オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

元祖ヴァーチャルワイナリのとってもスマートなプティ・シラー!キャッスル・ロック・プティシラー・ロダイ2012

うぇるかむ!
ちょこちょこと特集してみたりしてるせいで、なかなか良かったのに紹介してなかったなぁってワインが私には結構あります。
それを消化しようと思いまして。こんなのいかがでしょう?

kUd2x.jpg
キャッスルロック・ワイナリー・プティシラー2012
久々のプティかしら。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベル自体はカリフォルニア大手系っぽい感じの紋章にゴッテリとした文字という定番スタイル。
下の方にさりげなーく金縁の中にロダイって書いておりますね。

jzSHt.jpg
おもいっきり注ぐのがヘタだな私!

作り手というかワイナリのキャッスル・ロックさんは元ヴァーチャルワイナリで今では完全に自社を持ったという中規模なワイナリ。
グレッグ・ポポヴィッチというワインラヴァーがジョー・ブリッグスという醸造家を従えて、
「全部契約ブドウ、醸造施設も全部借りて作る」
というのばヴァーチャル・ワイナリスタイルでありますが、その先駆的存在なんだそうで。
このヴァーチャルスタイル、いわばラングドックに多い組合ワインの拡大版みたいなモノでして、自分でブドウも育てないし作る場所すらもってないけどそのかわりに出来たいいジュースを使って、自社に運ぶなどの手間なくワインを作れるというメリットがあります。
テロワール主義者が泡ふいてしまいますネ!
で、そんな感じでやってた中、ついに自社醸造所も持つようになったというこちら、「テーブル価格のワイン」としてはそれなりに雑誌でとりあげられていたりします。
スペクテイター、ワイン&スピリッツ、マットクレイマー、タンザーたん、ニューヨークタイムスなどなど・・・・・・
まぁ、いずれもデイリー部門での評判なのはお察しください。
そんなワイナリがロダイで仕込んだプティ・シラーであります。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
かなーりスマートな出来栄え!
以前、レーヴェンズのミックスプティを呑んだ時も思ったのですが、プティ・シラーってもしかしてシラーを上品にしたスタイルといいますか、エルミタージュ系に寄った感じになるのですかね?
あまりスパイシーではないけど、スマートな出来。

色は強めに赤紫。色自体は流石に若々しいですネ。
香りにミルキーさとブラックベリー&ブルーベリーのソース感があって、強すぎず弱すぎず程度のタッチ。
確かにあんまり強くない香りではあるのですが、整い自体はまぁまぁ。
個人的にはスパイス感がある方が嬉しいのですが、そうした要素なく控えめな印象です。
味わいも全体的にコーヒー&ジャムパンの印象です。それで中庸というなかなか肝の座った、作り込みを感じさせる品。
シロップ感はなく、果実要素も複雑ではないもののハッキリ感じられカフェオレ系のアフター。
口当たりは結構綺麗に作り上げられています。自然なタッチではありませんが、全体に透き通りは良し。
コーヒーでいえば、スタバとかのテラス席っぽい、なめらかに作られたシティガールなキャラです。
サードウェーヴとかみたいな超こだわりとかでなく、いつものスタバで何となく本読んで満足してる女子大生キャラ。
可もなく不可もなく、どっちかというと良い感じのワイン。
日持ちもそこそこ良さそうに感じました。2日で呑んじゃったんですが、多分もう数日は尖らなかった可能性感じてます。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(個人的には+♥)
お値打ちだなぁ~と思っちゃう感じ
2000円程度で地域指定ぐらいまでは出来てるちょっと珍しい品種が買えるのは嬉しい気がしますネ。
同じ価格帯と傾向というと、地品種イタリアやアルゼンチンマルベックやジンファンデル辺り。
その新たなヴァリエーションとして大いにありだろうと思いますネ。
気にったらケース買いありな、スマート系なスタイルは料理との相性も崩さない感じでグッド。
特筆すべき、突出したような要素は少ない(プティ・シラーという品種である事実が一番突出している)ので、面白みを求める向きではありませんが、この価格でこのバランス感覚の良さをしっとり味わえるのはいいですネ。
低価格の割には高級感があって、毎日贅沢な気分にさせてくれるタイプ。

というわけで、キャッスル・ロックのロダイプティシラーでした。
2012というアメリカのオールグレートなヴィンテージなのが大いに関わってそうな気がしますが、地域まではしぼってこのぐらいの価格でいくつかワインをもっていて、かなり注目していいワイナリだと思います。
デイリーワイン派は是非チェックしておくれやす~

可もなく不可もない辺りは「品評会系」な印象もありますが、まぁその中では成功例では?

ヴァーチャルボーイみたいな事を未だにやっていたりする世の中
関連記事

| アメリカ | 14:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/728-08e47a3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT