オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本でもココア感のあるワインが作れる!日本はこれからは南の時代? 都農ワイン・プライベートリザーヴ2013

うぇるかむ!
日本のワイナリです。正直、私の苦手ジャンルなんですが、これは面白いと思ったのでひとつ。

VLoeD.jpg
都農ワイン・プライベートリザーヴ
宮崎県のワインです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
日本のワイナリの中ではカッキェー!なラベルだと思います。どっちかというとチリっぽい雰囲気ですね。南の方だからっていうイメージをどこか持ってラッシャりそうです。

z7LAO.jpg
Ffrgn.jpg
ワイナリの説明はこれ以上必要ありますまい・・・
ついでに公式ホムペも充実しててむしろ見づらいぐらい情報があるのデス
というわけで、呑んでみたっちゃが!

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
めちゃくちゃ重たいアンドロイド的ワイン
すっごく人工的といいますか、単純な話「フレンチオーク15ヶ月に完全にブドウが負けてる」感じなんですよね。
濃い。っていうかピノっぽくない。カリピノだってもうちょっとピノしてます。

色は妙にブラウンになっており、少し変なカラーリング。いや、正常なのでしょうが濁り感というよりも「何かヘンなブラウン」なんですよね。いや、濁り感だったのかしら・・・・・・(不安)
香りに思いっきりカカオたっぷりなチョコの感じがビンビンです。
その点トッポってすげぇよな最後までチョコたっぷりだもんって感じでそれは最後まで継続。
味わいも同じく日本らしくないぐらいに大胆な仕上がりになっています。
濃厚さが凄まじく黒糖タッチや赤系果実の酸味甘味がありつつ基本はカカオ。
驚くほど強い香りで作った樽ピノといえましょう。それでいて果実の中にドライトマト感があるのはなかなかおもしろい部分です。
お魚がよっぽど強く味付けしないと苦戦しそうな強さは必見モノ。
デザートのティラミスみたいな気分にもなります。これ、食事と合わせるのは難しそう・・・・・・
と思って公式を見たら日本のワイナリのピノの表記とは思えぬ「しっかりとした肉料理と合わせて」という一文。うむ。
そうしたキワモノ感がありますし、樽感がダメな人には徹底的に呑めないスタイルだと思います。
と、同時に、私が知らない時代の初期のドミニク・ローランとかもきっとこんな味だったんじゃないかな?と思うようなところがあったりします。
まさに、ティラミスのホール。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
キワッキワなんですが、3500円という価格はコワイモノみたさに買うにはギリギリ許せるタイプではないかと。
(これが4000円とかいっちゃうとコスパ悪いと即効で判定するんですけどネ)
日本ワインマニアの間でこれがどのように感じ取られているかは不明ですが、カリフォルニアだいしゅきーオージーだいしゅきーなタイプの私からすると、惰弱な日本ワインに良い牽制足りえるのではないかと期待感もあります。
ありとあらゆる場面で「キワモノ」「ヘンテコ枠」として君臨することが出来そうなこのワイン、使いこなすのは難しそうですがお試しあれ。

というわけで、都農ワインのプライベートリザーヴのピノでした。
これを呑んだ上で、なんとなく感じたのは「むりくり樽使いまくらなくても、いや使わない方が面白いものがココは出来そうだゾ?」というモノ。
この出来栄え、面白さは結構イイ線だと思うのですが果たして今後牽引出来るのか・・・・・・ちょっと注目です。

ネット上ではピノはありませんな。シラーなら売ってるみたいだけど・・・この醸造からするとシラーはちょっと気になりますネ


高級洋菓子屋ではなく、こういうドーーーンッ!って感じネ

アンバランスなタイトルという意味では合致している
関連記事

| 日本 | 23:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ピノファンとしてはなかなか期待の一品ですなー。
ピュアな自然派ピノはドメーヌタカヒコとかあるし、ブルゴーニュ的なピノはミエ イケノがいるので、こういうガッツリ系のピノが出来るのなら面白い!
今度飲んでみたいすねー。

| HKO | 2015/07/14 15:11 | URL |

>HKO様
うぇるかむ!

>ピノファンとしてはなかなか期待の一品ですなー。
ピュアな自然派ピノはドメーヌタカヒコとかあるし、ブルゴーニュ的なピノはミエ イケノがいるので、こういうガッツリ系のピノが出来るのなら面白い!

かなーりガッツリしてましたネ。総じてバランスが悪いといえば悪いんですけれど、可能性には満ち溢れている。
むちゃくちゃ若いシャルロパン・パリゾの村名ぐらいとか、いや違うなココアっぽさだけを極端に話せばクイルシーダクリークの若いやつみたいな?なんかそういうアンバランスさ。
個人的に前々から「日本のワイナリは関西とか南側の方がアツいのでは(色んな意味で)」とか思ってたりするんですけど、これには一つの方向性が見えた思いでした。

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2015/07/15 05:59 | URL | ≫ EDIT

ちょいとお久しぶりです。
ツノワインのピノは飲んだことないですが、
マスカットベーリーAはこないだ飲みました。
なんとなく人工的、ってのはちょっとわかるかもしれません。
下品を承知で言うと、絵は上手いんだけどイマイチこう…
アッチに響かない大人の漫画のような;
でも最近日本ワインは個人的に熱くて、
HKOさんのようにドメーヌタカヒコのロゼとかは大好きなんで
色々探していきたいですね。

| 斉田夏樹 | 2015/07/15 21:21 | URL |

> 斉田夏樹様

うぇるかむ!

>ツノワインのピノは飲んだことないですが、 マスカットベーリーAはこないだ飲みました。なんとなく人工的、ってのはちょっとわかるかもしれません

ベリーAもそれなんですか・・・・・・うむ、つまりここ多分シラーとかカベルネは美味しい気がしてなりません!

> 下品を承知で言うと、絵は上手いんだけどイマイチこう…
アッチに響かない大人の漫画のような;

あぁ、その、何というか、クリムゾン?(直球


>でも最近日本ワインは個人的に熱くてHKOさんのようにドメーヌタカヒコのロゼとかは大好きなんで色々探していきたいですね。

私は正直、日本のワインは優先順位が超低いのですが、しかしいろいろ探したいというのはとても解るのです。
探さなくては、ならない。そんな気がやはり日本にいる以上感じるのですよねぇ。
さておき。
タカヒコ、この後記事にしようともしておりますが、ここ白の貴腐風がかなり美味しかったですネ。
いろいろ試している真っ最中の日本、という感じが凄く出ているワインが多い昨今。

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2015/07/16 20:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/711-a88e760a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT