オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お魚の食べてね☆とラベルから伝えてくる率直さ! アバニコ・セレクション・フィンカ・レメンディオ・ルエダ2013

うぇるかむ!
朝方、同ワイナリの古樹赤で更新しましたが、今度はテーブルクラスの白で!

P9Wmw.jpg
アバニコ・セレクション・フィンカ・レメンディオ・ルエダ2013
ぎょぎょ!お魚さんだぎょ!

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥(個人的には+♥)
GR3g8.jpg
めちゃリアルだぎょ!
魚君さんもビックリなお魚ラベルだぎょ。
あからさまなフィッシュ感、たまりませんネ。
実は昔はもっと凡庸な大量生産っぽさあふるる柄だったらしく

この2013年辺りから変更があった模様。
お魚さんの方がずっといいよね。
WEkWB.jpg
裏ラベルもさりげなく魚がいたり。

作り手はアバニコのマークが示す通り、先日のボデガス・アバニコ銘柄の廉価シリーズです。
完全なテーブルクラスとされており、そのためあんまり土地がどうこう書かれていません。樹齢も恐らくそんなでもないのでは?
ベルデホ50%、ビウラ50%という地品種で出来てるテーブル級、まぁどんなものかというとですね・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥(料理次第で+♥)
ラフだけどちょうどいい塩ッ気!
ワイン単体としてはサクッと飲めちゃうタイプのワインとなっています。
しかしながら、単調といえば単調なもののキッチリと要素は出来上がっているのは流石の大型プロデューサー。

色は黄緑目で薄め。香りにあおりんごが主体の果実感、そこそこ蜜っぽさがあってあったかい地域っぽさがありました。
フルーツの感覚がシンプルで、味わいも同様。
リンゴ系果実がほぼそのままフレッシュすぎるぐらいで、酸味それなりに。そこにちょろっとハーブっぽさがやってきてから塩感が付加されます。
そのままミネラリーめな味わいを出しつつフィニッシュを迎えるので、呑んだあとに割りと喉が渇いたりします。
そうしたついつい呑んじゃう感じが、なかなかだと思うんですネ。
高級感はないですし、構成される要素自体はわかりやすめで単純。しかし、それっぽさを出しつつガブガブ呑みたくなる感じはあります。
味わいを堪能、っていうのではなく魚頭になってひたすらに飲んでしまいましょう!

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥(個人的には+♥)
テーブルワインにぴったり!
1500円以下で手に入れられるワインとしては、なかなかなのではないでしょうか?
程よいガバガバ系白です。一本試して気に入ったらケース買いでしょうコレは!!
日常品として呑むにはぴったりなので、それこそ適当に冷蔵庫に打ち込んだりして飲んでください。夏場にガブガブであります。
それでいて、お魚がちゃんと合いそうな塩っけがある点も、なかなか的を得ていてよろしい。

sLlIQ.jpg
キャップデザインなんかも安っぽいといえば安っぽいのですが、なんともラフでいいでしょ?
安いテーブルワインとしてはスペインバルで適当にドンッと机においても良さそうな感じです。ワインマニアのいないところでニッコニコ楽しんでください。

というわけで、アバニコ・セレクション・フィンカ・レメンディオ・ルエダ2013 でした。
「値段の割にイイ。倍値以上の味わい」という訳ではなく「このぐらいの値段で欲しい気楽さと料理のマッチングの良さがイイ」わけです。レストラン向けともいえるような感じ。
ワイン探求に疲れている人とかも、こんなぐらいでクールダウンするのもいいですギョ。

シンプルってワイン用語的にはよろしくないワインに使うモンなのですが、これはシンプルだからイイのです

聖☆徳☆太☆子
関連記事

| スペイン | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/699-0c959c3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT