オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

とにかくカジュアルな南アシラーズ。ジャケ買いしたその結果は・・・・・・ ザ・グレープ・グラインダー・シラーズ2012

うぇるかむ!
南アフリカワイン、というとやはり「安い」というより「安っぽそう」というイメージが強いようには思います。
大きな間違いではあるんですが、今回はあえてそうした一般的イメージのド直球をいくようなワインにしようかと。

MD9kF.jpg
ザ・グレープ・グラインダー2012シラーズ
どうよ、この感じ・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥(個人的には+♥)
この見るからになんだか安そうな感じたまらないと思いません?
いやさ、オーストラリアとかのカルトでもこういうポップなコ稀にいますけどネ?でもこれは明らかに安そうなオーラです。
だが、それがいい。

1Uivj.jpg
裏面までポップです。

更に、作り手も何も殆ど情報がなく「南アフリカのワイナリだよー」ぐらいのモノです本当に。
びっくりするぐらいなんもなく、そういうワインで1000円は超えてるのでなんで日本に入荷されているのかナゾレベル。
(日本においては世間評価とか大事なので)
なにせ、ボトルが緑ですし・・・・・・
そんなこんなで、いかにも怪しいこのワイン、中身は果たしてどうであったのか?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥
うむ、チェリッシュな!
良くも悪くもザックリ作られた事がわかるワインといえましょう。
果実感がド目立ちするスタイルで、ラベルの印象そのままです。

色は思いっきりレッド。カラー自体はとても単一。
香りからしてかなーり駄菓子的であります。
チェリーの缶詰というよりお菓子感、それもバターとかは使ってないチェリージャムとかの感じ。
そうした果実要素そのものはストレートすぎるといえばすぎるのですが、同時にあんまり雑念がないのはまぁまぁ。
ちょっとしたシガーの香りなどは南アフリカっぽい要素でしょうか。
味わいも全体にラフで軽いチェリーのストレートさで始まりますし終わります。
逆説的に安いピノのような感覚になっていて、強い果実感やバター要素などはなくほぼほぼ赤系果実で終わるのです。
うむ、やっぱりシラーはピノと似てるなぁ・・・・・・なんてしみじみしますが、アフターに若干だけスパイス感が出るような。
とにかくそうした軽ーいキャラです。どのぐらい軽いかというと、ラブコメラノベよりも軽い。
ただ、アメリカの安値とかよりは果実の感覚がちゃんと出ていて人工的さ少なめなのは大きく+だと思います。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
1500円程度だったと思うのですが、なにせネットでは売ってるような様子すら見られないぐらいに情報がなく、私も酔っ払いながら
「んぁ、ラベルかわぅいー、しかも南アとかテンアゲだわチョリーッス」
などと超チャラく買ったのでちゃんと覚えてなかったりOTL
MzY0l.jpg
キャップもカジュアルでカワイイこのワイン。ガブガブとデイリーで使ってあげるのが良いでしょう。
そんなに主張があるワインだとかではないので、見かけたらラフに使うのがいいでしょう。
値段程度か、もっといいものがあるような気がしますが(それこそ南アフリカならば)これはこれで楽しめるラフーなワインです。

というわけでグレープグラインダーよりシラーズでした。
ちなみにこれ、同じシリーズのピノタージュはまんまコーヒーを削ってたりします。
いやさ、そりゃタージュってコーヒー味とか言うけどサ・・・・・・

私もこういうの欲しい

関連記事

| 南アフリカ | 20:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/730-9d6255af

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT