャルとか感じられるんですが推奨しづらい硬さです。
それでもまぁ、なるほどと思わせてくれるだけそこそこなのですが・・・・・・
pspss.jpg
こうして写真とったときに品と派手さが混在している点はやっぱラベルはいいんですけどネ。

色はかなり強く黒みすらあるクリムゾンレッド。若いランゲ・ネッビオーロとかに近いぐらい?
香りにチェリーのソース、それから獣感が結構出てるんですね。
バニラ要素は予想外に少なく感じられ、木々と果実。しっとりとした森っぽさ?みたいなひのきのような香りすらほんのり。
思いの外ワイルドな味わいにもなっていて、渋みがまず強めに感じられるんですよね。
グッと重た目の印象をうけます。全体のバランス感覚が重たいところで沈んでいく。
赤紫系の果実感はフレッシュではなく少し干したぐらいの印象をわずかな機微の中に見いだせるかな。
タニックさも強く。改めてこうして書いていくと閉じてましたね~。ただ、これが抜栓から一日以上経った状態だというからよっぽど堅いって感じ。
ギャルゲの最序盤でのメガネキャラ(好感度マイナスからスタート)ぐらいの状態。
近寄りがたいというよりは、近寄っても面白く無いみたいな。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥(熟成とか出来るなら+♥♥?)
というわけで、しばらくは呑み頃じゃないのでしょう。そして、そういう赤ワインを当ブログあんまし評価しないのでした。
価格としては1万円ちょいぐらい(ヴィンテージで異なります)ですから、そんなに安いワインでもないのですけれども、この重たさ硬さを上手く扱えるブルゴーニュ上級者向けのアイテムです。
よってコスパというよりは、ジャイエ・ジルが好きで買っていく人が買うというアイテム。
それならば安いモノも含めて彼の作品で比較試飲とかやるのが一番のオススメでしょうか。
あんまり飲むシチュエーションが思い浮かばないワインかな。一人で落ち着いて飲むにも、ちょっと根暗感が今はあるといいますか・・・・・・

というわけで、ジャイエ・ジルのプルミエでした。
とっつきにくいブルゴーニュの典型例みたいな感じの、老舗らしいといえばらしいワインです。
私は苦手だな~と思うこのタイプ、逆に一度体験していただくと視聴者の方にとってはイイ経験になるハズ。
というのも、多分コレがベストって人もいる気がするワインではあるからです。
久々のブルゴーニュ、なかなか難しいなぁとう~むと声が出るのでした。

楽天では同09年見つからなかったので近しいヴィンテージを・・・って、やっぱり最近の値上がりすごいなぁ^^;


懐かしい作品。これのメガネの無感情モードみたいな感じ?
関連記事

| フランス | 03:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/740-3c3fbafe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT