オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

元パティシエらしいボーヌ ドメーヌ・ローラン・ボーヌ2010

うぇるかむ!
本日は昨日に引き続きでドミニク・ローラン作品です。

dome-nuro-rannbo-nu.jpg

今回はボーヌですね。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥
ラベルはブラックに金というシックな印象の一本。
ドミニク・ローラン銘柄の中では安い逸品なのですが、高級感はあるように見えるのが特徴。
なんでも、昔から生産している一部シリーズのみこの黒ラベルを使っているとかいないとか・・・(本人に聞けばよかったですね)
日本人っていうかオタクって黒いラベル好きっすよネ!ポケモンもブラックのが初動良かったですし。
ドミニク・ローラン自体に関しては前回記事参照で
今回はコート・ド・ボーヌのボーヌ村ものですが、ヴィエイユ・ヴィーニュ(古木)がほぼ確定しています(ドミニク・ローランは基本ヴィエイユ・ヴィーニュの使い手)

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
色は比較的濃く、赤っぽさが目立ちます。
香りは開けたてから良く、あまやかな桜と砂糖漬けのチェリーの香りがしっとりいい印象。
チェリーの果実感が味わいに強く出ていますが、バランスはとれているのがまず良い点。
コケモモや木々のニュアンスなどもありバッチリ重たいです。
そこを丸く納めてくれるのが、流石のドミニク・ローランのマジック・カスク。
ボーヌ系の少し田舎っぽい果実のゴロッと入った風味を、バニラリキュールで鮮やかにお菓子のように仕立ててあります。
アフターの印象までクッキリと甘いのですが、少しベリー系のすっぱさが残っているのもいいポイント。
この辺りの作りには流石という他ないなぁ。
patesie.jpg

画力がなくてイマイチ伝わってない印象ですが、ケーキの質は「小さいけどいいパティシエが作ってる地元で人気なケーキ屋さん」レベル。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥
概ね5000円アンダーで買えるようですね。
前回記事のマジ・シャンベルタンとは逆に、この価格帯のボーヌ村名ものとしてはコストパフォーマンスが高めではないかなと。
どちらかというと、醸造家の実力を知るのにぴったり!
ドミニク・ローランってどんなワインを作るの?という問いに対しては、わかりやすいアイテムだと思いました。
前日のマジ・シャンベルタンと比べると根本的なパワーはマジ~の方が比較にならないぐらい高いのですが、ブルゴーニュ・ピノとしての作りと早めに飲むならばこちらの方が手頃で手軽ですね。

この辺り、ワイン好きとしては悩ましいところで
「味はマジ・シャンベルタンの方がスゴイ」「価格でみたらボーヌの方がオススメできる」
というライン取り・・・どちらも美味しいんですけどね。私的にはこちらを推したいかな~と。
何れにしても、醸造力をとっても実感させてくれるワインです。グラッツェ!

*当記事、更新当日誤って「ボーヌ村名」を「ボーヌ広域」としていました。お詫び申し上げます。


ボーヌ VV[2006]赤 ドミニク・ローラン蔵出し

ボーヌ VV[2006]赤 ドミニク・ローラン蔵出し
価格:5,124円(税込、送料別)

関連記事

| フランス | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/71-cdaf4827

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT