オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ローヌも恐れるマーク・ケント様はテーブルもバッチリ!? ブーケンハーツクルーフ・ポークパインリッジ・シラー2013

うぇるかむ!
本日もギリギリになってしまいましたが、今日は南アフリカの最高峰・・・・・・の、テーブル版です。

mJmRX.jpg
ブーケンハーツクルーフ・ポークパインリッジ・シラー2013
出た!ブーケンだ!!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベルそこそこカワイイっすよネ?
で、そこはインポーターもわかってまして、
WRW83.jpg
というわけで、ローヌも恐れる作り手の安めのシラーズです。

フラッグシップはこの本年度も絶賛最高のブーケンハーツ様
しかし、それを作る男のカジュアルラインであるのですが意外なほど売ってる場所がない!
カジュアルラインなのに、ブーケン本体置いているところでも取り扱ってなかったりする。
なので、逆に「実は良くないのでは?」と思いもしつつ、やっぱり気になって呑んでみました。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
ローヌ大御所と差が0っていうか↑
マーク・ケント様ちゃんと安くてもOKなシラーズやるじゃないですかーッ!
最高すぎる、恐らく究極のワインのひとつであるブーケンハーツ本体には遠く及びませんし傾向も違います。
あっちが「サンタバーバラやエルミタージュ」だとすれば、このポークパインリッジは「ローヌ広域のジゴンダスやロティ」なんですね。
力強い。

色は赤紫で、案外とあかさ多めかな。
香りがスパイス系がたっぷり。黒胡椒を中心としたお肉系スパイスがぎっちりです。
それでいて、そこにど強い黒系果実ソース。ジャミーまではいかず、果実感はMIX系でちょっとハッキリしていないのは本家との大きな差。
全体のスパイスとコクの感覚はかなり力強いといえるでしょう。
味わいは香り同様にバッチリ肉厚で、アタックからギッシリとしています。
香り同様のジャミーさとスパイスエキス、その荒削りながらも、アフターは案外とスッキリしている辺りが「いい出来のシラー」の象徴。
パワフルなんだけど、ちゃんと美人。これです。コレ。
ギガル・ルージュとかだと割りと野暮ったい感じが残ったり、逆にシャプティエさんだと味気ない気もする。
そうしたなかでちゃんとバランス持ってる。
より火力と機動力、複雑さが出ると最高のシラーズです。そういう域をもっていますネ。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
ケース買いワインなのにあんまり売ってないのなんでだ?
うん、しっかりケース級だろうと思います。
高いワイン知っていると少し拍子抜けする部分もあるとは思いますが、価格でみれば充分なワインではありませんか。
自然さと果実の火力も程よく、毎日呑んでもOKなスタイル。
ワイン会などで持っていくよりまず自分が飲むべし。

というわけで、ポークパインリッジでした。
これなんであんまり出回っていないんでしょうか?うーむ・・・・・・
「シラーらしい」
がすぎるのか?みたいな気もありますが、テーブル価格のシラーにおいてはグッドな出来。

市場もそれなり余ってます。

フィーバーッ!
関連記事

| 南アフリカ | 22:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いつも楽しく拝見しています。
久々にコメントさせて頂きます。先日は御年齢について質問してしまいましたが、夢のある回答をして頂き有り難う御座いました(笑).
つい最近のヤフーニュースで「TPP交渉にて、ワインの関税を段階的に撤廃する方向で話が進んでいる。」との旨の記事が載っていました。ワイン好きにはとても良い話ですよね!
ところで前々から疑問に思っていたのですが、シンクさんのお名前にはどういった意味(由来?)があるのでしょうか。『シンク』はワインの『シン・クア・ノン』から来ていると思うのですが、『プリテュール・ノブレス』の意味がわからないので教えて頂ければ幸いです。

| 山田 | 2015/07/30 08:06 | URL |

>山田様

うぇるかむ!

>久々にコメントさせて頂きます。

ドーモ!

>つい最近のヤフーニュースで「TPP交渉にて、ワインの関税を段階的に撤廃する方向で話が進んでいる。」との旨の記事が載っていました。ワイン好きにはとても良い話ですよね!

牛とか米に関しては「TPP撤廃はんたーい!」みたいな運動がなされている報道が散見されるものの、ワイン業界からはサッパリそうした話をきかない辺りに日本ワインの世間的な知名度を感じてしまいます。
さておき。
TPPはもちろん即撤廃して欲しい(安くワインが買いたい)のですが、TPPで撤廃される部分以外の諸経費が他にも多く存在したり、TPPで上乗せされていた分をまま企業収益としてワイン価格全体が上がるなんていう噂も存在してあんまり安くはならないのではないか?なんて説もあるので
「TPP撤廃されたら、テーブルワインが100円ぐらい安くなったらいいな」
ぐらいに思った方が良さそうでもあるのデス・・・・・・

>ところで前々から疑問に思っていたのですが、シンクさんのお名前にはどういった意味(由来?)があるのでしょうか

うーん、これは何と言いますか「お笑い芸人が自分のネタを説明しちゃう」みたいな感じもうけるので
・ワインのタイプを捩った造語です
とだけ。

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2015/08/01 12:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/725-d8fa29fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT