オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

モンテレーナの赤は熟成もすごかった!まるで醤油ステーキ!? シャトー・モンテレーナ(モンテリーナ)・エステート・カベルネソーヴィニヨン1989

うぇるかむ!
ワイン小話においてもはや「聞き飽きたよ」という方も多いだろう逸話、それがパリ・ティスティング(パリ審判)です。
というわけで、今日は関連ワイナリの一本です

Q42xv.jpg

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥♥♥
パリ事件の白のトップです!
というのが大々的に言われ続けています。
実は赤部門のスタッグス・リープ以上に点差をつけたのが白部門のモンテレーナのシャルドネ。
ブラインドでフランス白の面々を倒したということでカリフォルニアワインとしては大いに有名なワイナリ・・・・・・
なのですが、実は元々はボルドーのシャトー各位のように「一度超落ちぶれたけど立て直した系」であることや「赤ワインの評価もずっと高い」事はあんまり知られてないかも?
ZQQvy.jpg
今回はバッチリ赤なんですヨ。

作り手は現在はボー・バレット。
妻のハイジ・バレットがスクリーミング・イーグルでとかく知名度が高いんですが、夫はこっちで長らく良質なワインを作ってたり。
(1989年も彼の作品かはちょっと不明)
今回の1989年はいつ呑んだものかわかりませんが、パーカーポイントは91点。で、ここから22年連続でPP90点以上だったりして安定感がある作りをしてたり。
自社畑のモンテレーナエステートという、ラベルの絵の通りの奥ゆかしい建物付近で作ってます。
場所としてはナパのカリストガという、割りと中心地でもないものの、昔から偶々フィロキセラ耐性のある木を持っていて周辺の中では樹齢の高いワインを作ってたり。
近年の作品を呑んではいないものの、熟成ナパの実力ばかりにはぴったりそうなこの逸品、味わいはどうかといいますと・・・・・・

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
すっごくダーティーで濃いスタイルだわ・・・
熟成してるのは確かなんですが、その熟成の傾向がボルドーとかの「和風になる感じ」ではなく「熟成肉に近づいた」という印象な程です。
濃く、力強く、強い。

色はかなり褐色が入っていて醤油っぽい感じです。
中心地はなお黒みがあります。紫系の黒さというよりは、香酢とかみたいな黒さね。
UoZ35.jpg
エッジはこのボケた写真でもわかるとおり紅茶っぽくなっていますけれども、中心地がまだ照り返すぐらいには強く黒い。
香りにかなり肉感が出ているのが驚きでした。
アメリカンな厚さの醤油ステーキ、それも同時に炭火焼きな香りもしてお肉食べたくなる感満載です。じゅるりあ・・・・・・
食欲をやったらソソりつつ、味わいもかなり肉感があります。
紅茶系のタンニンも結構残っているのは特徴的でしたね。
タバコ系のダートさやアーシーさ、ハーブ要素はあまり感じられないものの、カシス感が転じてお肉っぽいような旨味。
アフターも長い。
いぶし銀で、ともすればチリカベルネ辺りの特徴にも似てるかも。日射がとても良い地域なのかなぁなんて思っちゃいますネ。
豪快さも持ち合わせていて(このヴィンテージで!)しっかりとした味わいと、古酒のダシ感や旨味成分の良さをたっぷりともった珠玉の熟成でした。
それにしても、ここまでガッツリとしたのはあんまり経験なかったです。
いやー、まさに小山力也キャラですよコレ。小山力也さんと一緒に呑みたい(実は私一回だけ呑みに行った事があるのですが)。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥♥♥(値段で図るモノでもないが)
実は知名度の割に安いのがモンテレーナ
シャトー・モンテリーナ全体がナパ・ワインのしかも有名老舗としては安めなのが特徴。
今回のモノも正確な値段がネットショップなどで計れるわけもなくわからないですごめんなさい^^;
が、最新ヴィンテージのこのエステート版=フラッグシップモデルで

10000円踏み込んでるかなぐらいです。バレット家でしかもド有名なワイナリのフラッグシップカベルネでコレなら安いでしょ?
え、モンテリーナは白が有名なんでしょって?いやいや、君たちは運がいい・・・・・・

白の最新ヴィンテージもこんなぐらいなのですよ。
今回のモノにかぎらず、その知名度と出来栄えを見るに、プレゼント用途から試飲会や高級ワインのスターターとしてかなり嬉しいところにあるように思います。
今回の1989とかは、レア度からいって見かけたら即買っていいレベルかも。

というわけで、シャトー・モンテレーナのエステートカベルネ1989でした。
老舗のいい感じがたっぷりしつつ、カリフォルニア熟成の実力というのを確認させられましたネ。
未だに残る大手としては、これ相当信頼できるブランドかもしれません。
バレット家の実力の高さ、スゴイです。

ちなみに今現在は「エステートじゃないカベルネ」もありますのでお間違えないよう。

ウルヴァリンも小山力也だったんかい!?
関連記事

| アメリカ | 22:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

モンテレーナのシャルドネが好きなので、赤は一度試してみたいです。しかし1本10000万は……

| Domaine K | 2015/05/22 07:23 | URL |

>Domaine K様
うぇるかむ!

>モンテレーナのシャルドネが好きなので、赤は一度試してみたいです。
赤、かなりイイんですよー。流石はハイジ家といった感じでパワフル寄りでバランスがいい、まさにナパ好みなところは正確無比ですね。
それを熟成でも感じさせるのだから旨い!

>しかし1本10000万は……
え、いやいやそれじゃスクリーミング=イーグルサンより高いじゃないですK・・・・・・!?
アイエエエ……
見事な凡ミス!ご指摘ありがとうございます修正シマーッス!!

| シンク・プリテュール・ノブレス | 2015/05/22 22:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/659-e35327bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT