オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

URアイテムな千曲川ワインバレーの長ピノ。 ヴィラデスト・ピノノワール2013

うぇるかむ!
日本にはいくつかカルトワインが存在しますが、これもそんなアイテムのうちのひとつかもしれません

CJmmB.jpg
ヴィラデスト・ピノノワール2013
長野ピノであります。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(個人的には+♥)
かなり有名な日本のワイナリのひとつであろうと思います。最近精力的に活動されている玉村豊男氏の本拠地です。


この新書、意外と(そろそろちょっと古くなるかもだけど)最近のワイン事情がよく載っている本で、一度何かしら呑みたいなぁと思っていたのでした。
詳細は日本のワイナリですからホムペでどうぞ。
+ポイントをつけているのは、絵も自作な辺りにちゃんとカルト要素を感じさせるからと本を読んだ影響・・・・・・
(私、絶対ワイナリそのものに行ったら100倍ワインを美味しく感じちゃうマンだよネ)
と、もうひとつ、これが「日本のピノ」だからです。
実はこのワイナリ、他のワイン特にシャルドネが賞をとっているワインであり主戦力であろうに、公式ホームページを見ても
「ピノと100本ぐらいしか作ってないピノグリだけが売り切れ」
という状態です。リザーヴメルロとかシャルドネは楽天でも余裕で買えますが、ピノはそもそも販売されていた形跡すらない。
そんな超レアなピノ、呑むことが出来たわけですがその内容はというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
すこぶる綺麗めな日本らしさ
こう、日本のワイナリが目指してるピュアな感じ、バンバンです。
見本のようにピュアです。アルコール度数12%のピノらしいともいえるのでしょうか。ひたすらにスパッときれる日本刀イメージのピノ。

Xakt8.jpg
あ、このワイナリ、後ろの説明が少ないのもちょっと好印象。

色はかなり透けてクリアレッド。写真は相当暗く写っちゃってますが透明度高し。
香りにさくらんぼがストレートに見られ、多少葉っぱ感があり。
この葉っぱ感(と、私が言う要素)はブルゴーニュピノ好きにはたまらない要素らしいんですが、個人的にはイマイチ要素だったりするので、この部分に興味がある人はもっと香りだけでドキドキしちゃうかも?
味わいもすごくスッキリしつつ、水っぽさが極まるぐらいクリアです。
アタックからアフターまでとてもクリア。ちょっとアフターにアルコール要素が出る事があって、その部分が薬品っぽい雰囲気もあるんですが、基本的にはチェリー系果実をスラッと整えた内容になっています。
複雑さとかよりも新鮮さ。テクスチャというよりスマート。
自然派感も充分なのでそうした人の方が楽しめるであろう、まさに日本ピノの代表的な流れだろうと思いました。
無骨な侍とかじゃなくて、乙女ゲーのイケメンザムライね。トウラブよりも乙女ゲーのそっけないキャラしてる気はします。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
まぁ、うーん、5000円はしちゃうのかー・・・・・・
というわけで、個人的な購入はしないタイプのワインかな。きっとシャルドネの方が美味しいのだろうと予想させてくれます。
レア度の割にはキレイな顔をしすぎているように私は感じたかな。しかし、それでも日本のワインの中では良く出来た自然派ピノだろうとは思います。キレはたしかにイイし目指す部分はハッキリと。
というわけで、買えればいろいろな使い方が出来るワインだろうと思います。
ただまぁ、わざわざ探すよりはおそらく(呑んではないけど)メルロやシャルドネでも充分なんじゃないの?とはちょっと感じた。この方、多分こういうキレイな作りをどの品種でもやってくれそう。

というわけで、ヴィラデスト・ピノノワールでした。
ああ、ジャパニーズピノっていうストレートさは良いのではないかと。
しかしながら、日本のワイナリのレアモノって殆どピノだったりするのが、日本人のピノ贔屓を感じてちょっと複雑な心境です。

メルロの方を一応。外国人にはあんまり呑んでも驚かれないのでは・・・・・・

6作も続いてるって大作シリーズよねぇ
関連記事

| 日本 | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/719-bbe7c130

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT