オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

近年設立のブルガリアワイナリ、マヴルッドの豊満さ カタルジーナ・メゼック・マルベック

うぇるかむ!
今日は久々にマヴルッドやっておこうかなぁと思いまして、久々のブルガリアでの更新です。っていうか、ブルガリアワインって殆どワイナリのシリーズでは見かけるけど数すくなくてなかなか特集組めないんですよネー

SueFG.jpg
カタルジーナ・メゼック・マヴルッド2012
マヴルッドという品種を改めて追います。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥
パッと見は普通よりも地味めなぐらいでしょうか?
ただ、何ともヨーロッパ感よりも古代ローマ的な古さがただよってる辺りは特徴的かも??
NcjmD.jpg
しかし裏は思いっきりブルガリア語(?)ですネ。

実のところ、あんまりデータの無いワイナリでして、2006年にキショフ家の双子さん(正確な名前も良くわからない)が設立しました。
ちゃんちゃん!
ぐらいなんです、いや本当に。
White Soil(白土)と呼ばれるミネラル豊富な土壌で作ってるよ、っていうぐらいかしら後は・・・・・・
日本に入ってきていることそのものが割りとナゾなぐらいのワイナリであります。何せ、全く関係ない「トラキア抒情詩にも出てきた品種」などとマヴルッドそのものの紹介されてる始末ですからネ。普通に考えると地雷だよって言っているようなモノです。
とはいえ、私が追っているマヴルッドである以上買う必要性がある!と意気込んだのでした。
さて、その実力というと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
マヴルッドはやっぱり最高だぜ^~
うん、やっぱり擬似的にナパっぽさ(カリフォルニアっぽさ)を出すならマヴルッドは最高の品種かもです。
トラキア王の味覚はなかなか良かったんでない?(適当)

色は赤紫さがとても強く、ギッチリと濃い印象をウケます。
香りにも同様で、かなり渋めにプラムやタニックな印象の紫果実のジャム、それとどこか土っぽさやバニラ感があります。
全体に泥くささがあるぐらいのもので、重たく仕上がっていたり。
味わいも同様にマヴルッドの中でも重たさを感じさせるのです。
カシスやプラムやブラックチェリーなどの重たいジャム感は煮詰めまくってますし、どうじに感じられるバニラ要素もしっかりとしており口当たりも重たくできています。
これだけ書くとあんまり日本人向けでなさそうな印象すらウケますよね。うん、そう思います。
ただ、ハーヴっぽい青さというのもマヴルッドの特徴でして、同時にアフターに感じられるのが実に救い。
ガッツリ濃いのにハーヴのアフターでなんとなくスッキリしなくもない、というのはカベルネの特徴だったりしません?
それをもっと煮詰めて濃く作ったようなワインがコレだったりします。
そういう「濃いカベルネ感」がヘタなカリフォルニアワインよりもナパのワインっぽく、それはどうにも品種特徴なのだろうと改めて思ったのでした。
かなり田舎感があって、すっとんきょんな感じではあります。しかしながら、それはそれで良し。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
2500円程度としては、全体で見ればまぁまぁ。マヴルッドという品種で見るとちょっとお高いかなという惜しい感じ。
地品種帝国イタリアの近くであり、こういう地品種で美味しいの価格としては普遍的な価格といっていいでしょう。
マヴルッドを体験したい、という意味では充分にありだろうと思います。
ただ、あんまり見かけない割に他のマヴルッドよりも「ワイン自体のレベル」はそれなりだったりするのもオススメするべきか悩めるところであったり・・・・・・
見かけたら試してみてね、という感じでしょうか。

というわけで、カタルジーナ・メゼック・マヴルッド2012でした。
まぁまぁの域は出ないものの、しかしマヴルッドって将来性があるのだなぁと逆に感じさせられたワインです。
こういう地品種が今まで残っていてくれたブルガリアに乾杯!ですね・・・・・・って、やっぱりワイナリがどうこうよりも国単位でどうこうってなっちゃいがちなワインかなやっぱりコレ?

楽天ではマヴルッドが欠品。で、何故かプリンと一緒に高いバージョンが売っている。その商売方法が一番ナゾ。

あまちゃんもアイドルらしさ0で突き抜けたらこんな感じになるんやないでしょうか(適当

三日目に呑めばこのぐらいにセクシーな瞬間がたまーに・・・たまーに・・・・・・
関連記事

| ブルガリア | 22:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 
遠峰奇天烈斎様がまなこかっぴろげて抜栓するとこで次週を迎えた今週
 
如何お過ごしだったでしょうか?笑
 
 
ワシはマッドマックスとクリスリングランドの豊満ムチムチシラーズのオージーパワーのお陰で夏バテもせず週末迎える事が出来ました(・∀・)/V8!
 
 
明日は実家に帰る途中ブルガリシラー(ヤトラス シラー)を本当偶然買おうと思ってましたよ。
 
その他ヤトラス ルビンとオーガニック・マヴルッドも購入予定は勿論のこと笑
 
ポークパインリッジ・シラーも在庫ありそうなので針鼠も購入リストに追加(´艸`)♪
 
早速リーデルワールドシラーの本領を発揮出来そうです。
 
見せてもらおうか、連邦軍のモビルスーツの性能とやらを!(°∀、°)CV:池田秀一
 
 
あ…(。 ̄∀ ̄)てかマヴルッドってグラス何で飲んだらいんだろう…(;・∀・)ネット見たらボルドーグラス勧めてたけど…
 
 
とりあえず一通り試してみるか(。-∀-)♪
 

| ふっちゃん | 2015/07/31 23:58 | URL |

>ふっちゃん様

うぇるかむ!

>遠峰奇天烈斎様がまなこかっぴろげて抜栓するとこ

ナゾの変顔でありました。
神の雫はひとまず「どうせ赤白の入れ替えだろう」と思ってたら本当にそうで「なんだかイチイチ書くのも良くないな」と思い当ブログではよっぽどなんかないかぎり触れずにいこうかと思います。
そもそも私、食事の組み合わせ気にしないというかジャマ派ですし。
あの作品風に言うと「結婚しなくてもいいんじゃね?」です。

>明日は実家に帰る途中ブルガリシラー(ヤトラス シラー)を本当偶然買おうと思ってましたよ。
その他ヤトラス ルビンとオーガニック・マヴルッドも購入予定は勿論のこと笑  
ポークパインリッジ・シラーも在庫ありそうなので針鼠も購入リストに追加

なかなか濃い路線を揃えてらっしゃる様子・・・・・・
夏場にはちょっと暑苦しい感じもありますが、ゆっくりと楽しんでくださいませ。

>あ…(。 ̄∀ ̄)てかマヴルッドってグラス何で飲んだらいんだろう…(;・∀・)ネット見たらボルドーグラス勧めてたけど…

私もマヴルッドはボルドーグラスでいいと思いますネ。
理由としてカベルネにどっちかというと近いから。ブルゴーニュタイプだとか微妙に細身が多いキャンティ系よりは標準的ボルドーだろうと。
シラーぐらいおおぶりなもので、ガツガツとスワリングしちゃっても楽しめるかな。全体に濃いので。
一方、ルビンはネッビオーロとシラーの両方の感覚をしっかり持っているので、意外とグラスの好みを分かつかもしれません。

ブルガリア勢に言えることは「抜栓直後や当日よりも日数が多少経過したほうが良い」と思います。
グラスの最適解のチェックと、タイミングの測りが案外むずかしいのですが、しかしハまると濃いワインとしては最高峰を見出すので是非楽しんでくださいまし。

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2015/08/01 13:01 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/727-a2cbc1ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT