オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メンシアの多様性、どこかカラフルだけどスペインらしいラベル通りの味? ペタロス・デスセンディエンテス・デ・ホセ・パラシオス2012

うぇるかむ!
昨日もちょっとした(珍しくワイン関係ない)食事会がありまして、更新怠りました~OTL
それなのに、過去最高にアクセスカウンターがまわっててびっくり。なぜ!?
さておき。今日もメンシアでありますし、こっちの方がメンシアとしてはスタンダードに日本では思われてそうな味のモノを。

VIAAU.jpg
ペタロス・デスセンディエンテス・デ・ホセ・パラシオス2012
ワイン名がペタロス。あとがワイナリ名かな確か。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
カラフルなんだけど、色使いがどこかすこしオドロオドロしい気がするのが日本的でないセンスであると思います。
日本だったらこれパステルカラーで仕上げそうですよね。でも、そうでなくこの強いカラーにするのがらしいといいますか・・・・・・
rboVX.jpg
いさぎよろしい裏ラベル。

作り手はアルバーロ・パラシオスという人がメインになり、甥のリカルド・ペレス・パラシオスと一緒に組んでやっています。
このアルバーロという人、元々クリスチャン・ムエックスで研修をして――少年ジャンプで例えると小畑健の元で修行したような感じ?――それからプリオラートのガルナッチャ品種でそこそこに名をはせます。
で、「なーんか新しい事をしてぇなぁ」ということで、シャトー・マルゴーでの修行経験があった甥と組んでまったく別のタイプ、そうメンシアで唐突に1999年からはじめます。
どちらかといえば甥が主体となっており、このワイナリ案外と高いアドヴォケイトポイントをとってたり。
メインは急斜面の樹齢の高いメンシアで作るビオづくり・・・・・・なんですが、今回のモノは買い付けVERです。
それでもアドヴォケイトでルイス君が「めっちゃ本数作ってるけど、これはマジで大注目の超コスパだわ!ブラーボ!!」と93点ポーンとくれてやっています。
さてそんなワイン、実力や如何に?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(個人的には+♥)
すっきりシラー系のメンシア!
そうそう、スパイシーな感覚と果実の印象がこっちの方がらしいっちゃらしいといいますか。どちらかというと昔ながらなメンシアなのかもですけどネ。

色は強みのあるクリムゾンレッド。
香りにスパイシーさと果実のボリューム感がハッキリと見られ、バニラっぽさもそれなりに。
果実は紫果実と赤果実のミックス。
自然派といいつつ全体にパワフル寄りであり、味わいも同様です。
にくにくしいジューシーさ、酸味もなかなか効いていて漢方で煮たお肉の感じ。
タイとかの肉料理っぽいとでもいいましょうか、どこかそうした基調なんですよネこれ。
ほのかーにオレンジ感などもあったりしつつ。香りよりはバニラっぽさは感じさせないのも特徴でしょうか。
細かさやエレガンスまでは持ちあわせていないものの、要点は非常によく捉えられています。
雑味も少なく(漢方要素を雑味と捉えれば別ですが)、ちょっと濃い目で飲みやすい程度の感じ。
スポーツ褐色少女系ですね。夏場に敢えて呑みたい訳でもないけれど、ワイン自体のキャラは夏してると思う。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(個人的には+♥)
3000円アンダーとしてはなかなかおもしろい要素が詰め込まれてますし、見どころがとってもあると思う!
海外では値上がりが結構あったようなのですが日本ではあんまり値段が変わっておらず相対的には安くなっている模様。
全体にパッとしたタッチでもないのでプレゼント向けではないのですが、安めのワイン会にはメンシア代表として使ってあげるのは興味を引くだろうと思います。
家呑みするならやっぱりお肉、ですね。

というわけで、ペタロスというメンシアワインでした。
なかなか興味深いぶどう品種であるメンシア。それも結構味わいに「ベースのスパイシーさ」はありつつ多様性が出ています。
これかなり面白い品種だと私思うのですけれどネ。今後も追ってみたいところです。

ネット上では過去ヴィンテージが残ってるお店も。はやってない品種でもあるけど、いいですよメンシア
[2012] Petalos - Palaciosペタロス - パラシオス

[2012] Petalos - Palaciosペタロス - パラシオス
価格:2,678円(税込、送料別)


敢えて魚なら、しっかりとグリルしてさしあげて
関連記事

| スペイン | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/703-cedfd44f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT