オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本のプティベルドの実力とは・・・? 小布施ワイナリー(ドメーヌ・ソガ)・プティベルド・サンシミ

うぇるかむ!
ニコニコ動画でコワすぎ!シリーズみてたら連日更新出来てませんでしたアワワワワ
というわけで、今日もサクッと。あ、一応コワすぎ!は見終えたから多分明日からもっとちゃんと更新出来ます・・・・・・(猛省

Nvy1m.jpg
ドメーヌ・ソガ・プティベルド・サンシミ2012
日本のプティです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
えっと、解説しないとですね・・・・・・
LJSvr (1)
はい、おしまい!
もう小布施はコレ以上言うべき事ない感じすごいです。

ただ、今回はもちょっと書きますと、日本のプティベルドです。
「プティって日本では一番ベストなブドウなんじゃないの?」
と一部の学者先生達が言っていて、そのとおりいくつか植えているワイナリがあるようなんですね。
で、その一例として可能性が見いだせる気がするのは小布施かもというわけでこれは一体どうであったのか?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(個人的にはプラス♥)
日本のクリアさの中に深みが少し出ている?
味わい全体はとてもクリアな辺りは小布施ワイナリのピノとかもそうであるし、キュート系なのはそうなんですが正直ピノよりこっちに本腰入れてほしいですネ(いきなりのカチコミ

色は赤紫の単一カラーでピノかな?という感じ。
香りにチェリッシュさがあり甘味感も多め・・・・・・と、ここまではピノみたいなノートになってしまいます。
ただ、よくよくみていくと紫の果実感、ブルーベリーなどがスッと出てくる。
この頃合いとそうした紫ブドウを付与した感じはピノとは大幅に違う部分です。
味わい自体はキレイ目でクリアなスタイル。
果実感がベースで、チェリー缶詰の中にポツポツとミックスしてブルーベリーが入っているような。
複雑さはありませんが果実感などの要素要素はいいものを持っている感じ。
もっと深みを・・・・・・ともまぁ言えなくないんですが、自然派スタイルとしてちょっとオージー寄りになっているのは個人的に好ましかったかな。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
価格自体は3000円程度とまぁ普通の域でしょう。
以前にも書きましたが、日本の人気ワイナリはなぜか「値段が高いわけでもないのに手に入れづらい」という状態が続いている為あるいみ「値段で見てもしょうがない」部分があります
そしてそれは大きく問題であるし日本の限界とも見えます。
それでも、ピノよりは恐らく手に入れやすいのでしょうけどネ。ピノより私はこっちをオススメしたいですっていうかしました!

というわけで、ドメーヌ・ソガなプティベルドでした。
実はちょっと明日も日本のプティベルド更新です。そして、そっちが本丸であります!乞うご期待!!


私が最近更新ド遅れたりしなかった理由は一部のネット界隈で「めっちゃ怖くない」「むしろ主人公がクズでヤクザでコワい」「途中から格段に面白くなる」「オカルト系考察勢の餌」「秘封倶楽部マニア御用達」「実写版MMR系少年漫画」「運命に逆らえってなァッ!」
と、孤独のグルメや実在性ミリオンアーサーに次ぐ「ヲタクが見る実写ドラマ」作品がコレ(これは新シリーズ第一話)
関連記事

| 日本 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/723-e7993638

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT