オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

白で人気な人の赤、南アフリカのラフさを測る。 ケン・フォレスター・プティ・カベルネ&メルロ2013

うぇるかむ!
酔いつぶれてました。いやさ、アイドルマスターシンデレラガールズ前祝い的に酔っ払っていたのです。
それとはしかも関係なく、昨日ぐらいまで呑んでたテーブルワインを今日はチョイス!V8!!と言いたい所ですが南アフリカです。

h7rEx.jpg
ケン・フォレスター・プティ・カベルネ・メルロー2013
ステレンボッシュ産ですネ。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベル自体はシンプルに輪をかけてシンプル。文字の配置だけというスタイルです。
FkA6K.jpg
後ろは結構長い。

作り手はケン・フォレスターという人で、「 MR.シュナン・ブラン」の異名を持つ人・・・・・・というぐらいしか今ひとつ情報がありません。
元々古くからあるワイナリを、その人が買い取って始めており、またシュナン・ブランが上手というのに、私はなぜかカベルネメルロを購入。
何故かこの人、グルナッシュとかも作っているらしいのですが、そのような都合で「カベルネ主体、メルロとその他7%ぐらい他の品種」という大雑把なデータがあります。
そんなこんなで、如何にもなテーブルスタイル。
その実力はというと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
ドがつくぐらい、テーブルワイン
ものすごくテーブルワインとして定番のスタンスではないでしょうか?
どちらかというとカリフォルニアとオージーの大手寄りな印象ですが、整いはそれらのテーブルワインよりもしっかりしています。

色はレッドさが超強めですが、ギリギリガーネットかな。うすみのカラーリングしてます。
香りにチェリッシュさがあって、如何にも軽いカベルネの印象。多少葉っぱっぽさや南アフリカっぽい渋いタバコ要素なんかは出ています。
それらは特別複雑ではなくシンプル。
味わいも最初に赤チェリー缶な甘味からスタートし、そのままシンプルに苦味要素などが出た後にハケていくという。
酸味もそれなり、苦味もそれなり。
そうした要素がどれも単調ではあります。ありますが、全部揃ってはいるので「テーブルワイン的だなぁ」とは思うものの安っぽすぎることはないのです。
あくまでもがぶがぶ呑んでしまうタイプの小品。
苦味や香りの部分に南アフリカらしさがありますが、基本的には扱いやすいアメリカ大手風味といいますか・・・・・・萌え絵の定番みたいな感じかな。とてもラフです。

74uo8.jpg
CAVA!
オリーヴオイルの鯖缶と合わせたらとても良かった。甘味の部分がちゃんと活きる。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
そんなわけで、1800円ぐらいのワインとしては可もなく不可もなし。
そんなモノかなぁ、というところの基準値どまんなかのワインです。
それなりにできているけど、お買い得だったりはしないと言うような・・・・・・シュナン・ブランの魔術師だからといって赤ワイン上手という事もないのかなっていう。
という訳で、なんだかレストランのグラスワインとかで出てそうなタイプのこのワイン。家でガバガバ呑むのがよいでしょう。
それも、とてもラフな料理の方がイイと思います。

というわけで、ケン・フォレスターより安価シリーズなカベルネメルロでした。
あくまでもテーブルワインで適当に呑めるアイテムであるものの、引き合いに出しているカリフォルニア大手に比べるとずっと本格的だったりはします。
逆に言うと、コレぐらいは南アフリカならこの価格で出してくるということでもあります。
やっぱり恐ろしい国だなぁと思うわけでした。

楽天では去年のVERが売っている模様。これはちょっと渋くなっちゃってそうだなぁ・・・

結構美味しかった。ワインとオススメ出来る缶詰です
関連記事

| 南アフリカ | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/717-ec380b14

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT