オタクDEワイン!シンクのティスティングノート

☆アキバ系ワインブログ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エチケットがカッチョイイが売ってる店が量販店系!如何にもなスーパー(マーケット)なジンファンデルの濃厚さ。 シルヴァー・パーム・ジンファンデル・ノースコースト2012

うぇるかむ!
アメリカを中心にここ最近更新してきた当ブログですが、そろそろ次の国の特集しようかな・・・・・・なところで、またジャクソン・グループのワインを呑んだりしてたのでした。

4xUZ1.jpg
シルヴァー・パーム・ジンファンデル2012
ノースコースト・・・・・・つまりソノマとかメンドシーノ辺りのワイナリです。

ラベル・ストーリー(最大5pt)
♥♥♥
要するにジャクソングループのテーブルクラスです
ワイナリに関してはほぼ以上!
ケンダルグループのテーブルシリーズはもっと下ら辺りで作っている為、それよりは値段が高い土地であるナパ&ソノマ辺りで作ってますよーという微妙な差がありますが、醸造担当もケンダルの人だしほぼほぼ同じです。
むしろ違いはあからさまに名前が変えてある点と
HfytJ.jpg
シルクスクリーンボトルな事かな。
表の柄と合わせて派手な見かけとなっています。
今回のは2012年版のジンファンデル。
グレートヴィンテージ扱いされてる年であり、このぐらいのケンダル・ジャクソン・グループを妙にガッツリ試飲した当ブログ。
さてその実力はここでも発揮されるのか?

香り・味わい(最大10pt)
♥♥♥♥♥♥
な、懐かしいぐらい濃いジンファンデルだ!
あからさまにジンファンデルなのです。それは、ジャミーという一言で片付けたくなるぐらい古典でミルキー。
最近の若手が作るジンファンデルや、その他大手のテーブルジンファンデルと比べてもパワフルです。

色はかなりハッキリとした赤紫。
香りがとにかくバニラ要素が強くて「おっす!おらオーク!!いっちょやってみっか!!」みたいな気分。
多分飲み始めはほぼほぼそうしたバニラパワーしか感じないのではないかしら?
それぐらいドハードなバニラ感、時間がたつと多少抜けて果実のジャミーさも漂いますが、ふつーの人はほぼほぼミルク感で包まれることでしょう。
味わいはそうしたわけで、舌触りが重たくバニラバニラバニラ!(エスト・エスト・エストのノリで)。
筋肉ムキムキマッチョマンの変態だ!って感じのアーノルド・シュワルツネッガー味を久々に楽しませていただきました。
バニラ感の濃厚さ、紫果実のジャムをそのまま何も漬けずに口にレンゲ一杯ぶちこんだような感覚で、思いの外酸味がありつつシロップっぽさもありつつ、最後までその印象を変えることなくフィニッシュします。
ここまでハイパワーでおせおせで料理の事考えてなさそうなのも珍しくないですかね・・・・・・
と思ってたらインポーター側は料理と合わせやすいのが目的とか書いてあって、本当に担当はコレ呑んで書いてるのか!?チョコレートと食べ合わせる気か!?と思ったらゴーダチーズかじゃぁしょうがないな・・・・・・みたいな気分に。

コストパフォーマンス(最大5pt)
♥♥♥
一番おもしろいのはエノテカとビック酒販(ビックカメラ)での限定販売なところではないでしょうか
売ってる場所が謎すぎてます。大手酒販エノテカは他ショップに卸す事もあるんですけれども、何故か卸先がビック酒販限定みたいで、ビックカメラに行くと
「エノテカとビックカメラ限定!コラボ!!ユウジョウ!!!」
とポップしてたりするぐらいです。
ナンデ!?
とはいえ、3000円ぐらいのワインとしてはギリギリ妥当性があるような気もしちゃう部類。
もちろん、もっとバリューワインがあるしなんならスペインのPP高いテーブル呑んだほうが?という気もしなくもないんですけれども、それらと並べてもパワフルなんですよね。
アメコミめいたワインとも言えるかもしれません。パワフルなキャラを上手く使いこなせればテーブルワインとしてそれなりに楽しめるでしょう。
プレゼントにするにはそうした販売店のイメージ的にあんまりオススメしません。
ワイン別に詳しくない人の家において有りそうなイメージのワインともいえるかな。逆にこれをテーブルとして使いこなせる人こそ、カリフォルニアワインのマスタークラスの腕利きだと思います。

というわけで、シルバー・パーム・ジンファンデルでした。
こういうのもいいよね!というバディ感。
エレガンス?繊細さ?機微?ワッツ!?
みたいな人は、是非是非。

どこで買うかはポイントとかセールと相談してネ!

オールマイト的な。余談ですが、今週の少年ジャンプはこの漫画(アニメ化はほぼ確定)があるなかで何故新連載にアメコミめいたモノを持ってきたのか・・・・・・

またはこのぐらい直球な・・・(敢えて実写
関連記事

| アメリカ | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sinquwine.blog.fc2.com/tb.php/657-851cadda

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT