オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やはり超弩級・・・ブーケンハーツ・クルーフ・シラーズ2012

うぇるかむ!
ギリギリ更新~ッ!というわけで、酔っ払いながらコレです!コレコレ!!

8bUaa.jpg
ブーケンハーツ・クルーフ・シラー2012

ラベル・ストーリー(最大5PT)
♥♥♥♥♥
詳細は省きます。以前とワイナリ情報自体はかわりません。
ヴィンテージこそ違えど同ワイナリの同フラッグシップシラーです。
Ymuqs.jpg
この輸入販売があったなかっただけで、当ブログ最高に沸く。
販売開始10分で完売。こっそり再販しても半日~一日で完売という8000円近い南アフリカとしては異例のワイン。
当ブログの去年大推奨アイテムとしてよいしょしまくりました。
なので、以下も基本的にはファン的立場が極めて強いのですが、当ブログとしましては

香り・味わい(最大10PT)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
おっほっぉっほっぉ(第一印象
すげーーーーーーーーーマーク・ケント様すげええええええええーーーーーーーーーーーーーー
思わず呑む度にフリーザ様が惑星ベジータ壊した時みたいな顔になります。おーっほっほっほ。
2年連続で良好です。イメージは殆ど変わりませんネ。去年のはイイお店のイイグラスで適切に有名ソムリエが注いでたワケですが、私のズボラ管理&ズボラティスティングでも美味いです。最高。

ZlkK3.jpg

色は濃く赤紫でしっかり透けません。
セクシーなスパイスの多重性、シックな紅茶葉の香りに品があり、果実のベースにオレンジ主体のビオ感。シラーズとしての完璧を見せながら、そこには自然派ピノ(ダヴィット・デュバンとか)にも通じるエッセンスがあります。
熟した紫果実の印象と、バレンシアオレンジのみずみずしいタッチの両極がそこに存在し、果実酒であることを改めて深々と感じさせつつ、濃厚でリッチ。スパイスと果実から転じたアールグレイめいたタンニン。アフターは長くエレガント。ワォ。
見事なオレンジとアールグレイ。セクシーすぎるシラーの魅力、多重なターメリックすら出るスパイス、紫の花の香りがえっちぃ・・・・・・
今も呑みながら更新しようとしたら何もかも吹っ飛びそうです。
二日目になると更にトロピカル要素が出てきてあまやかかつ甘えてくるような心地いい甘味。
スパイス感覚と甘味が意外なほど日数経つとあがります。熟成した時この傾向が出るならコレ多分相当先もスゴイワインでありつづけます(そもそものワイナリが日本に入荷しても10年ぐらいの歴史なんですが)
理想的にセクシーなお姉さん。今年の方が更に棘があって、今飲むならより日焼けめいて、それがまたあぁ・・・・・・
いい・・・・・・

コストパフォーマンス(最高5PT)
♥♥♥♥♥
引き続き見かけたら私が買います!
以上!

というわけで、ブーケンハーツクルーフのシラー2012ヴィンテージでした。
2年連続で、条件違えつつしかし最高ですネ。
相変わらずシャーヴ様の肉っぽいエキス的でソソる香りと酸と甘味がオレンジなどのナチュラル系の作りを見せつつどれもしっかりと芯があってかつエレガントだから飲みごたえ抜群なのに喉を通りやすいシン・クア・ノンに通づる作り込み・・・・・・
これなんで日本に120本しか入ってこないんですかね?

今回はこちらで入手したものでないんですが、まぁほぼほぼ同じに美味いハズ。熟成はするのかな?今呑んで、しかも開けたてもまぁまぁだし1時間おくと最高だし次の日ももっと甘えてきてえっちぃし最高だな!!!(興奮

胸が熱いな・・・・・・
関連記事

| 南アフリカ | 23:55 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/07/27 22:46 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/11/07 19:13 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/11/07 21:47 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/685-717153bb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT