オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シックな自然派スペイン、クラシカルとも言えるガルナッチャの感覚 ラ・ファブラ ・ラウラ&ハビエル2011

うぇるかむ!
ちょこちょこと和泉屋のワインを呑みましたので、エル・ニドの流れでスペインを短期的にまたやっておこうかと。
で、まずは自然派スペインガルナッチャの雰囲気を味わえるワインで。

9WQIn.jpg
ラ・ファブラ ・ラウラ&ハビエル。
オサレなラベルの自然派系です。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
ラベル自体は結構オシャレめ。なのですが、多少チリとかにも見られるデザインセンスかしら?
結構加工はしっかりとしてて、安いデザインではないのですが。

作り手はラウラ&ハビエル。
正直なところここから先ワイナリデータを書こうにも和泉屋さんのほぼ専売みたいなワインでありますし、それ以上にデータがとれなかったので、インポーターサイトを見てネ☆(ぶん投げ
神の雫和泉屋編でもサクッと出てきてたりします。
データとしては樹齢が高くて自然派づくりで女性醸造家という「3J」が揃ったようなワイン。
ええい、もうサクッと見て行きましょうネ。

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥
確かに芯が強い作り
一見たおやかだが芯が強く・・・・・・というのをウリ文句にかかげてるワイン。
それだけに確かに自然派の中でも濃い口あたりとタニックさのあるワインとなっていました。
0ayI3.jpg
この写真からもちょっとわかりやすいかもですが、エッジに少しオレンジが入っています。
全体は透けてクリアレッド。そんなに濁ってはなかったように思います。
香りに結構ジビエ的な雰囲気があり、良く言えば肉々しい、悪くいえば雑念とした部分があるかな。
見かけに比べると結構重苦しい感じに仕上がっていて、味わいも同様。
熟成寄り、しかもタニックさの激しいしぶーいワインです。
香味の感覚はスパイスと高樹齢な漢方的滋養、果実感は赤果実なものの熟成っぽい(でも熟成とまでは言えない)という感覚の中にちょっと閉じこもった感じ。
やりたいことの芯はしっかりしてて、恐らくこれ熟成が見込みやすいのではないかなーって。
自然派系にある果実のナチュラルな甘味とかもない、という珍しいスタンスだろうとは思います。
肉食系の味なんですが、ちょっと野獣的すぎるかもしれませんネ。

コストパフォーマンス(最大5PT)
♥♥(好きな人は+が多くつくだろう)
味わい自体は面白みを感じられるものの、7000円のワインとしては・・・・・・私は厳しいなぁって思ったノデス。
私なら同じ値段でサンタバーバラとか南アとかシュペブルとか買います。そしてまた同時にそれらよりコッチを買う人もいるでしょう。
この辺りは自然派系のインポーターの宿命とイイましょうか、作りに手が混んでて輸入本数どころかそもそもの生産量が少ないので高くなりがち。
結構典型例の「おもしろ系自然派」ではないでしょうか。
なので、この味が気に入っている人がガツガツ買います。そして、それでokな感じがします。
勿論、呑んでみないことにはわからないのですから一本ぐらい買ってみるというのがいいですし、そこから今後を判断するのもいいと思います。
プレゼントよりもワイン会向けのタイプ。ガルナッチャとすぐにわからない独特な味わいで研究参考にはなるかも。

というわけで、ラ・ファブラ ・ラウラ&ハビエル2011でした。
面白い、それは確かなんですがちょっと価格は冒険ですよネー。
この手のインポーターの難しいところ、ある意味全部がカルトワインなんですよ。
これに付いてイくかイかないか、貴方はどっち?

興味があるならば試してみる、のはアリなんですが一本の価格はちょっと厳しいかも・・・お店で試飲とかから入るのがグッド。

どことなく思い出したのがこんなキャラ
関連記事

| スペイン | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/694-9cd09ebe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT