オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

梅雨時にぴったりな可愛すぎるラベルが相変わらず! ルーシー・マルゴー・シラス2013

うぇるかむ!
すっかり梅雨って感じに私の住んでいる地域に急になっちゃったんですが、そんな次節にぴったりなカルトを。

0QTrn.jpg
ルーシー・マルゴー・シラス2013
出ました、ワインダイヤモンズです。ここのところやったらカルト銘柄が続くなぁ・・・・・・

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
かわいすぎる
LloMz.jpg
この絵本みたいなタッチみてくださいヨ。
ここだけ見て、誰が「ハゲたオッサン(最近妙に自称してるっぽい)が作ってる自然派ワインのエチケット」だなんて思うのでしょうか。
最高です!

そういうわけで、作り手はハゲのオッサンことアントン・ファン・ホッパー。
過去にも大絶賛いたしましたんで、従来からの当ブログの視聴者の方は割りとご存知かと思います。
ついでに書いておくと、このワインもう売ってる店なかろうネ!
今回はシラス、というタイプ。
シラーズの元々の言われが「シラス」だったという語源から名づけたタイプ。
また、このワインは弟子ワイナリーであるヤウマとの共同開発だったものです・・・・・・が!
今回は(から?)アントン・ファン・ホッパー本人のみが作ることとなりました。
その理由が「ヤウマのジェームスが他のワイン作る為に金を使い果たしから物理的に無理だった」というパンクロックすぎる話です。

アントン「俺さぁ、良く無計画だって言われんだけどあいつも大概だろ?なぁ?俺がハゲてるからかコラッ!これでもくらえッ!!オラッ!!!」(意訳)

アントン、オコなの?
そういう無駄に面白エピソードをかかえつつ、シラー100%の自然派筆頭の実力とは?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
やっぱアントンはこういう系の方が向いてる気がするなぁ・・・
個人的に自然派に求める
「良い意味での素直さ、果実の旨さと同時にアルコール飲料としてのセクシーさ、ワインならではのスパイスの官能」
はここにもあります。
ルーシーのワインは何回か(日本のブロガーの中では恐らく多い方。多分グーグルでぐぐってもうちのブログ早めに出るハズ)口にさせていただけてますが、概ねピノよりもメルロやシラーが主体の方が私は高く評価しており、そこはやっぱり好みなのかも。
oy0hQ.jpg
色は写真からはわかりづらいですがクリムゾンレッドで若々しい。
香りからしてジューシーな果実感が強く出ています。
ここら辺りまでは日本のワイナリでも見られるスタンスだったりするんですが、ここからが違う。
オージー自然派の場合、それでいてジビエ感や肉汁を思わせるセクシーなスパイスと肉厚さがあるんですよネ。
または、バニラ要素やシロッピーな感じがしない。
味わいは紫果実と赤果実のミックス。流石に紫果実のほうが多めで、ブルーベリー感や小さくプラムのようなジュース。
ミックス具合は結構細かくて、アセロラ感やベリーのタッチも見せますし毎回口にいれるたびに変化があるのもとてもナチュラルさを感じます。
香り通りに、中盤から終盤にかけてはオリエンタルさも含んだスパイスの要素。
シラーという品種らしく甘さとスパイスのフィニッシュ。余韻自体は長くはないんですが、じんわりと優しいアフターです。
決して強いパワフルなワインではないものの、果実はたくましいし自然な作りなのにかなり揺さぶってきます。
またはガブガブ呑んで疲れない。
ドリンピリティというワードをウリにしている所らしい相変わらずさとも言えますが、これはシラーの本質的な果実の良さに実はかなり迫っているように思います。
それは童話のように。実は強さをもっているものなのです。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥(買えれば)
これも買えたら連絡欲しいワインのひとつだよネ
というわけで、5000円アンダーの自然派ワインとしてはとにかく面白いと思います。
買った経験から言って、実は日持ちする(ボトル内変化が少ない)のでお家で買って呑む方が本来向いてるんですヨ。
ルーシー・マルゴーに対してそんなに良くないのでは?という向きもあるのですが、それは日数呑んだり出来るという自然派の特質性を見失っている可能性があるのではないかと。多分、このワインも日持ちする。
そこはドリンピリティ宣伝の弊害かもですね。これ、この季節にほんのり冷え目(15度くらい)でグラスに入れといてちびちびと雨を見ながら呑むワインです。

というわけで、ルーシーのシラス2012でした。
ほぼカルト状態になってるこのワイナリ、もといワインダイヤモンズのワイン。インポーター側でも
「カルトみたいになっててマニアだけが買ってるような状況にウンザリしている」
そうで、レストラン供給を増やしていく構えらしいのですが・・・・・・勿体無い!これら自然派の真骨頂はお家でゆったり癒やされるところなのに!!
と、私は思ったりします。むしろ、家庭供給を増やして欲しいワインナノデス。
作りや生産本数が少ない、故にどうにも値段自体はミドル価格帯なのにカルトになっているという現状、なんとかならぬモノか・・・うーむ。

そういうワケで、ネットではほぼ売ってないです。販売が行われてるの見たことがない。一部お店の店舗にこっそりあったりする現状。そういうのと噛み合わないスタイルなんですよねぇ・・・・・・

童謡って実は強いんですよ。
関連記事

| オーストラリア | 21:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

アントンオコ(´艸`)

シンクさん遅ればせながらお誕生日おめです(・∀・)/
 
 
ってカルト祭りでんがな(;~∀~)
 
カタツムリエチケ可愛いし羨ましい限りですよ(o>ω<)o
 
 
素敵な誕生日に素敵なワイン達…
 
おれ(達)にできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!笑
 
 
あ、( ̄∀ ̄)そうそう、前回のお返事のお返事も少し書きます。笑
 
 
私もややオタクでワインがその延長線上に来てしまった人間なのです。
 
 
ワインに本格的に目覚めたのはオーパスワン07
 
 
でまぁネットで欲しいワインを探すと探す度にぶち当たるシンク様。笑
 
 
てな感じでさ、私の中では相当なシンクロ率で熟読に至ってるって訳です。
 
 
夏バテ解消ピッツァにソアヴェ・バルベラいっすねぇ(。^ω^)今週末はバルポリチェッラが控えてるので次回ジーニソアヴェで解消したいと思います(>ω<)

| ふっちゃん | 2015/06/18 14:28 | URL |

>ふっちゃん様
うぇるかむ!

>シンクさん遅ればせながらお誕生日おめです(・∀・)/

ありがとナス!

>カタツムリエチケ可愛いし羨ましい限りですよ(o>ω<)o

なにせ、まだルーシーって小学生だか中学生だかですからネ。その絵をワインラベルにしてるってのもある意味スゴイのですが・・・・・・こう、ファミリーワイナリーらしさが全快といいますか真髄といいますか、そういうほのぼのしたものをルーシー・マルゴーからは感じられるので、そこが(いいかえればラベル力が)他のワイナリとの最大の違いです。

>そこにシビれる!あこがれるゥ!

最近っていうかそろそろ、DIO様がアニメでももう一回おくたばりになりますネ。子安DIO様、最初は違和感ありましたが今では微妙なダサさがイイ感じにキまってていいですネ。

>私もややオタクでワインがその延長線上に来てしまった人間なのです

そうしたところにドストライクする為に当ブログは存在しているノデス・・・・・・もっと、実は多いと思うんですよ。

>ワインに本格的に目覚めたのはオーパスワン07

オーパス美味しいですもんネー。わかりやすくナパの真髄を、濃すぎない範囲で出していて、やっぱりいいと思うのです。
ついでに07年ってグレートヴィンテージですから、そりゃハマりますよワイン。恐ろしい子!

>でまぁネットで欲しいワインを探すと探す度にぶち当たるシンク様。

ワインの場合割りと派閥といいますか好みの類推ってできやすかったりするのと、私の場合割りと産地や傾向が極端なので
「ネットにおいても派手なワイン」
は割りと私ぶち当たってるかもですネ。
しかしながら、あくまでも私のノートは参考までにどーぞ。シンクロしすぎると、それもまたラベル効果めいちゃいますからネ。

>今週末はバルポリチェッラが控えてるので次回ジーニソアヴェで解消したいと思います(>ω<)

ジーニはバジルタイプのピザとかもオススメ度ありますが、ジーニ・・・いや、ソアヴェが全体的に価格で味わいの傾向もガラリと一新してくるワイナリが多いので、是非夏場こそガツガツお試しアレ!
ヴァルポリチェッラ・・・・・セレーゴ・アリギリエーリは最近呑んでないけど、未だに好きなワイナリなので、ちょっとした懐かしさ。久しぶりに買えるとこ見つけて買おうかしら。

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2015/06/18 23:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/687-ada78c5d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT