オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シャンパーニュに激しく似たカバ?どこかミュシャ風なドヤ顔ラベルも合わせて。 ナヴェラン・カバ・ダーマ・エクストラ・ブリュット2011

うぇるかむ!
スペインでの更新が連日続いていましたが、ほんと、そろそろ次の国やろうと思ってます・・・・・・
さて。そんな中休日を利用してカバを開けたりしてました。

o9pfG.jpg
ナヴェラン・カバ・ダーマ・エクストラ・ブリュット2011
ヴィンテージ付きカバであります・・・・・・ってすっごぃドヤ顔ね貴方!!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(ドヤ顔に+♥)
ドヤァ・・・・・・!
アルフォンス・ミュシャ風の絵柄なんですが、なんかえっらいドヤってます。
ScaLI.jpg
ついでに名前がスパイダーマッ!(東映版)

作り手はナヴァランというところです。
ペネデスの中心地知覚にある伝統的でかつ広大な生産者。100ヘクタールもってるから大したものです。
畑の中にはロマネスク時代の教会が残されていたりと、まぁ地域の老舗っぽーい感じになっています。
が、自体は近年異様に評論家勢がプッシュしたことで、ラベル通りのドヤ顔なワイナリーとなるのです(!?)
アドヴォケイトとして、カバとしては比較的高評価の91点という点数と共にジェイの野郎が
「これは旨くて安いじぇぃ!」(意訳)
とぶいぶい書く訳ですね。
その時、カバの中では一番高い点数だったようで「カバの最高評価を受けた!!」と売りだされ色んなところでドヤ顔。
「最高評価です!最高なんだじぇい!!」とワインショップ店員もドヤ顔。
更に2009年ヴィンテージを神の雫の遠峰先生が現地妻と飲んでブラインドで当てる離れ業をしてドヤ顔。激しく前後。
そして今回の2011年もパーカー直々に91点をつけ「フランスの高級シャンパーニュのバランス(ドヤ顔」
バリューワインとしてドヤドヤドヤの三段ドヤであります。
そんなドヤに満ちたカバでありますが、じゃ実際問題どうなの?ですよね。

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥
確かにカバの中では本格シャンパーニュ系かもしれん
それもそのハズ、80%のシャルドネという大部分をシャルドネを使い瓶内二次30ヶ月とかやってるので、異様にチョコレートのオーラがあるのです。

色は黄色よりのカラーリング。泡自体もそこそこ細かさがあります。
香りにシンプルなグレープフルーツとナッツチョコ感。このあたりでストレートにシャンパーニュだと発想させてくるわけです。
味わいも同様で、グレープフルーツニュアンスの果実感をベースにチョコがかけられているタイプ。
チョコ濃度は比較的濃いと言ってよいでしょう。
そうした果実とナッティーさ、しっかりと出ているビターな苦味などがとてつもなくシャンパーニュ風味なんです。
ただ、そうした要素が非常に強くブラインドでひっかかりそうな一方で、特別軽やかだったりカバらしさというのは逆にないのでその向きではありません。
細かさや繊細さ、複雑さなどは流石にないものの、全体を通じているバランスとパワーはなかなかなのデス。
余韻もそれなりに残ってフィニッシュ。残り方や泡の感じはパワフル寄りです。遠峰先生これ「優しいワイン」か?
タイプとしてはドン・ペリ系かなぁと思います。贅沢感とパワフルさがわかりやすいスタイルです。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥
2000円中盤のシャンパーニュ風としてはハイコスパと言わざるをえない・・・
カバ全体でみればちょい高い?なんて重箱の隅をつつく事は出来ますが、単純にヴィンテージ泡2500円ぐらいのレベルよりもっと本格です。
フランチャコルタNVやアメリカンスパークリングNV(の中でも美味しいやつ)でもこっちの方が安い。ヴィンテージをつけはじめるとこれら2つの生産地だと5000円程度になりがちなので、このワインが各地でハイコスパだと言われる所以はその辺りでしょうか。
シャンパーニュだと3倍ぐらいの感じです。ドン・ペリニヨンと比べたい?ふーむ・・・・・・多分正答率が当てずっぽうみたいになると思いますよ。
本格なシャンパーニュ風、という宣伝のワインも数多くあるもののその領域に達していないモノが多い中ではそこに到達しているのはシャンパーニュ愛好家のデイリーとしてはとてもグッドな選択肢になるかもしれません(クリュギストだぜーとかクリスタル至高派なら合わないかもですが)。
泡の本格。これがこの値段で、ということなら大いにアリなのではないでしょうか。

というわけで、ナヴェラン・カバ・ダーマ・エクストラ・ブリュット2011でした。
評価が多すぎると逆にズッコケる事も多い昨今、このワイン宣伝とか何もしれずに(遠峰先生がドヤってたのも忘れてた)呑んだ感覚が「あれ、思ったよりシャンパーニュ風じゃん!やりますねぇ~(グビグビ」だったのでホンモノ度高いですよ。
まぁ、私元々そんなに泡を好んでる方じゃないのですが・・・・・・でも、これは試すのは面白いと思いますヨ

2012ヴィンテージに移行中ですが、市場には宣伝もあってまだまだ残っています。希少性はないです。

当時は一番原作に近かったと称されたダーマさん。
関連記事

| スペイン | 15:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今週は和泉屋行くはずが忙しくなって未だ行けてないと言う…(ノд`)
 
近くて遠い……じぇぃorz
 
 
ってどうも語尾にじぇぃが付くと咲-saki-の片岡優希を思い出してしまう笑
 
 
あ!そうそうわしもちょっとドヤ顔してよい?笑
 
 
今日のお昼に会社で和泉屋行けないフラストレーションをぶつけるが如くネット漁っていたら
 
北海道のオージー専門店がルーシーマルゴー限定販売しててさ、ワイルドマン・ルージュ2014とエステートピノノワール2013が残り1本づつ残っていたのでゲットいたしましたよ(o>ω<)o
 
 
北海道とクール便て言うのも気にはなったがこのチャンスを逃したらいかんと思い買っちゃいました(//∀//)
 
やばい…和泉屋さん行く前に今月のワイン資金が無くなりそうだ…(実はボクサシラーズ2本とバロッサシラーズも購入済みだったり笑)
 
 
秋が来たらオージー祭りしてやるんだじぇぃヾ(°∀、°)ノ゛

| ふっちゃん | 2015/07/09 22:38 | URL |

>ふっちゃん様
うぇるかむ!

>今週は和泉屋行くはずが忙しくなって未だ行けてないと言う

そういう事、よくありますよねー。

>咲-saki-の片岡優希
あ、いたような気がするじぇい!
そういえば、あれもよくよく個性的に味付けされたキャラが多いのに私ちっとも扱ってませんでしたねぇ。

>北海道のオージー専門店がルーシーマルゴー限定販売しててさ、ワイルドマン・ルージュ2014とエステートピノノワール2013が残り1本づつ残っていたのでゲットいたしましたよ

うぉ、レアなアイテム・・・・・・ワイルドマンなんて私見たことすらないデスネうらやましい

>北海道とクール便て言うのも気にはなったがこのチャンスを逃したらいかんと思い買っちゃいました

この時期、私もクール便が嫌でめったにワインを買わなかったりします。バコバコは買えないといいますか。
やっぱり、ダンボール開けたときのあの冷えすぎてるなぁって感触がちょっと嫌で毛嫌いしてたり。
だから夏場に絶賛売り出しされるとすっごい弱ります^^;

>実はボクサシラーズ2本とバロッサシラーズも購入済みだったり

バロッサはリングランドニキのですね。いいなぁ。あれ流石の味なんですヨ。
ボクサーも同様にありながら少し毛色の違いがありますのでそこを楽しむのと保存環境がありましたらもう一本寝かせて10年後とかにいっそ開けてみれたら最高ですネ。オージー祭り、かなーりお肉が捗ると思いますガンバッテネ!


>匿名で情報をくれた方
ありがとナス!端的に言うと今回はスルーでありますが情報ありがちぃです!(理由は上記の通りクールと保存環境的な)

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2015/07/11 00:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/706-3ddc1cb8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT